1. トップ
  2. 通信教育
  3. 通信教育部のご紹介

福祉教育のリーダー校“日福”だからできる!人と向き合う通信教育日福の通信教育は、常に受講生の心に寄り添い、人と人とが向き合う通信教育を目指しています。孤独にならずに安心して国家試験にチャレンジできる、それが本校の通信教育です。

本校の実績について

高い受講生修了率

本校の通信課程は、修了率94.2%
学習におけるきめ細やかなサポート体制が、高い修了率につながっています。

修了率 93.1% (2013年3月実績)社会福祉士養成通信課程修了生数 3,807名 (2013年3月実績)精神保健福祉士養成通信課程修了生数 3,719名 (一般・短期累計2013年3月実績)

毎年高い国家試験合格率

本校独自の国家試験対策を行うことで、高い国家試験合格率を維持しています。

社会福祉士合格率 43.8% 全国平均 18.8%
※2014年3月卒業生実績
精神保健福祉士養成 一般 71.2% 短期 96.6% 全国平均56.9%
※2014年3月卒業生実績

実務の基本が学べる実習

実習施設は首都圏だけではなく
全国各地にあります。

(地域によって実習施設が少ない場合があります)

社会福祉士 実習施設 362ヵ所 精神保健福祉士 実習施設 437ヵ所 ※2014年3月末現在登録数。毎年全ての施設で必ず受入があるとは限りません。

日福ならではの通信課程

きめ細やかなレポート添削

レポートは、講師がきめ細やかな添削指導を行い、
解題による解説模範解答を添付して返送します。
この一連の学習を通じて、学習内容の理解を深めることができます。

きめ細やかなレポート添削

eラーニングだけでレポート提出

レポート提出にはインターネットをご利用できます。お忙しい方は、パソコンがあれば空いた時間に学習でき、過去問や模擬問題などにも挑戦することができます。紙ベースの郵送もできます。

きめ細やかなレポート添削

双方向コミュニケーション

疑問点や質問への対応はもちろん、スクーリングや実習巡回の際、
直接講師と話せる「双方向コミュニケーション」を目指しています。

また、受講生にお送りする本校発行の機関誌「学習ネットワーク」(社会福祉士)、「Pメール」(精神保健福祉士)には、国家試験の傾向と対策講座等のご案内、修了生の合格体験記、レポートの書き方や学習の留意点などを記載し、徹底したフォローを行っています。

質問には随時対応 講師と直接話せる 機関誌による情報提供

受講しやすいスクーリング日程

働いている方々が受講しやすいように、
スクーリング(面接授業)の日程は土日夏休みの時期に設定しています。

スクーリング時には、会場にて大手書店が参考図書の販売をしておりますので、講師の推薦する専門書過去問題集の最新版など、
内容をご確認しながらその場で購入することができます。

スクーリング 土日・夏休み

国家試験対策について

国家試験受験をサポート

夏期【共通科目特別講座】受講料無料
国家試験において毎年課題となる、社会福祉士・精神保健福祉士“共通科目”を攻略するための特別講座を無料で受講できます。会場は日本福祉教育専門学校です。
平日夜間【国家試験受験対策コース】受講料割引
国家試験受験対策コース割引受講できます。受講料は1クールにつき32,000円、2クール分一括申込みの場は54,000円(2014年度)。万が一、再受験となった場合は、無料で受講できます。会場は日本福祉教育専門学校です。
土日集中【模擬試験・特別講義】受講料割引
国家試験に即した「模擬試験」と、全科目の要点を集中的に振り返る「特別講義」を割引受講できます。受講料は8,000~17,000円(受講科目によります。一般の方の約4割引きです)。会場は日本福祉教育専門学校です。

図書室・自習室・就職センター利用可能

日本福祉教育専門学校の図書室・自習室が利用可能です。
レポート学習やスクーリング、国家試験の勉強の際にご利用ください。
就職センターの求人情報も自由に閲覧することができます。

※図書室は閲覧のみとなります。

図書室・自習室・就職センター利用可能

学費・受講料について

受講生にうれしいフォロー

介護福祉士等修学資金、教育訓練給付制度、専門実践教育訓練給付制度対象講座です。

介護福祉士等修学資金

対象

社会福祉士養成通信課程

●介護福祉士等修学資金※1では、月額最大5万円×19ヶ月、入学準備金20万円、 就職準備金20万円が貸与されます。(5年間施設で働けば全額返還免除となります。)

※1 各自治体での貸与制度です。貸付の申請時期・対象養成施設・人数などは各都道府県によって異なりますので、 詳細は現在お住まいの都道府県でご確認ください。
一般教育訓練給付制度・専門実践教育訓練給付制度との併用はできません。

一般教育訓練給付制度

対象

社会福祉士養成通信課程

精神保健福祉士養成通信課程 一般

●厚労省指定教育訓練給付制度対象講座※2であり、支給対象者には最大10万円が修了時に支給されます。

※2 雇用保険の一般被保険者(もしくは、であった方)が対象です。詳細やご質問などは、最寄りのハローワークまでお問合せください。

専門実践教育訓練給付制度

対象

精神保健福祉士養成通信課程 一般

●専門実践教育訓練給付制度は、その利用によって厚生労働大臣の指定を受けた専門的・実践的な教育訓練講座を受講した際に、その教育訓練施設に支払った経費の40%(年間上限32万円)にあたる給付を受けることができる制度です。さらに、専門実践教育訓練の受講を修了した後、あらかじめ定められた資格等を取得し、受講修了日の翌日から1年以内に一般被保険者として雇用された方又はすでに雇用されている方に対しては、教育訓練経費の20%に相当する額(年間上限16万円)を追加で支給されます。

学費ローンや分納もOK

各種教育ローンの利用が可能です。 ご希望の方は 0120-166-263 まで

ページトップに戻る