TOP

  1. トップ
  2. 通信教育
  3. 学費サポートについて

福祉教育のリーダー校“日福”だからできる!人と向き合う通信教育日福の通信教育は、常に受講生の心に寄り添い、人と人とが向き合う通信教育を目指しています。孤独にならずに安心して国家試験にチャレンジできる、それが本校の通信教育です。

受講料は分納できます

働きながら受講する方をサポートするため、受講料を2回に分けて納入することができます。
合格通知受け取り後、希望者は必ず フリーダイヤル0120-166-263(月〜金 9:00〜17:00)までお電話ください。

  • ※精神保健福祉士養成通信課程(短期)に分納制度はありません。

社会福祉士養成通信課程の場合

  • 1回目の納入150,000円 → 各入試の手続締切日まで ※入学金10,000円を含む
  • 2回目の納入100,000円 → 2014年9月末日まで

●実習該当者は別途110,000円の実習費が必要です。

精神保健福祉士養成通信課程(一般)の場合

  • 1回目の納入180,000円 → 各入試の手続締切日まで ※入学金20,000円を含む
  • 2回目の納入100,000円 → 2014年9月末日まで

●実習該当者は別途180,000円の実習費が必要です。

教育ローン

「受講したいけど学費が足りない…」という方は、下記のような教育ローンを受講前に利用することができます。
審査が通れば必要な金額を学費に充てることができます。詳細はこちら

介護福祉士等修学資金

こちらの修学資金は、通信課程では社会福祉士のみ対象です。
また、各自治体での貸与制度になります。貸付の申請時期・対象養成施設・人数などは各都道府県によって異なりますので、 詳細は現在お住まいの都道府県でご確認ください。

対象学科 社会福祉士養成通信課程
貸与の内容
  • ・月額:最大50,000円
  • ・入学準備金:200,000円
  • ・就職準備金:200,000円
返済義務 条件付き返済免除
返済について 卒業後、連続して5年以上指定施設において介護業務または相談業務に従事した場合、返済免除となる。(自治体によって異なる)

※詳しくは、各自治体にお問い合わせください。

教育訓練給付制度

一定の条件を満たしている方が下記の学科で学んだ場合、修了するまでに支払った学費の20%(上限10万円)がハローワークから支給される制度です。入学時点で雇用保険を通算1年以上支払った方が対象です(制度利用歴のある方は3年以上)。

※詳しい制度の内容についてはハローワークのホームページをご覧ください。

教育訓練給付制度

専門実践教育訓練給付制度は、その利用によって厚生労働大臣の指定を受けた専門的・実践的な教育訓練講座を受講した際に、その教育訓練施設に支払った経費の40%(年間上限32万円)にあたる給付を受けることができる制度です。さらに、専門実践教育訓練の受講を修了した後、あらかじめ定められた資格等を取得し、受講修了日の翌日から1年以内に一般被保険者として雇用された方又はすでに雇用されている方に対しては、教育訓練経費の20%に相当する額(年間上限16万円)を追加で支給されます。

※詳しい制度の内容についてはハローワークのホームページをご覧ください。