日福の通信教育なら最後まで続けられる。 日福の通信教育なら最後まで続けられる。

全国トップレベルの合格率

社会福祉士・精神保健福祉士を目指す方へ

早期出願特典!
社会福祉士養成通信課程

オリジナル講座
『入学準備特別講座』が受講できる!

社会福祉士を目指す受講者のみなさまにとって、よりよい学びを応援できるよう、「入学準備特別講座」受講のお席をご用意いたしました。

学習をはじめる前に、あらためて自分自身や仕事をよく理解することで、4月からの学習環境づくりややる気アップにつながる、本校ならではのオリジナル講座になります。

ぜひこの機会に、一次日程での願書提出をご検討下さい。

  • 〆切り※ 2017年10月27日(金)
入学準備に役立つ教材セットプレゼント
第1回2017年11月7日(火)
『障害者支援におけるNPO法人の役割』講師:片桐正善
18:30~20:00

※本締め切りは、上記全ての「入学準備講座」が受講できる早期出願特典の〆切り日(必着)です。
※上記講座は、日本福祉教育専門学校 高田校舎(最寄駅:高田馬場駅)で開催予定です。
※上記のテーマや講師、日時や開催校舎が一部変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

早期出願特典!
精神保健福祉士養成通信課程
(一般/短期)対象

『日福厳選!入学準備に役立つ教材セット』を
プレゼント!

精神保健福祉士を目指す受講者のみなさまにとって、よりよい学びを応援できるよう、「日福厳選!入学準備に役立つ教材セット」をご用意いたしました。

難しい用語が多い「精神保健福祉士」の国家資格試験の準備にもなり、入学前でも手軽に取り組める厳選した教材です。

4月からの学習環境づくりややる気アップにつながる、本校のスクーリングカリキュラムにもつながる入学前におすすめの教材です。

ぜひこの機会に、一次日程での願書提出をご検討下さい。

  • 〆切り※ 2017年10月27日(金)
入学準備に役立つ教材セットプレゼント

※本締め切りは、「入学準備に役立つ教材セット」がもらえる早期出願特典の〆切り日(必着)です。
※上記書籍の著者「長坂和則氏」は、2017年度本校のスクーリングも担当しています。

出願手続要項やパンフレット、入学に関する詳しい資料請求は、こちらからお申し込みください。

細やかな学習サポート体制で、修了率は93.5%

日福ならではの受講生に優しいフォロー。働きながらでも最後まで続けることができます。

日福ならではの受講生に優しいフォロー。
働きながらでも最後まで続けることができます。

  • きめ細やかなレポート添削
  • e-ラーニングでレポート提出
  • 質問には随時対応、直接講師と話せる
  • 出席しやすいスクーリング(面接授業)の日程
細やかな学習サポート体制で、修了率は93.5%

豊富な国家試験対策で、全国平均を上回る実績があります

  • 社会福祉士国家試験合格率
  • 精神保健福祉士国家試験合格率

充実の国家試験対策で、国家試験合格率は全国平均を大きく上回ります。社会人に嬉しい平日夜間・土日集中の対策コースも。また、図書室・自習室も利用可能で国家試験の勉強にご利用いただけます。

※数値は2017年3月実績

4,000人以上の卒業生を輩出福祉教育のリーダー校だから就職も安心

4,000人以上の卒業生を輩出福祉教育のリーダー校だから就職も安心

30年を超える実績と伝統のある日本福祉教育専門学校。

多くの優秀な卒業生を輩出しているから、毎年2,500件を超える求人票が届きます。

就職・転職サポートはもちろん、就職センターの求人情報も自由に閲覧することができます。

全国各地に広がる実習施設 全国各地に広がる実習施設

実習施設は首都圏のみならず全国各地にあり、通いやすい実習地を選べます。
さらに、実習は実務経験が1年以上ある方は免除になります。

社会福祉士実習施設 精神保健福祉士実習施設

  • ※2016年3月末現在登録数。毎年全ての施設で必ず受入があるとは限りません。
  • ※地域によって実習施設が少ない場合があります。
全国各地に広がる実習施設

修学資金・給付制度もご利用いただけます 修学資金・給付制度もご利用いただけます

学費について 学費について

一般入試・実習該当者の場合

(入学金・受講料・テキスト代・実習費全て含む)

  • 社会福祉士一般養成通信課程
  • 精神保健福祉士一般養成通信課程
  • 精神保健福祉士短期養成通信課程
  • ※テキスト代は2017年度実績です。テキストは各自で購入していただきます。
  • ※上記金額の他、レポート等の提出物にかかる郵送費、スクーリング・実習(該当者)時の交通費、宿泊費(必要な方のみ)等が別途でかかります。

よくある質問 よくある質問

q1

通信課程は誰でも応募できますか?

日本国内に在住の方であれば地域、年齢、性別は問いませんが、入学するためには法律により一定の資格(入学資格)が定められています。詳細は願書請求時に同封されているパンフレットをご確認ください。

q2

現在50代なのですが、通信教育についていけるか心配です。

通信教育部受講生の内、15%以上の方が50代から60代の方となっています。日々のレポート提出や実習、国家試験対策等は大変だと思いますが、当校が行う受講生サポートにより、ほとんどの方が修了されています。

平成28年度入学生の年齢構成 平成28年度入学生の年齢構成

q3

相談援助の実務経験がないので実習が心配です。

通信教育部受講生の内、40%前後の方は実務経験がないまま受講しています。
専任教員による実習前後の個別指導や実習中の巡回指導により、ほとんどの方が無事に実習を終えて修了しています。

平成28年度入学生の実務経験有無 平成28年度入学生の実務経験有無

q4

入学資格にある「実務経験」とはどのような内容ですか?

入学資格に必要な実務経験とは、厚生労働省令で定められた指定施設において、相談援助業務に携わることを指します。詳細は願書請求時に同封されているパンフレットにて確認してください。実務経験によって入学資格や出願書類が異なりますので、十分にご注意ください。

q5

実務経験がまだ不足しているのですが、応募できますか?

2018年3月31日までに規定の年数に達するのであれば、入学資格ありと認められます。パンフレットの『実務経験(見込)申込書』と『実務経験(見込)証明書』の(見込)を〇で囲み、証明権者の証明を受けて提出のうえ、入学後正規のものを提出してください。なお退職等で規定の年数を満たすことができなかった場合は入学が取り消されますので、ご注意ください。

q6

現在大学に在学中なのですが、応募できますか?

2018年3月31日までに卒業見込みであれば応募できます。出願書類に『卒業見込証明書』を添付のうえ、入学後に『卒業証明書』を提出してください。

q7

社会福祉士の国家試験を2018年1月に受験する予定ですが、
精神保健福祉士短期養成通信課程の入学資格はありますか?

社会福祉士資格取得見込で出願は可能ですが、国家試験に不合格の場合は入学資格が取り消されます。払い込まれた入学金等については原則として返還できませんので、あらかじめご了承ください。

q8

就職情報はありますか?

日本福祉教育専門学校・就職センターの求人情報を自由に閲覧することができ、キャリアスタッフに相談もできます。また、各都道府県の「福祉人材センター」等を利用することもお薦めします。福祉人材センターは福祉に従事する方々のための就職紹介機関であり、無料で相談を行っています。

q9

家族や職場に内緒で受講したいと思っているのですが…。

通信課程を修了するには、長期の計画的な自宅学習に加えて、スクーリングや実習(該当者のみ)の参加も必要です。その相当期間、受講生は職場や家庭を空けることになります。職場の上司や同僚、ご家族の理解と協力が得られないと、定められた学習期間内に修了することは難しいでしょう。この点をまず熟慮のうえ、ご応募ください。

その他、お悩みやご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください

  • メールでのお問い合わせ
  • お電話でのお問い合わせ 0120-166-263 平日9:00-18:30