ひろがる活躍の場 国家資格精神保健福祉士を目指す!

無料 資料請求はこちら
  • 昼間部
    昼間部の学科紹介
  • 夜間部ナイトコース
    夜間部ナイトコース
  • 夜間部トワイライトコース
    夜間部トワイライトコース
  • 通信一般
    通信一般の学科紹介
  • 通信短期
    短期
  • 通学部オープンキャンパス・説明会情報
  • 通神学部オープンキャンパス・説明会情報

精神保健福祉士になると…

生活支援施設

障害者自立支援法に基づく地域活動支援センター や相談支援事業所、入所支援施設などで働いています。
相談支援を目的とする施設では、対面や電話による 相談業務や訪問による相談支援業務などに従事し ます。入所支援施設などでは、日常の生活力を向上 するための支援業務などに従事しています。

  • 小規模作業所
  • グループホーム
  • 就労継続支援事業
  • 地域活動支援センター
  • ケアホーム
  • 自立訓練事業
  • 福祉ホーム
  • 就労移行支援事業

福祉行政機関

各自治体や保健所、精神保健福祉センターなどの行政機関で働いています。
各種法律に関する手続き業務や精神保健福祉の充実に向けた各種 支援事業や啓蒙事業などの企画、実施などの業務を行っています。

  • 自治体・保健所
  • 精神保健福祉センター
  • 福祉事務所

医療機関

単科の精神病院、精神科診療所、総合病院の精神 科などで働いています。
福祉の視点から医療と地域生活を橋渡しする 相談支援業務や、デイケアやグループワークなどの リハビリテーション業務などに従事しています。

  • 精神科・病院
  • 総合病院精神科

就労関連施設

障害者自立支援法に基づく就労支援施設や ハローワーク、復職支援関連施設などで働いて います。
就労支援施設では、作業を通して社会参加を 支援する業務に従事しています。
ハローワークや復職支援関連施設では、 就労生活の相談や就職職場復帰に向けた訓練・ 支援業務を行っています。

  • ハローワーク
  • 就労支援施設
  • 復職支援関連施設

司法施設

「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った精神障害者の医療及び 観察に関する法律」に基づいて、保護観察所や指定医療機関などで 働いています。
社会復帰調整官は、上記法律の対象者に対して社会復帰の調整を図る 業務を行っています。

  • 保健観察所等
  • 矯正施設

その他

介護保険などの高齢者福祉の分野でも精神保健 福祉士が働いています。
認知症などの支援では精神保健福祉の視点が必要 であり、介護支援専門員の資格を取得して働く 精神保健福祉士も多数います。

  • 社会福祉協議会
  • 教育機関
  • 介護保険関連施設
  • ハローワーク
  • 企業

精神保健福祉士に必要なポイントは?

精神保健という分野への関心

いじめや虐待、精神疾患など、心に関わる問題を抱えている人は少なくありません。
それらの解決には、様々な精神保健に関わる理解が必要となります。

人の思いや考えに耳を傾ける

精神保健福祉士に最も必要な態度の一つに“傾聴”があります。
人の思いや考えに、一生懸命耳を傾けて聴くということです。場合によっては、アドバイスはなくても、
傾聴だけで人を支えることもできます。

自分から関わっていく姿勢

助けを必要としていながら声をあげられずにいる人たちは少なくありません。
相談に来ないから大丈夫と決め付けるのではなく、こちらから関わっていく姿勢も必要です。

無料 資料請求はこちら 日福なら、精神保健福祉士として就職できる!
  • 昼間部
    昼間部の学科紹介
  • 夜間部ナイトコース
    夜間部ナイトコース
  • 夜間部トワイライトコース
    夜間部トワイライトコース
  • 通信一般
    通信一般の学科紹介
  • 通信短期
    短期
  • 通学部オープンキャンパス・説明会情報
  • 通神学部オープンキャンパス・説明会情報

『精神保健福祉士』と『臨床心理士』の違いとは?

国家資格 精神保健福祉士

こころの病を抱える人が
持つ、社会及び生活上での
困難に対して援助を行う人
のことをいいます。

精神保健福祉士

民間資格 臨床心理士

こころの問題の援助・解決
のためにカウンセリングを
行ったり、こころの病に
関する研究に貢献する
専門家のことをいいます。

臨床心理士

先輩の声

先輩の声

患者と援助者は共に戦う仲間

大学卒業後、身近な友人がとても悩んでいた時期があり、本人はもちろん友人のご家族や私自身もその姿を見て悩んでしまい、途方に暮れていました。そんな時にネットで回復の道があると知り、なぜか私自身も救われた気持ちに。それをキッカケに精神保健福祉士という仕事に興味を持ちはじめました。

正直な話、5年勤めても未だにこの仕事のやりがいって何だろう?と考えています。自分の中で答えは出ていません。それでも、辛い時期を乗り越えた患者さんが元気になった話を聞くと、自分のことのように嬉しく思います。それは自分が「救った」ということでは一切なく、辛かった時間を一緒に過ごせたことへの喜びなんです。

もしかしたら私はその患者さんに何もできなかったかもしれない。でも今、笑いながら「あのときは大変だったよね」と話ができる、その辛いことを一緒に乗り越えてきた「仲間」のような感覚こそが精神保健福祉士の楽しさなのではないかと思っています。

精神保健福祉士養成課程OB・OG会発足!!

2012年11月に、精神保健福祉士養成課程では、OB・OG会が
発足しました。日福出身PSWの交流の場でもあり、臨床経験
豊かな講師による講演会なども開催しています。

精神保健福祉士養成課程OB・OG会発足!!

精神保健福祉士になりたい!

無料 資料請求はこちら
  • 昼間部
    昼間部の学科紹介
  • 夜間部ナイトコース
    夜間部ナイトコース
  • 夜間部トワイライトコース
    夜間部トワイライトコース
  • 通信一般
    通信一般の学科紹介
  • 通信短期
    短期
  • 通学部オープンキャンパス・説明会情報
  • 通神学部オープンキャンパス・説明会情報

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士の仕事は、統合失調症や躁うつ病など、心に病を抱えてしまった人々を見守り、社会復帰に向けて生活に適応できるよう支援します。また、相談や指導を通して、自分の足で社会へ踏み出す力をつけることを手伝います。利用者が持っている個性を引き出し、社会に出るためにどうすればいいかを共に考察しながら追究する「楽しさ」が魅力です。責任のある仕事ですが、やりがいも大きい仕事です。

精神保健福祉士に向いている人とは、精神保健という分野に強い関心のある人や、好奇心旺盛で何事にも積極的に進んで行動が起こせる人です。将来働く職場は精神科病院、精神科クリニック、社会生活を支援する諸施設、精神保健福祉センターなどが代表的です。

利用者の方々は、自分の気持ちを表に出すのが苦手で、他者とのコミュニケーションがうまく取れないため、生活や就労に困難を抱える人たちです。そのため精神保健福祉士は、心の病についてしっかりと理解し、1人の人間としてきちんと接すること。その上で生活や就労などがスムーズにできるよう支えることが求められています。利用者の心に寄り添い、個性を受け止めてあげられるような抱擁力と、精神医療等の知識が必要です。

ページトップに戻る