日本福祉教育専門学校で国家資格『精神保健福祉士』を取得して目指す就職を実現しよう!

0120-166-255
0120-166-255
資料請求資料請求
日本福祉教育専門学校「精神保健福祉士養成学科(昼間部)」「精神保健福祉士養成科(夜間部)」なら精神保健福祉士として就職できます!
日本福祉教育専門学校「精神保健福祉士養成学科(昼間部)」「精神保健福祉士養成科(夜間部)」なら
精神保健福祉士として就職できます!

高い就職実績を誇るその理由は日福の“伝統”にあります!高い就職実績を誇るその理由は日福の“伝統”にあります!

在学中に、現場で必要な知識と技術を学んだ、多くの優秀な卒業生たちが現場で活躍している実績から日福は、業界から高い信頼を得ています。その好循環こそが日福の伝統なのです。在学中に、現場で必要な知識と技術を学んだ、多くの優秀な卒業生たちが現場で活躍している実績から日福は、業界から高い信頼を得ています。その好循環こそが日福の伝統なのです。

伝統 学び 信頼 求人伝統 学び 信頼 求人
  • 卒業生の活躍により、業界から「日福生を」と多くの求人が集まります。
  • 日福でしっかり学んだ学生が毎年数多く卒業していきます。
  • 卒業生が現場で高いレベルで仕事をすることで高い信頼を得ていきます。

精神保健福祉士養成の
パイオニアという

高度な専門職を育成する教育力があります。高度な専門職を育成する教育力があります。
  • 常に“精神保健福祉士(国家資格)取得のその先”を見据え、現場で活躍できる“高度な専門職”としての職業人教育を行うことで、伝統的に現場が求める実践力のある卒業生を輩出しています。
  • 独自の教科書で学べる!
  • 使用する教科書は、講師陣が執筆している独自の教科書です。伝統校ならではの学びが約束されています。
  • 特別授業が圧倒的に豊富!
  • 当事者や現場で活躍中の精神保健福祉士を招いた特別授業など日福にしかできない貴重な学びで、現場のリアルを体感しながら学べます。

卒業生たちが現場で
信頼を積み重ねてきた

高い国家試験合格率と卒業生の活躍で信頼されています。高い国家試験合格率と卒業生の活躍で信頼されています。
  • 設立以来積み重ねてきたノウハウで万全の指導を行い、毎年全国トップクラスの合格率で、国家試験合格に導きます。資格取得前の就職活動も、日福生は国試に合格して資格を取得する可能性が高い方として、採用される可能性が高くなります。
  • 「精神保健福祉士」の初回試験から合格者を輩出!
  • 1998 年に始まった国家資格「精神保健福祉士」の試験。その第一回から合格者を輩出しているのが日福の強みです。
  • 総数4,000 人以上の卒業生を輩出!
  • 第一回の試験からこれまでに総勢4,000 名以上の卒業生を輩出。現場の第一線で多くの卒業生が活躍しているという信頼があります。

日福生ならばと
求人が毎年届く

日福生の信頼が積み重なり高い希望就職を実現します。日福生の信頼が積み重なり高い希望就職を実現します。
  • 卒業生たちが実際に現場で活躍している“実績”が、福祉・医療業界からの“信頼”を生んでいます。また、現場で数多くの卒業生がいることが、業界とのネットワークを形成していることも希望就職の実現を支えています。
  • 「日福生を」と求人が届く!
  • 現場で活躍している数多くの卒業生たちのおかげで日福への信頼が積み重なり、「日福生を」と届く求人も多数です。
  • 求人数は年間3,557人分!
  • 伝統校・日福での充実した学びを活かせる就職先は、数多くあります。その数、1年間で3,557人分(2015 年実績)もの求人が届きます。

だからこそ!だからこそ!

日福生は 精神保健福祉士として就職を実現!日福生は 精神保健福祉士として就職を実現!

  • 国家試験合格数第1位国家試験合格数第1位

国家試験合格者108人中99人が精神保健福祉士として就職! ※2015年度卒業生実績 日福の卒業生たちは、精神保健福祉士として活躍しています。国家試験合格者108人中99人が精神保健福祉士として就職! ※2015年度卒業生実績 日福の卒業生たちは、精神保健福祉士として活躍しています。

伝統があるからこそ、日福で学んだ学生は、高い確率で国家試験「精神保健福祉士」に合格し、そしてさらに、その学びの内容を活かして「精神保健福祉士として」様々な現場への就職を実現し、活躍しています。

さらに!
日福生は幅広い活躍の場に
就職しています!

日福生の就職先をご紹介!日福生の就職先をご紹介!

もちろん高い国試合格率もちろん高い国試合格率

  • 国家試験合格数第1位国家試験合格数第1位

昼間部88.3% 夜間部88.6% ※2016年3月卒業生実績昼間部88.3% 夜間部88.6% ※2016年3月卒業生実績

だから日福なら、精神保健福祉士になれる!だから日福なら、精神保健福祉士になれる!

さぁ!あなたはどのコースで学びたいですか?

まずは日福をチェックしてみよう!

精神保健福祉が活躍する場所と仕事をご紹介!精神保健福祉が活躍する場所と仕事をご紹介!

「精神科病院精神科クリニック」 主な就職年代層 20〜30代。 活躍の場所 単科の精神科病院、総合病院の精神科、精神科診療所、精神科クリニックなど。 主な役割・仕事内容 相談援助業務、予診、リハビリテーション、訪問看護指導など。「精神科病院精神科クリニック」 主な就職年代層 20〜30代。 活躍の場所 単科の精神科病院、総合病院の精神科、精神科診療所、精神科クリニックなど。 主な役割・仕事内容 相談援助業務、予診、リハビリテーション、訪問看護指導など。

続きを読む

精神科の医療機関には、精神科病院と精神科診療所、総合病院などがあります。医療相談室などで行う「相談援助業務」は、利用者が医療を受けやすくするために、医師の診察前の予診を担当したり、家族や身近な人との関係の問題や、経済的な問題、就労的な問題など幅広く相談に対応して、様々な生活課題の解決に向けたお手伝いを行います。そして医療と地域生活の橋渡しとなるように様々な人や機関と連携して支援を行います。また、入院・通院の利用者に対して、集団精神療法や認知行動療法、各種グループワークやレクリエーションなどのリハビリテーションプログラムや、デイケアというリハビリテーション施設の担当者として「リハビリテーション業務」を行います。さらに、利用者のご自宅などに訪問して退院に向けた準備のお手伝いをしたり、在宅生活の中の日々の生活に関する相談に対応する「訪問業務」を行うこともあります。

「就労支援施設」 主な就職年代層 年代問わず ※社会人経験がある方が歓迎されるため幅広い年代層が就職。 活躍の場所 就労移行支援事業、就労継続A型事業、就労継続B型事業など。 主な役割・仕事内容 就職活動支援、相談援助業務、ジョブコーチ、就労・作業の訓練の支援・指導など。「就労支援施設」 主な就職年代層 年代問わず ※社会人経験がある方が歓迎されるため幅広い年代層が就職。 活躍の場所 就労移行支援事業、就労継続A型事業、就労継続B型事業など。 主な役割・仕事内容 就職活動支援、相談援助業務、ジョブコーチ、就労・作業の訓練の支援・指導など。

続きを読む

就労するための訓練や就職活動支援、就職後の生活に対する相談支援業務などを行います。就職に向けた様々な訓練や就職活動支援・就職後の生活に対する相談支援、ジョブコーチとしてその利用者が円滑に就労できるように職場内外の支援環境を整えることも行う「就労移行支援事業」。就労移行支援事業を利用する前段階で、今後就労を目指す方のために、継続した作業を通して仕事をする感覚を取り戻す支援を行う「就労継続支援A型事業、B型事業」などが活躍の場所となります。

「生活支援施設」 主な就職年代層 年代問わず ※社会人経験がある方が歓迎されるため幅広い年代層が就職。 活躍の場所 地域活動支援センター、自立訓練事業、グループホームなど。 主な役割・仕事内容 相談援助業務、レクリエーションプログラム活動、自立生活支援・訓練。「生活支援施設」 主な就職年代層 年代問わず ※社会人経験がある方が歓迎されるため幅広い年代層が就職。 活躍の場所 地域活動支援センター、自立訓練事業、グループホームなど。 主な役割・仕事内容 相談援助業務、レクリエーションプログラム活動、自立生活支援・訓練。

続きを読む

日常生活力の向上にむけた支援業務に従事して自立生活支援を行います。相談支援窓口の業務からレクリエーションプログラムなどの活動を行い精神障害者の様々な悩みに応える総合支援場所となる「地域活動支援センター(Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型)」。通所型と入所型があり、日常生活の練習やトレーニングの支援をする「自立訓練事業」。共同生活を通して日常の生活力を向上していくための支援を行う「グループホーム」などが活躍の場所となります。

「公務員」 主な就職年代層 20代〜30歳前後。 活躍の場所 区(市)役所の障害福祉業務、保健所、社会福祉事務所、教育機関など。 主な役割・仕事内容 障害者総合支援法に基づいた各種申請や認定、サービス利用手続き、受診支援、ケースマネジメントなど。「公務員」 主な就職年代層 20代〜30歳前後。 活躍の場所 区(市)役所の障害福祉業務、保健所、社会福祉事務所、教育機関など。 主な役割・仕事内容 障害者総合支援法に基づいた各種申請や認定、サービス利用手続き、受診支援、ケースマネジメントなど。

続きを読む

各種手続き業務や精神保健福祉の充実に向けた支援事業を行います。障害者総合支援法に基づいて、障害手帳の申請や認定から、様々な事業所や施設などの福祉サービス利用の橋渡しや手続きなどを行う「区(市)役所の障害福祉業務」。地域の精神障害者の方の入院手続きなどの医療受診支援や相談支援を主に行い、家族からの相談、ご近所の方や警察からの通報対応、受診支援、ケースマネージメントなどを行う「保健所」が主な活躍の場所となります。

「その他」 主な就職年代層 職種によって異なる。 活躍の場所 司法の場(社会復帰調整官、保護観察所、矯正施設)、特例子会社、一般企業(EAP)、高齢者支援施設、ハローワーク、教育機関など。「その他」 主な就職年代層 職種によって異なる。 活躍の場所 司法の場(社会復帰調整官、保護観察所、矯正施設)、特例子会社、一般企業(EAP)、高齢者支援施設、ハローワーク、教育機関など。

続きを読む

社会復帰調整官など「司法の場」、「特例子会社」の担当専門職、就労生活の相談を担う「ハローワーク」、認知症などの支援に精神保健福祉士の視点を活かせる「高齢者支援施設」などが代表的です。相談室や健康増進室で採用する「一般企業」もありますが、一般企業からEAP(従業員支援プログラム)などの外注を受けて社員のメンタルヘルスを支援するため、精神保健福祉士を派遣する企業も増えてきているなど活躍の場は拡がっています。

日福なら、なりたい精神福祉士になれる!日福なら、なりたい精神福祉士になれる!

さぁ!あなたはどのコースで学びたいですか?

まずは日福をチェックしてみよう!