国家資格『言語聴覚士』を取得し臨床現場で活躍するために日本福祉教育専門学校を選ぶ

0120-166-255
0120-166-255
資料請求
臨床現場に必要なすべてをあなたに。日福の「言語聴覚療法学科」で学ぶ言語聴覚士 人の話が理解できるようになった 言いたいことばや文章を話せるようになった
臨床現場に必要なすべてをあなたに。日福の「言語聴覚療法学科」で学ぶ 言語聴覚士
人の話が理解できるようになった 言いたいことばや文章を話せるようになった

ST(Speech-language-hearing Therapist)と称される国家資格「言語聴覚士」は、
ことば・きこえ・のみこみの障がいを持った方に対し、対処法を見出すために検査を実施し、
必要に応じて訓練、指導、助言を行う専門職です。

声が出るようになってきた 食べられる喜びをありがとう
声が出るようになってきた 食べられる喜びをありがとう
声が出るようになってきた 食べられる喜びをありがとう
言語聴覚士は、医療的なアプローチで、ことば・きこえ・のみこみの問題に取り組むプロフェッショナルです。
言語聴覚士は、医療的なアプローチで、ことば・きこえ・のみこみの問題に取り組むプロフェッショナルです。

ひとがひとらしく生きるために大切なコミュニケーション能力…。
その発達や機能に問題が生じたときの思いは極めて辛く深刻なものです。
それらの人々が生き生きとしたことばの世界を手に入れるための援助
という仕事には、大きな意義が感じられるはずです。

どうしたら言語聴覚士になれるの?

4年制大学を卒業しているあなたは

2年間の専門課程を履修して国家資格合格すれば言語聴覚士になれます。

「言語聴覚士」になるために
日福言語聴覚療法学科選ばれています!!

高い国家資格合格率91% 全国平均62.3%

これから大切な時間とお金を使って自分の将来の
ために学ぶので結果は大事と思いました!

言語聴覚療法学科
五十嵐とわ さん(30)

どうしたら言語聴覚士になれるの?

4年制大学を卒業しているあなたは

2年間の専門課程を履修して
国家資格合格すれば
言語聴覚士になれます。

「言語聴覚士」になるために
日福言語聴覚療法学科
選ばれています!!

高い国家資格合格率91% 全国平均62.3%

これから大切な時間とお金を使って自分の将来のために学ぶので結果は大事と思いました!

言語聴覚療法学科
五十嵐とわ さん(30)

日本福祉教育専門学校 言語聴覚療法学科
資料請求
オープンキャンパス
入試詳細
学科について詳しくはこちら
日本福祉教育専門学校 言語聴覚療法学科
資料請求
オープンキャンパス
入試詳細
学科について詳しくはこちら

でも日福は国試合格だけではない?!

日福では、国試はあくまで通過点と考えます。

なぜなら、本当に大事なのは、
患者さんと向き合う現場だから−。

国家資格のその先にある臨床現場を見つめている人は
日福言語聴覚療法学科選んでいます。

でも日福は国試合格だけではない?!

日福では、
国試はあくまで通過点と考えます。

なぜなら、本当に大事なのは、
患者さんと向き合う現場だから−。

国家資格のその先にある臨床現場を見つめている人は
日福言語聴覚療法学科
選んでいます。

Check! 日福の言語聴覚療法学科が選ばれる4つの信頼Check! 日福の言語聴覚療法学科が選ばれる4つの信頼

信頼1 卒業生の証言
信頼1 卒業生の証言

日福を卒業して現場に出たとき、
分からない単語がなかった。

社会福祉法人 恩賜財団
済生会神奈川県病院勤務
神野 民さん

人間のコミュニケーション行動は、たいへんダイナミックで個性的です。年令や職業、性別、個人の状況によっても様々に変化します。こうした言語聴覚の臨床に従事するために、養成校では人間とコミュニケーションについての深い知識と理解を基盤として、医学と言語聴覚療法学の2つの側面を中心に教育を行います。履修する科目は、解剖学、生理学、病理学をはじめ、心理学、発達理論、音声学、言語学、情報科学、各種の言語聴覚障害についてなど多岐の学問分野にわたります。広く深く人間を理解することと、科学的な態度を身につけることが不可欠なのです。

日福の信頼 現場で生きるポイント日福の信頼 現場で生きるポイント

全領域の基礎があれば即戦力に。周囲から評価され、いち早く信頼を得て仕事を任される!

臨床現場に出た際には、最初から自分が希望する特定領域の専門的な仕事を行える訳ではないため、どの分野の仕事にも対応できるよう全領域の基礎を身につけている必要があるのはもとより、各分野の知識・技術がリンクしているため、言語聴覚士として仕事をしていくうえで、全領域の基礎・土台は大きな強みになります。

信頼2 卒業生の証言
信頼2 卒業生の証言

日福のノートやレジュメを見たら、
現場の先輩が欲しいと言った。

日福ST学科の先生は、現役で医療現場に携わる本物の言語聴覚士です。現場を日々経験しているからこそ、学生に伝授する知識やノウハウはどれもそのまま現場に生きる貴重なものばかり。網羅的で横断的な学びを記録するノートと、各分野の授業で先生が配布するレジュメは、臨床現場からも高い評価を受けているのです。
実習先で読んでいると、実習指導者などから「こんなに良いレジュメをもらっているの?」と評価されることも。

日福の信頼 現場で生きるポイント日福の信頼 現場で生きるポイント

現場に生きる知恵のつまった在学中のノートやレジュメは、そのまま現場でバイブルに!

現場にもとづく高いレベルの授業で身につけた知識が実践に繋がり、その経験がまた知識となって自分に積みあがっていく好循環が途切れることなく機能します。基礎・土台をきっちり身につけた自信とともに実践を行うことで、確かな力がさらに備わり、いち早く臨床現場、および患者から信頼される言語聴覚士へと成長していけるのです。

信頼3 病院側の証言
信頼3 病院側の証言

「日福の卒業生は礼儀が正しく、
責任感も
強いので採用した。」
という声が多い。

礼節や品位を重んじる医療現場に出た際に、ST専門職の前に人として信頼を得ることが、仕事を任されるためには必要不可欠となるため、日福では“責任力”、“規律やマナー”を在学中に身に付けるためのサポートも行っています。一見言語聴覚士の学びとは関係ないように感じるかもしれませんが、医療現場というのは、多くの専門家が協同して仕事をする場であり、礼節と品位の良さを重んじる日福ST学科の卒業生は、臨床現場から評価・信頼されています。

日福の信頼 現場で生きるポイント日福の信頼 現場で生きるポイント

現場からの評価が高いため、就職もスムーズ。先輩たちが積み重ねてきた信頼を実感!

実習先で評価が高かった個人に対して採用を希望をする病院はありますし、毎年とある特定の病院からは本校だけの採用枠があります(大学のゼミのようなもの)。 本校を卒業するだけで当然のように身につくその姿勢は、医療現場でいち早く信頼を勝ち得て仕事を任されることにもつながり、本人のポテンシャルを伸ばす可能性を拡げます。

臨床現場にとって評価ランクの高い学校を調べて、選んでください。

言語聴覚士(ST)が実際に勤務しているお近くの病院に「評価の高いST養成校は?」と聞いてみて、名前の挙がる学校をどうぞ選んでください。日福は評価に自信を持っています。

信頼4 卒業生の証言
信頼4 卒業生の証言

「国試対策」を特にしなかった。
通常の授業がもう対策になっていた。

現場をよく知る経験豊富な日福の先生方は、ただ知識を教える、ということはしません。臨床現場をとにかく見据えて教育をするため、在学中から自ら考えるという習慣を徹底します。グループワークもさかんに行い、さまざまな考えを交わし、まとめ、臨床現場でも臨機応変に役に立つ考える習慣を養うのです。それはつまり、国試対策にもなっており、通常の授業の延長に国試合格は自然と見えてきます。

日常的に行われる国試対策レベルの授業と、学生に応じてフォローも充実。

日福では、2年次に5回の模擬試験(5月〜)を実施しており、その問題は学内の教員が作成。試験終了後は解説も丁寧に行います。またそこで一定基準の得点を下回った学生は、特別指導でフォローします。日福の学習のテーマは「勉強の関連性と効率性」。どの学生もムダのない勉強での向上を指導しており、授業が修了した1月以降は希望者は国試対策講座にも参加でき安心です。

日福の信頼 現場で生きるポイント日福の信頼 現場で生きるポイント

自ら考えて答えを導き出すという姿勢は、言語聴覚士の臨床現場でも特に役に立ちます。

言語聴覚士の臨床現場に答えはありません。マニュアル通りに結果が出るのではなく、常にあらゆる方法を思案して、患者さんと向き合います。そのため、臨床現場で特に大切になるのは、自ら考える、という姿勢。そんな言語聴覚士に、現場の他のスタッフはもちろん患者さんも信頼を寄せます。

どのくらい就職できるの? 信頼の日福だから求人数は802件(1人あたり約36件)就職率100%
どのくらい就職できるの? 信頼の日福だから求人数は802件(1人あたり約36件)就職率100%
さらに! 日福はどこにあるの? JR山手線・西武新宿線・東京メトロなどアクセス良好 高田馬場駅 徒歩1分
さらに! 日福はどこにあるの? JR山手線・西武新宿線・東京メトロなどアクセス良好 高田馬場駅 徒歩1分
路線図
日本福祉教育専門学校 言語聴覚療法学科
資料請求
オープンキャンパス
入試詳細
学科について詳しくはこちら
日本福祉教育専門学校 言語聴覚療法学科
資料請求
オープンキャンパス
入試詳細
学科について詳しくはこちら