TOP

  1. トップ
  2. 2013年トピックス一覧
  3. 【言語聴覚士】 言語聴覚士個別相談会 在校生メッセージ

【言語聴覚士】 言語聴覚士個別相談会 在校生メッセージ

2013/08/07

201387日(水)、

「言語聴覚士個別まるごと相談会」を開催しました。

その際、言語聴覚療法学科2年の佐藤裕一さん(30歳)が在校生スタッフとして参加し、
参加者に向けて
目指したきっかけやクラスの雰囲気について話してくれました。

佐藤裕一さん(30歳)

言語聴覚療法学科 2

平成173月 茨城大学卒業

Q.
 入学する前は何をしていましたか?


地元の団体職員として
7年間働いていました。
最初の
4年間は、おもに金融事務を担当していました。

 

Q. 言語聴覚士を目指したきっかけは?


いくつか理由はあるのですが、祖母が病気を患い、胃ろうになった頃から
リハビリに興味を持ち始めたこと、弟が理学療法士、母親が介護福祉士
という家庭環境が影響したこと、仕事上お年寄りと関わることが多く、その
コミュニケーションの重要性を感じる場面が多かったこと、などが挙げられます。

とはいえ「
30歳」になる前に新しいことを始めたいという思いが、
最終的な決断に繋がったと思います。

 

Q. クラスの雰囲気はどうですか?


勉強は本当に大変なのですが、同じ目標に向かっているので、とても仲が良いですよ
クラスメイト同士で助け合いながらテストを乗り切ったり、グループワークの発表に
向けて
3週間以上にわたり夜10時までディスカッションしたり。でもそれが功を奏して、
私のグループの発表が、普段はめったに褒めてくれない先生から褒めていただいたんです。
とてもうれしかったですね。

 

Q. これから言語聴覚士を目指す方にメッセージを!

2年間は本当に忙しいです。集中して勉強に取り組む必要があり、覚悟も必要です。
それを支えるのは「言語聴覚士になりたい」という強い思いではないでしょうか。
ぜひその気持ちを忘れずに、トライしてみてください。

 

次回の「言語聴覚士個別まるごと相談会」


8
14
日(水)
822
日(木)です。


http://www.nippku.ac.jp/event/sdetail.php?EID=291

両日とも2年生が参加予定ですので、

入学希望の方はぜひご参加ください!