TOP

  1. トップ
  2. 2014年トピックス一覧
  3. 【社会福祉士】 国家試験を受験する在校生に先輩からメッセージ

【社会福祉士】 国家試験を受験する在校生に先輩からメッセージ

2014/01/16

1月26日(日)は社会福祉士の国家試験です。
実際に受験した卒業生から
貴重なメッセージが届いていますので、
ここでご紹介します。


国試受験のみなさんへ・・・・・先輩からのメッセージ
 

この時期は、日福の先生が作ってくださった直前対策のレジュメ(予想問題)を
信じて、やり抜きました。不安や迷いで何から手をつけていいか分からなくなったら、
カバンに詰め込んだレジュメをまず取り出してみてください!
大切なことは、すぐそばにあります…。ファイト!!!
Tさん(社会福祉士養成科2012年度卒)
 


今回試験を受ける皆さん。頑張らずに体調を整えて試験時間に慣れてくださいね。
その上で、試験は「各部門で0点を取らないことと、得意部門の点数を上げること」が
重要です。相反することですが、ケアレスミスをなくすことで解決しますので
マークシートに慣れてくださいね(^^
Oさん(
心理技術学科1996年卒)


日福の直前講習に通うこと。この時期は、日福で教室を解放してくれるので、
朝から晩まで過去問に取り組むこと。
Mさん(社会福祉士養成科2010年度卒)
 

迷ったときは、常識的な答えが正解です。
Fさん(社会福祉士養成科2010年度卒)
 


①体調管理 ②テキストを絞って漏れ無くチェックする ③予想問題等で試験感覚に
馴れる ④0点阻止を心掛ける ⑤絶対受かってやるという自信を持つ、の5点が
この時期は大事だと思います。模試ずっと点数悪かったけど、なんとか本番は
合格できた卒業生の意見です^_^;
参考にしていただければ幸いです。
頑張って下さい(^-^)v
Nさん(社会福祉士養成学科2012年度卒) 


昨年、私も先輩からのメッセージに100%勇気をもらいました。みなさんにも
受け継ぎます!昨年の今頃私は、毎日、本番と同じ時間帯にとにかく150問解くことを
やり抜きました。みなさんも自分のやり方、自分の直感を信じてください。
あと一頑張りで、ハッピィです。 
 
Yさん(社会福祉士養成科2012年度卒)


大丈夫です。落ち着いて、信じて!深呼吸で臨んでください。

Mさん(社会福祉士養成科2010年度卒)


大丈夫です。意外と力はついているものです。
試験当日までは、できれば頭の中に以下の点を確認していきましょう。


①点数を取れそうな科目で取り逃がしてはいけない。私は得意な高齢者福祉・介護保険
(特に矢部先生のテキスト)で点数を伸ばしました。

②苦手科目は簡単なおさらいをする。


試験当日はまず、自分に最後まで諦めないと言い続けましょう。
頭が真っ白になってしまう、弱気な自分とのたたかいです。見返してみると
出来ている部分が多く、午後多く出される事例問題でも十分点数を稼げますよ。
あと少し、ガンバですよー!
Kさん(社会福祉士通信課程2012年度卒)


ここまで頑張ったのだからあとは自分を信じて!
先輩は共に社会福祉士として活躍できることを待っています。
Gさん(社会福祉士養成科2009年度卒)
 


概ね、皆さんと同じ考えですが、さらに付け加えるとすれば、

①マーク漏れしないこと(特に、5肢2択問題は要注意!)
②得点できる科目から手をつけること
③正しいと思ったら迷わずマークすること
(迷った場合は後回しにして、残り時間に勝負をかける!)
④プレッシャーに負けないこと


最後に、私を含め、今回試験に挑まれる皆さんにこのことばを贈ります。


○北京五輪女子ソフトボール日本代表 上野由岐子投手:
「努力は人を裏切らない」「最後は、気持ちの強い人間が勝ちを獲ることができる」


私は、今回「三度目の正直」と共に「背水の陣」で試験に挑みます。
必ず「合格」という名の勝利を勝ち獲ります!
Sさん(社会福祉士養成科2011年度卒)
 


いよいよですね!この時期は新しい問題はやらないことをお勧めします。
試験時間と同じ時間帯に午前と午後で途中休憩を取って過去問と模擬問をやりました。
もうひとつ大事なのは体調管理、これから先は、なま物特に貝類は厳禁です。
私は毎日具だくさんのスープや鍋物を食べました。試験場に無事たどり着けば
半分終わったようなものです。足元が寒いので靴下2枚履いてカイロは肩甲骨の
あたりに貼りましょう!
Tさん(社会福祉士養成科2010年度卒)