TOP

  1. トップ
  2. 2014年トピックス一覧
  3. 【授業レポート】 ソーシャル・ケア学科4年生がケアプランを作成

【授業レポート】 ソーシャル・ケア学科4年生がケアプランを作成

2014/07/09

72日(水)4限目に行われた

ソーシャル・ケア学科4年生の授業レポートです。

 

実はこの日、宮里裕子先生が担当した「ケアマネジメント」の授業に

ALS患者の北谷好美さんをゲストにお迎えしました。

24時間体制で介護が必要な北谷さんと

口文字や文字盤を使ってコミュニケーションを図りながら、

具体的なケアプランを作成するという内容です。

 

学生は北谷さんからお困りのことや生活のリズムなど

さまざまな角度でヒアリングしながら、

北谷さんに合ったケアプランをグループで作成していきます。

口文字や文字盤に慣れていないせいか、

コミュニケーションを図るのに時間がかかりましたが、

北谷さんは時折笑顔を交えながら丁寧に応えてくださいました。

学生はコミュニケーションを取るのが困難な状況であっても

正確に情報を収集できる技術を身につけ、現場力向上に努めています。

 

北谷さんから最後に“生きるということ”と題して…


「今回の出会いから何かを感じ取ってもらえたら嬉しいです。

動けない、話せない者の本当の辛さは分からなくても、

“辛い気持ちを理解しよう、私たちに何ができるだろう”と

考えてもらえたら嬉しいです。」


とメッセージを送ってくださいました。

北谷さん、ありがとうございました!