TOP

  1. トップ
  2. 2014年トピックス一覧
  3. 【授業紹介】ゲスト講師による『人間の尊厳と自立』 介護福祉学科 ソーシャル・ケア学科 合同授業

【授業紹介】ゲスト講師による『人間の尊厳と自立』 介護福祉学科 ソーシャル・ケア学科 合同授業

2014/10/28

介護福祉学科、ソーシャル・ケア学科 合同授業として

ゲスト講師をお招きして

『人間の尊厳と自立』の特別授業を行いました!


◆今回お招きしたゲスト講師◆
講師:川嶋一広 先生 と アイメイト(盲導犬)のサニーくん

NECマネジメントパートナー株式会社
デザイン事業部ソリューションデザイン部
デザイナー

~プロフィール~

ユニバーサルデザインおよびアクセシビリティの専門知識と障害当事者(全盲)目線で、
高齢者・障害者に使いやすいことは勿論、より多くの人が使いやすい製品・サービスを提案

【資格】ユニバーサルデザインコーディネーター2級(日本UD研究機構)

【現在の担当業務】
・NECコーポレートサイトのJIS X 8341-3:2010対応に向けた課題検討
・ユニバーサルデザインおよびアクセシビリティ関連情報収集・発信

【活動/実績】
・セブン銀行ATM視覚障害者用音声ガイダンスの開発協力
・セブン銀行コールセンター視覚障害者対応アドバイス
・セブンイレブンアルバイト研修ビデオ出演
・視覚障害者用電話交換機の点字マニュアル作成
・携帯電話のキー・ボタンの分かりやすさ評価
・社内モニター管理・運営
・ウェブサイト、ウェブシステムの読み上げ評価・改善提案(医療・図書館・電子申請、公共サイト、グループウェア)
・電子申請コールセンター教育・立ち合い
・社外外での講義・教育、啓発活動

【趣味】
・ブラインドフリークライミング 年2回大会出場 決勝進出目標

冒頭に、自己紹介と現在のお仕事のこと、全盲になるまでの経緯、
アイメイト(盲導犬)のサニーくんとの生活が始まる過程などを
お話いただきました。
 
そして、視覚障害をお持ちの方が、
実際にどのように生活をされているか体感するワークショップを交え、
視覚障害についての講義を展開いただきました。

 

【眼を閉じて硬貨を数えます。種類の判別方法を考えます】

今回の授業内容は・・・
●ワークショップ1 「お財布の中には、いくらありますか?」
視覚障害をお持ちの方が、どのようにお金を数えるのかを知るために
学生たちは目を閉じてお金を数えることに挑戦した後、
実際の方法を講義いただきました。
◎触覚で硬貨・紙幣を判断する方法
◎便利グッズのご紹介
●視覚障がいとは?「定義」「人口」「特徴」など
●目が見えないと困ることは? 事例紹介など
●生活環境 「歩行・外出時」の移動方法事例紹介など
●生活環境 「コミュニケーション」について (読書の方法など)
●生活環境 「家電製品」使用方法や機能の進化など
●生活環境 「パソコン・携帯」実際にどのように使用しているのかの解説や視覚障害をお持ちの方のための機能紹介など
●生活環境 「公共端末・設備」利用方法や、視覚障害をお持ちの方のための機能紹介など
●生活環境 「様々な支援機器」機器の紹介や利用方法など
●職場の配慮 現在お勤めの会社での、視覚障害をお持ちの方への配慮事例の紹介など
●ワークショップ2 視覚障害者の誘導
視覚障害をお持ちの方をいかに誘導するか、学生が先生を誘導する
ガイドヘルプを行い、ポイントを講義いただきました。
●盲導犬によるガイド歩行
アイメイト(盲導犬)のサニーくんが誘導しながら
大教室を一周歩く様子を実際に見学させていただきました。
障害物がある際のサニーくんの合図・行動を紹介していただきながら
講義をいただきました。
●質疑・応答

 

【眼を閉じて紙幣を数えようとしています】

視覚障害をお持ちの先生が、ご自身の体験もご紹介いただきながら
視覚障害についての様々な講義、ワークショップを展開いただきました。

生の声による授業を受けられること、ワークショップで模擬体験も行うことで
普段授業で習っていることをよりリアルに感じられ、
また、先生ご本人の体験談を伺うことで「自立・自律」を考える、
学生たちにとっても貴重な学びの機会となりました。

本校では、様々なゲスト講師をお招きし、
より確かな知識と経験を身に付けていただく授業を多数行っております。

 

【川嶋先生の特別授業を見学出来ます!】

今回ご紹介した、川嶋先生をゲストにお招きした特別授業を再び行います。

その授業を見学いただけることになりました!

貴重な機会ですので、是非ご参加ください♪

見学のお申込み、詳細は下記よりご確認ください。

【日時】 2014/10/30(木) 10:40~12:10

【場所】高田校舎

http://nippku.ac.jp/event/sdetail.php?EID=736

 

 

【教室を一周する先生とサニーくん】