TOP

  1. トップ
  2. 2014年トピックス一覧
  3. 【授業紹介】ゲスト講師による『私の福祉活動』講義 介護福祉学科 ソーシャル・ケア学科 合同特別授業

【授業紹介】ゲスト講師による『私の福祉活動』講義 介護福祉学科 ソーシャル・ケア学科 合同特別授業

2014/11/21

介護福祉学科とソーシャル・ケア学科合同授業として
ゲスト講師をお招きして

『私の福祉活動』の特別授業

を行いました!


◆今回お招きしたゲスト講師◆
講師: 八子 勇 先生

1998年 吉田町シルバー人材センター設立発起人
2002年 同理事長
2004年 吉田町社会福祉協議会 地域福祉計画委員長
2007年 燕市社会福祉協議会 評議員
2010年 燕市社会福祉協議会 地区ボランティア・市民活動センター委員
現在 「地区の防犯・防災」「福祉施設訪問・傾聴ボランティア」等の活動

八子勇先生、実はなんと本校介護福祉学科・学科長である

八子久美子先生のお父様

なんです!


毎年、本校に地域福祉をテーマに講演いただいていて、
今回で実に7回目(7年目)となりました!!


八子先生は、現在御年81歳にして、
地域の高齢者施設やグループホーム等で
「傾聴ボランティア活動」等を行い、
現在もバリバリ現役で地域の福祉に貢献していらっしゃいます!

【真剣に、そして笑顔もたくさんの講義をいただく八子先生】

今回の授業内容は・・・


●自己紹介~ご自身の地域活動歴(略歴)

●私の福祉の原点
昭和20年敗戦後の厳しい時代、14歳で郵便局員として就職したことで
若くして地域の高齢の方とお話する機会が多かったこと。

●私の活動期
郵便局は当時国の機関。「国民の福利増進」として国民のために役に立とうと様々な工夫。
困っている方の話を聴き、相談に乗るなど、常に福祉を念頭にした郵便局勤めについて。

●地域への恩返しは地域福祉に貢献すること
郵便局勤務での経験や様々感じたことから、世の中の役に立ちたいと決心。
退職後すぐに大学にて福祉を勉強し、
行ってきた地域活動と理念や信念について
・シルバー人材センターの立ち上げ
・自治会への参加
・社会福祉協議会の活動に参加
・ボランティア委員会設置


●地域の力
地域の絆=人は支えあって生きている
家族が第一 ・・・家族仲良くすることが大切
福祉力=地域の絆
結いの社会についての解説
人と人との繋がりを大切にお互いを応援し助け合っていくことの大切さについて等

●傾聴ボランティアについて
燕市社会福祉協議会でボランティア委員会を設置後、傾聴ボランティア活動を立ち上げ。
経緯や活動内容、ボランティア養成講座の様子、ボランティアメンバーの紹介等

●傾聴ボランティア活動で得たもの
傾聴活動にあたる者として必要な心構えや傾聴方法についての講義
耳で聴く・目で聴く・ハートで聴く、、、等

●傾聴活動を円滑にするために
高齢者の一般的な心理的特徴の解説と理解しておくことの大切さについて

●初対面で傾聴に入る前の語りかけ
方法例の紹介とポイントの解説(聴き役になる前に心を通わせる)
褒め言葉を用意するとコミュニケーションのきっかけとなる。
温かい心とまなざしを持って接することが大切。

●グループホームでの活動紹介/その他活動の紹介

●福祉活動に参加する心得
・自分の日常生活から一歩踏み出す勇気
(積極さと、継続することが非常に大切)
・同じ考えの仲間を探す
・無理をしない
(継続・長続きすることで成果が上がるので最初から無理をしない)
・自分なりの健康法を持つ
・自分なりの言葉を持つ意
(明るく、喜び、元気で行こうなど自分へのメッセージ)
・社会の動きに敏感になる
・守秘義務の厳守
・生き甲斐・達成感・多くの感謝をいただける。

●余暇の善用
2010年「句集 とろろ汁」を発行

●質疑・応答
◎今でも現役で続けられる活動の源は?
・仕事が大変だった分、今の活動は全く苦じゃない
・継続しているのが源になっている。
◎これからの目標
・2010年に句集を出した後、より俳句の理解が深まり、
前作より良い句集を発行したい。
・引き続き、ボランティア等、福祉活動をしていきたい。


と、ご自身が今まで行ってきた様々な活動内容をもとに
その体験を通して福祉に関する大切なことを解説いただき、
非常に説得力のある講義を展開いただきました!


【授業の様子】

地域福祉の発起人となるところから活動されるなど
様々なご活躍をされ今も現役で活動されている先生による授業を受けられることで、
具体的な知識としてももちろん、知識としての勉強だけではなく、
心構えや考え方、姿勢と態度など、
学生達が将来社会福祉士や介護福祉士として、
福祉の世界で活躍をしていくための福祉感を養える、
大変有意義でとっても貴重な学びの機会となりました。
 

本校では、様々なゲスト講師をお招きし、
より確かな知識と経験を身に付けていただく授業を多数行っております。

 

日本福祉教育専門学校

介護福祉学科
http://www.nippku.ac.jp/faculty/13/

ソーシャル・ケア学科
http://www.nippku.ac.jp/faculty/12/


【八子先生 親子で一緒に♪】