TOP

  1. トップ
  2. 2014年トピックス一覧
  3. 【授業紹介】 介護福祉学科2年生 『介護過程発表会』

【授業紹介】 介護福祉学科2年生 『介護過程発表会』

2014/11/28

介護福祉士を目指す、介護福祉学科の2年生による

『介護過程発表会』

が行われました!

【介護過程発表会の様子】

本校の介護福祉学科は2年制です。
11月も終わりに近付いてきており、
2年生は卒業、そして介護福祉士の専門職として
活躍していく日が近付いてきています♪


今回ご紹介する授業は、
その介護福祉学科2年生が今夏約1ヶ月にわたり行った
在学中最後となった実習内容の発表会です!


本校介護福祉学科の実習は
入学して1ヶ月目という早期より週1回から始まり、2年間で6施設行います。

2年生にとっては、最後の総仕上げの実習となりました。


総仕上げということで、次の課題をもって
学生たちは実習に臨みました。


一人のご利用者様を選ばせていただき、
ご利用者様にとってのよりよい生活を考え、
その実現を目指すケアを自ら考え、実践する


これは、介護福祉士として求められることで、
学生期間に経験をしておくことで、
卒業した後、実際に現場に出た時に活かしてもらいたい、
そういう願いも込められた課題となっています。

【各自発表用に作成したパワーポイントを使用し発表します】

『介護過程発表会』は、課題をもとに行った実習を
介護福祉学科2年生全員が、1人10分の時間で
学科の2年生はもちろん、
時には1年生やソーシャル・ケア学科の学生もいる前で
発表する授業です。

この介護過程発表会が、11月5日(水)~11月26日(水)の約1ヶ月かけて
開催日ごとテーマを設定し、そのテーマに沿った実習内容の発表が行われました。


【平成26年度 介護福祉学科 介護過程発表会 プログラム】

◆1日目 11月5日(水) 
楽しみや生きがいを見つけて頂くかかわり方①

◆2日目 11月12日(水)
楽しみや生きがいを見つけて頂くかかわり方②

◆3日目 11月14日(金)
QOL向上のためのアプローチ①②

◆4日目 11月19日(水)
食事を通じて行う介護過程の展開

◆5日目 11月21日(金)
機能維持・向上を目指した取り組み①②

◆6日目 11月26日(水)
多面的視点による介護過程の展開


【介護過程発表内容】
●利用者様の概要
年齢、性別、要介護区分、状況
●分析
状況把握や傾聴によるご利用者様の分析
●目標
支援を行うことで目指すご利用者様にとってのよりよい生活の目標
●計画
目標実現へ向けての介護計画
●実施(結果)
計画したプランの実施状況、及び結果
●評価、及び考察
分析、目標、計画、実施を振り返っての評価と考察


【大勢の前で登壇して発表します】

介護福祉学科としては、「介護過程発表会」という経験を通して、
『プレゼンテーション力』
『伝える力』
『発信力』
を身に付けてもらいたいと願っています。

また、発表に至るまで、抄録の作成、パワーポイントの作成等
様々な準備が必要になります。

そしてこの介護過程発表会は、教員ではなく、
全ての準備、運営を学生達のみで行います。

これには、
『企画力』
『運営する力』

を養ってもらいたいという意図もあります。

実際に、介護・福祉関係のお仕事現場では、
様々な企画を行い、運営するシーンがあるため、
こうした経験が現場で活きてきます。

介護福祉学科2年生のみなさん、
準備から発表までお疲れさまでした!

そして2年間行ってきた実習が、
専門職としてのお仕事に活かせるように
これからも頑張ってください!!


介護福祉学科では、常に現場から求められることを想定し、
専門職として活躍できる力を養うことを目指し
様々な授業・取り組みを行っています。




日本福祉教育専門学校
介護福祉学科
http://www.nippku.ac.jp/faculty/13/




【実習内容を発表する様子】