TOP

  1. トップ
  2. 2015年トピックス一覧
  3. 【オープン科目】平成27年度前期オープン科目 開講しました!

【オープン科目】平成27年度前期オープン科目 開講しました!

2015/04/15

本校独自の自由選択科目

【オープン科目】

前期科目が開講しました!


本校独自の自由選択科目、
オープン科目が開講しました。

前期科目、後期科目を設けており、
学生は、入学した学科を問わず
任意で参加できます。

昼間部放課後、夜間部授業開始前と、
昼間部の学生でも夜間部の学生でも参加できるよう、
16:30~18:00
という時間で授業を行っています。

早速、前期科目となる
『臨床心理学』(前期・毎週月曜日)
『ソーシャルワークの文献購読』(前期・火曜日)
が開講しました

『就職キャリア支援セミナー』(前期・木曜日)
も4月16日に開講します。

【授業の様子①大教室を埋め尽くす受講生】

【オープン科目とは・・・】

本校の学生なら誰でも受講できる横断的な科目であり、
本校独自のシステムです。

所属する学科の修了、および国家試験受験資格取得に
必要ではない科目ですが、
学生の発展学習ニーズに応え、開講しています。

各社会福祉サービス機関で働く際に備え、
発展的内容を行います。

オープン科目を、所属している学科の授業に加えて受講することで、
卒業後に就く、福祉・医療現場の仕事に必要な
知識の幅を広げられる学びの機会
となります。

専門職として働いた際に、
仕事に活かせる科目を設置しております。


資格を取得するだけではなく、
現場で活躍できる人材育成を目指す
本校独自の取り組みです。


【臨床心理学の授業を行う寺澤先生】


~前期科目のご紹介~

『臨床心理学』


【担当講師】
寺澤美彦先生
精神保健福祉士養成科学科長
(担当科目)
・理学理論と心理的支援/心理測定法
(専門分野)
・社会倫理学

【内容】
国家試験や、資格取得と切り離した視点で
臨床心理学の意義や醍醐味などを実感できる科目です。

臨床心理学に関する講義をはじめ、心理検査の体験や、
心理学に対する疑問や関心事についてのディスカッション
なども行いながら、正しく理解をしていく授業になっています。



『ソーシャルワークの文献購読』

【担当講師】※オムニバス
坂野憲司先生
精神保健福祉士養成学科学科長
(担当科目)
・精神保健福祉の理論と相談援助の展開
・精神保健福祉士援助演習
(専門分野)
・対人援助技術分野

森山拓也先生
精神保健福祉士養成学科専任講師
(担当科目)
・精神保健福祉の理論と相談援助の展開
・精神保健福祉士援助演習
(専門分野)
・精神障害リハビリテーション

向井智之先生

精神保健福祉士養成学科専任講師
(担当科目)
・精神保健福祉相談援助の基盤
・精神保健福祉士援助実習指導
(専門分野)
・ソーシャルケースワーク
・精神保健福祉分野における実習指導法

築田美抄先生

精神保健福祉士養成科専任講師
(担当科目)
・精神保健福祉の理論と相談援助の展開
(専門分野)
・対人援助技術分野

【内容】
ソーシャルワーカーとして成長するために
古典の読書と議論を行うことが必要です。

ソーシャルワークの古典を読み、論議することによって
先人の試行錯誤のプロセスを体験します。

ソーシャルワークの実践に入る前に、
考え方の基本、援助技術の基本を身につけられるので
社会福祉の専門職を目指す本校の学生にとって
大変ためになる授業となっています。



『就職キャリア支援セミナー』

【内容】
より効果的な就職活動や、将来のキャリアアップを考慮しながら、
福祉専門職のあり方を考えていきます。

“就職活動”支援に留まらない、
キャリア形成・キャリアプランの作成の指導なども行い
学生のみなさんの社会人としてのスキルアップを目指す内容です。

福祉現場の最前線で活躍中の外部講師をお招きしたり、
卒業生による就職活動体験報告や
福祉現場でのキャリアパス方法などの講義も予定されております。

本校で学ぶ学生にとって、
将来に直結していく学びの機会となります。



【ソーシャルワークの文献購読を展開する坂野先生】

後期科目は、

『保健・医療領域におけるソーシャルワーク』

『総合福祉セミナー』
の2科目で開講されます。



学生のみなさん、
将来福祉現場で求められる専門職となれるよう
オープン科目も学びの機会として是非活用してください!

本校では、資格取得のためだけではなく、
就職した後、実際に現場まで見据え、
様々な形で学びの支援も行っております。


日本福祉教育専門学校

設置学科一覧は↓コチラ↓
http://www.nippku.ac.jp/faculty/




【授業の様子②】