TOP

  1. トップ
  2. 2015年トピックス一覧
  3. 【卒後研究会】第1回 『日本介護福祉実践研究会』を開催しました。 

【卒後研究会】第1回 『日本介護福祉実践研究会』を開催しました。 

2015/05/15

第1回

日本介護福祉実践研究会

を開催しました


本校・介護福祉学科が1988年に誕生してから27年、
現在までの卒業生の数は、遂に2,800名を超えました。

卒業後の繋がりを大切にでき、
卒業後も技術・知識の向上を目指せる
介護福祉学科の卒後教育の場
として、
卒業生を中心に
“日本介護福祉実践研究会”
が立ち上がりました!

記念すべき第1回が、2015年5月13日(水)に
開催されました。

【研究会の様子】

卒業生だけではなく、在校生も参加できるのが
この“日本介護福祉実践研究会”。

卒業生も在校生も参加する中、
自己紹介から始まりました!

今回のテーマは・・・

「介護職のメンタルヘルス

~本音で語ろう、ここが辛いよ介護職~」


実行委員の杉山さんが、職場内で聞き取り調査を行い集まった「生の声」を基に、
介護職がどうしてストレスを抱えやすいのか、
ストレスを解消し前向きに介護に取り組むにはどうしたらよいかを、
実行委員による調査発表やグループワーク形式で考えていきます。

【実行委員の杉山さん】

ストレスについて、参加者それぞれが感じたストレス事例や対処法を発表しながら
意見交換した後は、事例検討(グループワーク)を行いました。

グループに分かれて
「入浴、更衣への抵抗がある利用者とその家族からの要望」の事例を用いて
話し合いました。

学年や年齢を超えて、卒業生と勉強中の在校生が
意見を交わしてグループ内の意見をまとめて、
発表し、意見交換を行いました。

最後は、「介護職のメンタルヘルス」について、
杉山さんが発表と講義を行ないました。


在籍していた年度も、年齢も超えて交流の場ともなり、
ネットワークも広がります。

卒業生にとっては、
現場に出てからのそれぞれの仕事のことや、現場の情報交換もでき、
介護福祉士としての仕事に活かせる学びの場としても活用できる
良い機会となります。

在校生にとっては、卒業生の生の声を聞くことができ、
現在の学習にしっかり活かせる学びの場になり、
また卒業してからのことをイメージできる機会になります。

今回参加された皆さんの満足度も高く、
今後、回を追うごとに参加者が増えていくことと思います。

次回は、8月頃外部のゲストをお招きして
開催される予定です!!

本校卒業生、在校生の方、
日本介護福祉実践研究会に是非参加ください!

詳しい情報は、こちらのページ、または
日本介護福祉実践研究会のホームページで
後日発表いたしますので、ご期待ください!!!
http://nkfjk.blogspot.jp/


日本福祉教育専門学校

質の高い介護福祉士を育成する
介護福祉学科

http://www.nippku.ac.jp/faculty/13/

 

【グループワークの様子】