TOP

  1. トップ
  2. 2015年トピックス一覧
  3. 【海外メディア】中国・上海テレビニュースセンターから取材を受けました。 介護福祉学科

【海外メディア】中国・上海テレビニュースセンターから取材を受けました。 介護福祉学科

2015/05/27

日本福祉教育専門学校

介護福祉学科が

上海テレビニュースセンターから

取材を受けました

 

中国・上海のテレビ局
『上海テレビニュースセンター』が
番組を制作のために、当・日本福祉教育専門学校へ
取材に来校されました。

番組では、
日本、シンガポール、デンマーク、ドイツ、オランダ、アメリカへ
取材クルーを派遣し、各国の介護の状況や、
システムを紹介される予定とのことです。

この番組を製作する目的は、
高齢化が急速に進んでいながらも
介護システムがまだまだ整備されていない上海にとって参考となるよう、
介護先進国の優れた介護施設とシステムをご紹介したいとのことです。

その中でも、特にアジアを代表する
日本の介護教育の現状を伝えたいとの意向で
今回、当・日本福祉教育専門学校が、取材を受けました。

取材を受ける介護福祉学科 八子学科長】

まずは、介護福祉士養成学科として
日本で最初期に誕生した
当校・介護福祉学科の学科長、
八子先生がインタビューを受けました。

介護福祉学科では、
実際にどのような教育方法・内容で
学生を指導しているのか、
学生の年代や性別、人数や特徴など、
介護福祉士の専門職教育機関としての
現状や展望、育成目標など様々な質問に答えました。



【取材を受ける小林理事長】

介護福祉学科の八子学科長に続き、
当校が所属する敬心学園グループの
小林理事長がインタビューを受けました。

小林理事長は、当学園の理事長のほか、
全国380の介護福祉士養成施設の協会
日本介護福祉士養成施設協会会長も務めています。

介護福祉士養成施設全般に関して、
介護福祉士資格取得に関する現在の制度に関することや
養成施設の現状と、将来のビジョン、
介護福祉士を取り巻く現状と待遇改善へ向けた日本の取り組み、
海外からの人材の受け入れや卒業後の進路に関することなど

様々な質問に答えました。


【インタビューに答える介護福祉学科在校生】

小林理事長、当校介護福祉学科の八子学科長への
インタビューの後は、実際に学生が授業を受ける様子も
取材が入りました。

まずは「生活支援技術」という
学校内の実習室で実技を学ぶ授業にて
授業全体の様子の撮影や、
学びの内容や、感じていること、
就職への考え方などについて学生へのインタビューも
実施されました。

新たに始まった「医療的ケア」についても、
関心が高く、内容についての取材、
実際に指導している模様の撮影が行われました。

今回の取材模様は、中国にて10月頃、
上海の地上波放送と中国全土向けの衛星放送にて
オンエアされる予定とのことです。

急速に高齢化が進む中国の方々にとって
少しでもお役に立てれば光栄です。

当校では、介護福祉士養成施設のパイオニアとして
国内、国外、様々なメディアからの取材にも対応しております。

日本福祉教育専門学校

介護福祉学科
http://www.nippku.ac.jp/faculty/13/

【医療的ケアの指導模様も取材を受けました】