日福で社会福祉士を目指す方へ!

国家資格

社会福祉士を目指す!

社会福祉士は、いろんな地域や施設で幅広く活躍しています

無料 資料請求はこちら
  • 昼間部
    昼間部の学科紹介
  • 夜間部ナイトコース
    夜間部ナイトコース
  • 夜間部トワイライトコース
    夜間部トワイライトコース
  • 通信一般
    通信一般の学科紹介
  • 通学部オープンキャンパス・説明会情報
  • 通神学部オープンキャンパス・説明会情報

社会福祉士になると…

子ども家庭支援分野

子ども家庭支援センターや児童福祉
施設での児童虐待、子どもの貧困、
DVへの対応や子育て支援の最前線を
担います。また、近年ではスクールソー
シャルワーカーとして活躍される卒業生
も増えています。

障がい者分野

障がい者の施設や地域での
相談援助職である「相談支援
専門員」として、社会福祉士
が期待されています。障がい
を持つ人々の生活や就労の
不安を取り除きます。

高齢者分野

社会福祉士を置くことが要求さ
れる地域包括支援センターで、
権利擁護を中心とした支援を行
ったり、高齢者施設で生活相談
員として高齢者の生活を支えます。

医療機関

MSW(医療ソーシャルワーカー)と
して、入退院の支援をはじめとした
様々な相談に応じるほか、地域で
の医療・保健・福祉の連携を担うな
ど、心理的社会的支援を行います。

社会福祉協議会

ボランティアの育成を始めと
する地域コミュニティの形成
など地域福祉の推進の原動力
となります。
また、日常生活自立支援事業な
どでも中心的な役割を担います。

行政

福祉行政の企画・立案を行うなど、福祉社会の条件
整備を行ったり、生活保護ケースワーカーとして第
一線の福祉実践現場で活躍するなど、社会福祉の
基盤を支えます。

その他

ホームレスの方など生活困窮者の支援、日本語が第
一言語ではない方などの支援、成年後見人、更生保
護の分野など活躍の場は多様です。近年では、独立
して社会福祉士事務所を開設する方も増えています。

社会福祉士に必要なポイントは?

社会福祉という分野への関心

社会福祉の援助を必要としている人は、教育・文化・医療・労働と幅広い問題を抱えています。
それらの解決には、様々な社会福祉に関わる理解が必要となります。

人の思いや考えに耳を傾ける

社会福祉士に最も必要な態度の一つに“傾聴”があります。
人の思いや考えに、一生懸命耳を傾けて聴くということです。場合によっては、アドバイスはなくても、
傾聴だけで人を支えることもできます。

自分から関わっていく姿勢

助けを必要としていながら声をあげられずにいる人たちは少なくありません。
相談に来ないから大丈夫と決め付けるのではなく、こちらから関わっていく姿勢も必要です。

無料 資料請求はこちら
  • 昼間部
    昼間部の学科紹介
  • 夜間部ナイトコース
    夜間部ナイトコース
  • 夜間部トワイライトコース
    夜間部トワイライトコース
  • 通信一般
    通信一般の学科紹介
  • 通学部オープンキャンパス・説明会情報
  • 通神学部オープンキャンパス・説明会情報

たとえば・・・
『社会福祉士』と『社会福祉主事』の違いとは?

社会福祉士

障害や病気、低所得や対人関係などが原因で生活面に問題を抱えている人たちの相談にのり、また援助しながらともに問題を解決していくのが仕事です。

精神保健福祉士

社会福祉主事

社会福祉主事は、都道府県、市及び福祉事務所を設置する町村に置かれる職であり、福祉事務所を置かない町村においても社会福祉主事を置くことができます。

臨床心理士

我々の
想い
国家試験合格だけじゃない!
相談援助のスペシャリストを養成!

業界から高い評価をいただいている本校の卒業生たち。実践力のある卒業生を輩出できたのは"国家試験予備校ではない"という設立以来の考え方があるからです。私たちは常に"その先"を見据え、現場に出た後のことを考えます。資格取得はそのスタートラインに過ぎないのです。社会福祉士として生涯にわたって人の役に立ちたいと願う皆さん、ぜひいっしょに相談援助のスペシャリストを目指しましょう。

国家試験だけじゃない!日福で社会福祉士を目指す

毎年全国トップクラスの
国家試験合格率!

暗記ではなく理解を深めるための授業内容や、国家試験を熟知した教員が学生と二人三脚で行う国試対策など。ひとつ上の合格支援体制が、全国有数の合格者数を生み出しています。

現場を熟知した講師陣による
「現場直結教育」

国家試験に合格するだけではなく、卒業後現場で通用する専門的知識と技術を身につけ、質の高い社会福祉士としての“実践力”を養成します。

日福なら社会福祉士として
働きたい現場に就職できる!

資格取得はあくまでスタートライン。日福は常に“資格取得のその先”を見据えた指導を行い、なりたい社会福祉士として様々な現場で活躍できる“専門職”としての実践力のある卒業生を輩出しています。

ライフスタイルや、
学習のペースに合わせて
選べる3つのコース

無料 資料請求はこちら
  • 昼間部
    昼間部の学科紹介
  • 夜間部ナイトコース
    夜間部ナイトコース
  • 夜間部トワイライトコース
    夜間部トワイライトコース
  • 通信一般
    通信一般の学科紹介
  • 通学部オープンキャンパス・説明会情報
  • 通神学部オープンキャンパス・説明会情報

卒業生の声

子ども家庭支援分野 これからは『児童福祉』が必要とされる時代

教育現場で、子どもや家庭が抱える多くの問題に遭遇し、問題の根深さと関わる教師の負担の大きさを痛感しました。教師が入り込めない部分もあるため、少しでもサポートできればとの思いからソーシャルワーカーを目指し、再就学をすることに。その頃は、自分の子どもも高校生と中学生になり手がかかりませんでしたし、昼間部に通っていたので主婦業にも支障はなく、学業に専念することができました。
現在は子ども家庭支援相談員をしていますが、正直なところ非常に激務です。みなさんもご存知の通り、児童虐待に関わる問題が増加していますので、それに比例して相談件数も増加傾向にあります。そのため、常に人手は足らず対応が追いついていないのが現状です。 これからは児童福祉法により、社会福祉士が任用資格として明記されている「児童福祉司」の大幅な増員も見込まれていますので、社会福祉士という資格の優位性はこれからますます高まると思います。

永島 さやかさん 現在、市こども家庭支援センターにて社会福祉士として勤務

医療機関 子ども家庭支援分野 これからは『児童福祉』が必要とされる時代

患者さんと病院との調和を作る、それが医療ソーシャルワーカーの役割の1つです。
私が勤める「回復期リハビリテーション病院」は、脳卒中や大腿骨骨折などの方が対象で、医師、看護師、介護士、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカーなどのチームで患者さんを支援しています。病院は医療的に正しい治療を提供し、その後の見込みも伝えていきますが、患者さんの希望と合わない場合もあります。その場合、ソーシャルワーカーが双方の窓口となり、患者さんにとっての実現可能な最善策を見つけ出す手助けをします。最善策といっても、完全に元の生活に戻れるケースは少ないですし、退院後の新しい生活を見据えたゴールを設定するには、患者さんの家族構成や介護力、今まで大事にしてきた生き方まで考慮する必要があります。そのため、丁寧にアプローチすることがとても大切になります。 「辛い話」と向き合うこともありますが、一人一人の新しい生活や、自分らしい生き方の再構築をご支援できることに、この仕事の喜びと意義を強く感じています。

岩下 勝博さん 現在、河北リハビリテーション病院にて社会福祉士として勤務

社会福祉協議会 利用者の財産や権利を守る使命感と誇りを持てる仕事

大学卒業後は人に尽くして喜ばれる仕事を志望し、サービス業に従事してきました。しかし、勤務中に怪我をしたことをきっかけに、夜勤のない事務職へ転職を考えるようになりました。 人に尽くし社会に貢献できる仕事を探している過程で社会福祉士の資格を知りました。
現在は、社会福祉協議会で成年後見制度の推進事業に携わっています。成年後見制度は認知症の高齢者や障害者の生活を守っていくためには欠かせない制度ですが、あまり知られていないのが実情です。そのため、相談対応をはじめ、制度の周知・普及をはかるために定期的に講座・講演会の開催なども行っています。「こんないい制度があったんだ」と声をかけてもらえるときは嬉しいですね。仕事は、専門性が高く業務も多岐にわたるため思いのほかハードです。朝から日が暮れるまで多忙な毎日ですが、 利用者の財産や権利ひいては生活を守るための責任ある仕事なので、強い使命感と誇りと情熱を持って取り組んでいます。

平澤 宗一郎さん 社会福祉法人 渋谷区社会福祉協議会渋谷区成年後見支援センターに社会福祉士として勤務
無料 資料請求はこちら
  • 昼間部
    昼間部の学科紹介
  • 夜間部ナイトコース
    夜間部ナイトコース
  • 夜間部トワイライトコース
    夜間部トワイライトコース
  • 通信一般
    通信一般の学科紹介
  • 通学部オープンキャンパス・説明会情報
  • 通神学部オープンキャンパス・説明会情報

社会福祉士とは

主に、障害や病気、低所得や対人関係などが原因で生活面に問題を抱えている人たちの相談にのり、また援助しながらともに問題を解決していくのが仕事です。

障害や病気、低所得、環境面などの理由によって、日常的な生活面の困難を抱えていたり、対人関係などの問題を抱えている人達が問題を解決していく支援をおこなう専門職です。

専門的な知識や技術を用いながら相談にのって助言や指導をおこなうほか、福祉サービス関係者・医師を始めとする保健医療サービス関係者との連絡・調整などの援助をおこなっていきます。

ページトップに戻る