TOP

  1. トップ
  2. 講座・附帯教育
  3. 手話通訳士実技試験対策講座

平成29年 手話通訳士学科試験対策講座

手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)一次試験は、「障害者福祉の基礎知識」・「聴覚障害者に関する基礎知識」・「手話通訳のあり方」・「国語」の各分野から出題されます。この学科試験対策講座は、各分野の試験出題項目に沿って講義を進め、押さえておくべきポイントを分かりやすく解説していきます。
試験前の総仕上げにこの対策講座をご活用ください。

受講料

一 般 13,000円
卒業生 10,000円(社会福祉学科手話通訳専攻および社会福祉学科手話通訳コース・平成28、29年度手話実技対策講座受講生)

定員

40名(※最少開催人数9名) 先着順で受付いたします。(定員になり次第締め切ります。)

募集期間

平成29年7月1日(土)~平成29年8月21日(月)

受講期間

実施日:平成29年8月26日(土)
会 場:日本福祉教育専門学校 高田校舎245教室

(時間割)

時  間 科  目 講  師
9:00~10:30 障害者福祉の基礎知識 片岡 正善
10:45~12:15 手話通訳のあり方 小林 君恵
13:00~14:30 国語 根岸 亜紀
14:45~16:15 聴覚障害者に関する基礎知識 相川 浩一

手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)について(試験科目及び採点評価)

厚生労働省認定の社会福祉法人聴力障害者情報文化センターにより、平成元年より28回実施されています。9月30日(土)一次試験、10月1日(日)に二次試験が行われます。一次試験では「障害者福祉の基礎知識」・「聴覚障害者に関する基礎知識」・「手話通訳のあり方」・「国語」の各分野から出題されます。
一次試験の合格基準は、全ての科目において得点があり、かつ、4科目の総合点の60%程度を基準として、必要に応じて問題の難易度で補正した点数以上の得点を得たもの、と記されています。
『受験の手引き』より抜粋

受験資格

手話通訳技能認定試験一次試験受験者

講師

片桐正善
日本福祉教育専門学校専任教員、手話通訳士試験対策講座講師
相川 浩一
手話通訳士試験模範解答集「聴覚障害者に関する基礎知識」解説執筆
小林君恵
手話通訳士試験模範解答集作成担当
日本福祉教育専門学校教員 手話通訳士実技試験対策講座講師
根岸 亜紀
手話通訳士試験模範解答集「国語」解説執筆

受講申込方法

  1. ①受講内容等をご確認の上、「受講申込書」をご郵送ください。
  2. ②開講決定後、受講決定通知と受講料振込書をお送りします。
  3. ③期日までに受講料をお振込みの上、受講料振込書をご郵送ください。
  4. ※最小開催人数(9名)に達しない場合、開催しないことがあります。

その他

  • ・講座は日本福祉教育専門学校 高田校舎(東京都豊島区高田3-6-15)で行います。
  • ・附帯教育のため、学割の通学定期は購入できません。
  • ・車、自転車、オートバイでの来校はご遠慮下さい。
  • ・受講料の返金は原則としてお受けできませんのでご注意下さい。

【お申込み・お問い合わせ先】

学校法人敬心学園 日本福祉教育専門学校
手話通訳士学科試験対策講座担当:教務課 鈴木
住所:〒171-0033 東京都豊島区高田3-6-15
電話:03-3982-2511(平日9時00分~16時45分)
FAX:03-3982-5133