TOP

  1. トップ
  2. 資格
  3. 社会福祉主事任用資格

社会福祉主事任用資格

社会福祉主事任用資格とは

社会福祉主事は、都道府県、市及び福祉事務所を設置する町村に置かれる職であり、福祉事務所を置かない町村においても社会福祉主事を置くことができます。
また、社会福祉主事として任用されるための資格のことを、社会福祉主事任用資格といいます。
社会福祉主事任用資格は、福祉事務所の職員(ケースワーカー)として任用される要件を満たすものです。
ただし、民間の福祉施設などでも、「生活相談員」といった職種名で、「社会福祉主事任用資格取得者を希望する」といった内容の求人が出される場合もあるため、就職先は必ずしも公務員に限りません。

社会福祉主事の仕事はこのような内容です

社会福祉主事の仕事はこのような内容です
社会福祉主事に向いているのはこんな人。
社会福祉の分野に興味がある人。困っている人を放っておけない正義感の強い人。
人と協力し合うことが好きな人。
やりがいや魅力はどんなもの?
不安を抱えた利用者が自分のアドバイスによって「笑顔」をみせてくれる瞬間が1番のやりがい。
また問題が解決したときの「喜び」も魅力です。
代表的な職場は?
社会福祉行政・相談機関、特別養護老人ホーム、老人保健施設、障害者施設、社会福祉協議会など
利用者はどんな人?
病気、貧困、高齢などを理由に日々の生活で困っている人、また福祉施設や国に対してなにかしらの手助けを求めている人です。
社会福祉主事に求められているものとは?
福祉に対する疑問・不安に対して親身になって応えてもらいたい。
自分たちの生活をきちんと理解し、快適な生活へと導いてほしい。
応えるのに必要なもの。
社会福祉のことに関して受け答えができるだけの幅広い知識が求められます。
また、親しみやすいコミュニケーション力も必要です。

社会福祉主事の活躍の場

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、社会福祉協議会、デイサービスセンター、病院・医院、精神障害者社会復帰施設 など

日福で学ぶメリット!!

  • 実務に精通した充実した授業内容。
  • 福祉現場との確かなパイプラインによる就職の徹底サポート。

資格取得を目指せる学科