【手話通訳コース】「もうろうをいきる」映画を観てきました!

「もうろうをいきる」

 

映画を観てきました!

 

セミの鳴き声と共に、秋風も感じられるようになってきました。

皆さん、いかがお過ごしですか?

 

手話通訳コース1年生です。

約3週間の介護初任者研修を無事に修了することができ、

残り僅かの夏休みを満喫しております。

 

先日、

「もうろうをいきる」

という映画を観ました。

 

この映画はバリアフリー上映と言って、

日本語字幕が付いており(聴覚障害者対応)、

さらに音声ガイド(視覚障害者対応)も付いていました。

 

FBIMG_0072_2
 

もうろうは漢字で

“盲聾”

と書きます。

 

視覚と聴覚障害を持っている人を指します。

 

この映画は日本各地にいる盲聾者を

取材したドキュメンタリーです。

 

私自身、日福に入学して、初めて盲聾者と出会う機会があり、

触手話(盲聾者の手に触れて行う手話)で会話したことがありますが、

とても緊張します。

 

なぜなら、私の顔の表情や口型が相手に伝えることができない(見えない)からです。

 

私の手の動きで、全てを伝えなくてはなりません。

 

盲聾者とお話する度に、

もっと手話の技術を磨かなければならない!と、奮起します。

 

映画の中で「手話で話してくれて、嬉しい」と、

言っている場面がありました。

 

私が今、学んでいる手話も盲聾者の言葉の1つです。

それがいつか、役に立つことができるよう、

さらに頑張ろう!と、いう気持ちになりました。

 

 

 

入学を希望される方、ご興味がある方、

まずはぜひ資料をご請求ください。

<資料請求はこちらから>

http://www.nippku.ac.jp/form/request/

 

 

あなたのは、想像以上。

 

日本福祉教育専門学校

 

 

 

 

社会福祉学科

 

手話通訳コース
http://www.nippku.ac.jp/faculty/14/

 

音楽療法コース
http://www.nippku.ac.jp/faculty/15/

 

カテゴリー: 手話通訳士 | タグ: , , , , , , , , | コメントをどうぞ