1. トップ
  2. 2016年トピックス一覧
  3. 『介護ロボットに触れてみよう!!』を開催しました!

『介護ロボットに触れてみよう!!』を開催しました!

2016/03/03

介護福祉学科 卒後教育

「日本介護福祉実践研究会」が

『介護ロボットに触れてみよう!』を

開催しました!

 

◆今回お招きしたゲスト講師◆
講師:
新倉 昭人 先生、山本 真理子 先生

新倉 昭人 先生
大和ハウス工業株式会社 営業本部
ヒューマン・ケア事業推進部 ロボット事業推進室
東日本ソリューション営業グループ グループ長

山本 真理子 先生
大和ハウス工業株式会社 営業本部
ヒューマン・ケア事業推進部 ロボット事業推進室

【コミューンを実演解説いただく新倉先生】
 

image876_1

現在、様々な場面で活躍している介護ロボット。

最近ではPepperを使ったレクリエーション活動や
認知症ケアも開発され、注目度が高まっています。

このたび、
介護福祉学科の卒後教育
「日本介護福祉実践研究会」の一環として、

大和ハウス工業から講師を招き、
介護ロボットについての講義に、たくさんの介護ロボット実演と、

現場での活用方法や導入効果などを説明いただきました。

【ヒューマニーを実演いただく山本先生】
 

image876_2

【授業内容】

≪講義≫ 
「地域生活を支える新たな仕組み
~自立支援ロボットについて~」

昨今のロボットによる介護事業の状況について説明いただきました。
・高齢化の推移と将来人口推計
・ロボット介護機器導入の社会的意義
・ロボット技術の介護利用における重点分野
・介護ロボットに関する特別世論調査結果

介護者 ・利用者の双方へのアンケート結果を開示くださいました
利用者も約6割の方がロボットによる介護に抵抗はないと回答している等。

≪ロボットの解説≫

◆ロボットスーツ「HAL(R)」

体に装着することによって、身体機能を改善・補助・拡張・再生することができる
画期的なサイボーグ型ロボット。

脚に障がいを持つ方の身体機能の改善や、脚力が弱くなった方の
脚力・歩行機能をサポートし、
歩くことの素晴らしさを感じていただくことを願って誕生した
画期的な装着型ロボット。

利用者だけでなく、重介護ゼロ社会の実現に向けて、
介護者を支援する「HAL介護支援用(腰タイプ)」もあります。

この「介護支援用」は、
介護者が介護動作を楽に行うことを支援できるため、
介護施設や病院での労働環境改善、労働災害防止へ
期待されています。

 

<実演を行いました>
腰タイプを身に付けて

立ち上がりの介助を行い効果を実感する実演を行いました。

※『CYBERDYNE』、『ROBOT SUIT』、『ロボットスーツ』、
『ROBOT SUIT HAL』、『ロボットスーツHAL』、『HAL』、 『Hybrid Assistive Limb』 は、
CYBERDYNE株式会社の登録商標です。 

◆メンタルコミットロボット「パロ」

アザラシ型ロボット。
人工知能やセンサーが内蔵されており、
声をかけたり触れたりすると、
まるで本物の動物のような仕草や鳴き声で反応します。

アニマルセラピーの効果があり、
2002年に世界で 最もセラピー効果のあるロボットとして
ギネスブックに認定されています。

※「パロ」は株式会社知能システムの登録商標です。 

◆尿吸引ロボ「ヒューマニー」
尿吸引ロボット。
パットに内蔵されたセンサーが尿を検知し、タンクに自動吸引します。
最大の特徴は、長時間お肌を濡らさないこと。
パットに残る水分量は0.5gと微量なため、肌が濡れず快適に過ごせるほか、

介護者の夜のおむつ交換がなくなる等の効果があります。

介護負担の軽減に繋がると期待されています。


<実演を行いました>
山本先生が、実際に専用パッドに水を流し、
タンクに自動吸引される模様を
実演してくださいました。

「ヒューマニー」「HUMANY」「Humany」は、
ユニ・チャーム株式会社の登録商標です。

 

◆卓上型対話支援システム「コミューン」

耳につけない卓上型聴こえ支援機器

難聴者側で補聴器を装用し、聴こえを改善するのではなく、
「話をする側で聴こえを改善する」
逆転の発想から生まれた卓上型聴こえ支援機器です。

聞き取りづらい高周波の音をクリアに発する仕組みを持ったスピーカーにより、

より聞き取りやすい音声として反響させるスピーカーとマイクのセット。
聴覚障害の方だけでなく、高齢者のテレビ音量騒音の解消等にもつながっている。

<実演を行いました>
新倉先生が、講義を行っていただいている間、
このコミューンを活用してくださいました。
そのため、聴講者にはクリアに新倉先生の言葉が聴こえました。
コミューンを使わない場合と、使った場合の聴こえの違いも
実演くださいました。

※「COMUOON」は
ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社の登録商標です。

 

◆高齢者疑似体験システム「シニアポーズ」
7つのシミュレーターによって高齢期体験や片マヒなど
さまざまな疑似体験ができます。

加齢にともなう、身体変化を日常生活のさまざまな不自由を
体験することで、対象者理解を深めます。

~高齢期体験~
・視覚シミュレーター(白内障など)
・聴覚シミュレーター(老人性難聴)
・円背シミュレーター(骨粗鬆症・円背)
・五十肩シミュレーター(五十肩)
・膝関節拘縮シミュレーター(骨粗鬆症・円背)

~片マヒ体験~
・肘拘縮シミュレーター
・内反尖足シミュレーター

※「シニアポーズ」「SENIORPOSE」は、
大和ハウス工業株式会社の登録商標です。

【リフトの際にも腰の負荷を低減してくれます。】 

image876_3

新倉先生、山本先生、お忙しい中
貴重な講演をありがとうございました!

参加くださった皆さまも、
展示会などに行ってもなかなか実演の体験まで
出来なかったり、じっくり話を聞けなかったりするから
非常に有意義で楽しい講義だったとご満足の様子でした!

日本福祉教育専門学校では、
福祉現場にこれから加速度的に導入されていくことが
予想されているロボットに、学生が将来対応できるよう、
教育の場にロボットを取り入れて行くべく、

計画を練っております。

「介護教育×ロボット=日福」にどうかご期待下さい!

 

【日本介護福祉実践研究会とは】 

日本福祉教育専門学校 介護福祉学科の卒後教育の場として、
平成27年度から本格的に活動をスタートしました。

実践現場での事例検討や研究発表を通じて、質の高い介護福祉士を目指します。

https://www.facebook.com/nihonfukushikaigojissen/

日本福祉教育専門学校

介護福祉学科
http://www.nippku.ac.jp/faculty/13/

【パロを抱いてかわいがる在校生】 

image876_4

×閉じる

オンラインオープンキャンパス
オンラインオープンキャンパス