トピックス

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための各種変更点について【2020.4.24】

2020/04/24

第2報「新型コロナウイルス感染症拡大防止のための各種変更点について」

日本福祉教育専門学校

校長 大谷 修

 

本校では日本政府の緊急事態宣言を受けて、5月6日(水)まで、学校への登校をともなう教育活動の自粛決定をみなさまにお知らせいたしました。

しかし、残念なことに、その後の新型コロナウイルス感染症拡大終息の見通しが立っているとは言えない状況が続いています。

こうした中で、苦渋の決断ではございますが、本校といたしましては、学校への登校をともなう教育活動の自粛を5月末日まで(予定)延長することを決定いたしました。

 

新入生、進級生のみなさまには、ご心配とご不安をお掛けしている事と思いますが、年間の教育活動スケジュール等を調整し、当初から予定されている授業時間数・内容を確保できるように準備しております。

———————————

■言語聴覚療法学科・ソーシャルケア学科・介護福祉学科: 進級生・新入学生

 

この時期の学習を確保するために「専門学校設置基準」では、「多様なメディアを高度に利用して、当該授業を行う教室等以外の場所で履修させることができる」とあることを踏まえ、

言語聴覚療法学科・ソーシャル・ケア学科

5月末日まで(予定)の授業は課題学習もしくはインターネットを利用した学修等に振り替える方針を決定

 

介護福祉学科

5月末日まで(予定)の授業は課題学習を中心とした学修等に振り替える方針を決定いたしました。

———————————

■社会福祉士養成(学)科・精神保健福祉士養成(学)科:新入学生

 

年間の教育活動スケジュール・学外実習等を各関連機関(厚生労働省や東京都福祉保健局、一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟等)と連携をしながら調整し、当初から予定されている授業時間数・内容を確保できるよう手段等含め検討・準備を進めております。

 

延長決定に伴い、現在実施しておりますオンラインでの授業動画配信をはじめとした代替措置を5月末日まで(予定)延長することといたしました。

———————————

新年度に学生の皆さんと顔を合わせないまま、代替方法による授業を行わざるを得ないことは大変残念ではありますが、現在の危機的な状況を考えますと、学生のみなさまの健康と、保健・医療・福祉の専門職を目指す学生としての自覚に基づき、学びをスタートすることが重要と考え、このような決定に至りました。本決定についてご理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 

※当面の学修の開始に際して必要なガイダンスについては、資料の送付・学内G-mailでのご連絡に代えさせていただきます。

※再変更後の予定につきましては新型コロナウイルス感染症の状況に応じ、更に予定が変更となる可能性もありますので、ご了承願います。

※健康診断につきましては、詳細が決まり次第お知らせいたします。

 

 

>>>授業の代替措置に伴う禁止事項について(2020.4.28)

 

 

各種問い合わせ先についてはこちら>>>

※GW期間中(4/29~5/6)は問い合わせ窓口はすべてお休みとなりますのでGW明け(5/7~)より順次回答いたします。ご了承ください。

ページの先頭へ

×閉じる

オンラインオープンキャンパスオンラインオープンキャンパス