トピックス

相談援助実習指導~先輩から学ぼう~|社会福祉士養成学科

2021/05/20

こんにちは。日本福祉教育専門学校入試広報課です。

 

本日は、社会福祉士養成学科(昼間部)の『相談援助実習指導』の様子をレポートします。

この授業の目的の一つに「実際に実習を行う実習分野や利用者について、施設・事業者・機関・団体・地域社会等に関して述べることができるようになる」というものがあります。

 

前回までの授業で学生は実習施設等について調べて発表しましたが、今回は更に職業、施設、就職への理解を深める為に卒業生による特別講演を行いました。

今回は2名の卒業生に来校していただき、それぞれの資格を目指したきっかけから学生生活・実習について、更には就職先や業務内容、今後のキャリアビジョンなどを講演いただきました。

 

①八木さん(2017年卒業生) ※大卒新卒からの入学

八木さんは現在、障害者支援施設で生活支援員として働かれています。

 

現在の職場は実習でお世話になった施設で、実習の際にアルバイトで働いてみないかとお声掛けを頂いたのがきっかけとのこと。

八木さんは「実習は学びの場だけではなく、就職活動になる可能性も!受身になるのではなくコミュニケーションや主体性を持つことが大切です。」

とおっしゃっていました。

IMG_1699

八木さんは通学部で社会福祉士を所得した後、働きながら本校の通信教育部で精神保健福祉士も取得されW資格取得保有者です。

資格取得のモチベーションは「利用者さんの気持ちがもっと知りたい」という気持ちが大きかったそうです。

 

 

②大泉さん(2019年卒業生) ※社会人からのキャリアチェンジ

大泉さんは現在、児童擁護施設で働かれています。

 

入学時に学科教員からアドバイスを受け、少しでも現場の経験を積もうとボランティアを始めそれがインターンシップ⇒採用試験⇒就職へと繋がったそうです。

IMG_1704

 

講演後の質問コーナーでは学生さんから多くの質問がありました。

 

IMG_1725

「進路先を明確化するにはどうすれば良いか」という質問にはお二方とも

「見学・ボランティア等で現場に行くのが一番です」とおっしゃっていました。

現在はオンラインで見学会を行っている施設もあるようなので、とにかく自分で行動を起こすことが大切ですね。

 

 

IMG_1737

その後は教員や就職課の職員からも座談会形式でもお話を聞かせていただき、今回の卒業生講演はお時間になりました。

卒業生のみなさん、お忙しい中、貴重なお時間をご提供いただきありがとうございました!

 

日本福祉教育専門学校では1年間、みなさんの資格取得・就職活動を教職員も皆様を全力でサポートしています。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚

本校では来校型オープンキャンパスオンライン型オープンキャンパスを開催しております。

 

週末だけでなく、平日学校説明会・個別相談会も来校・オンライン(ZOOM・LINE)どちらからでも参加いただけるようにご案内しています。

 

全学科AO入試は6月よりAO面談がスタートとなります。

進学決定のスタートダッシュに向けてご進学を検討いただけるように来校でもご自宅からでもご参加いただけるように進学サポートさせていただきます。

ぜひオープンキャンパス・学校説明会・個別相談のご参加を心よりお待ちしております。

オープンキャンパス開催日程・ご予約はこちら>>

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚

 

 

ページの先頭へ

×閉じる

オンラインオープンキャンパスオンラインオープンキャンパス