1. トップ
  2. 2016年トピックス一覧
  3. 【授業紹介】 『昭和館』へ行ってきました。 ソーシャル・ケア学科

【授業紹介】 『昭和館』へ行ってきました。 ソーシャル・ケア学科

2016/05/31

社会福祉士と介護福祉士のダブル取得を目指す

ソーシャル・ケア学科1年生が

昭和館』を見学しました。

 

皆さんこんにちは。

ソーシャル・ケア学科専任講師の松永です。

 

ソーシャル・ケア学科1年生が校外学習として、

東京九段下にある「昭和館」に行ってきました。

近くには武道館もあります。

 

昭和館は戦前、戦後の暮らしを展示してある国立の施設です。

近い将来、介護福祉士、社会福祉士として働く時に、

支援の対象となる方は昭和時代を生きてこられた方が

多くいらっしゃいます。

 

その方々の暮らしてきた時代を理解することは、

介護福祉士としても社会福祉士と手しても、

とても大切なことです。

 

6階、7階が常設展示ゾーン。 他の階には図書室、映像視聴室もあります。

6階、7階が常設展示ゾーン。
他の階には図書室、映像視聴室もあります。

 

 

初めて見るもの、知ること。

みんな真剣に見入っています。

 

ある学生がつぶやきます。「命の危険にいつもさらされていたなんて・・・。 大変な時代だったんだなあ」

ある学生がつぶやきます。「命の危険にいつもさらされていたなんて・・・。
大変な時代だったんだなあ」

 

「これ、おばあちゃんの家でみたことがある!」

「これ、おばあちゃんの家でみたことがある!」

 

体験コーナーもあります。

井戸水を汲んでみるという体験コーナー。

 

学生が挑戦です。

学生が挑戦です。

 

意外と大変です。

意外と大変です。

 

こちらは、戦争中の「国民服」「もんぺ」と呼ばれた服を着る体験コーナー。

こちらは、戦争中の「国民服」「もんぺ」と呼ばれた服を着る体験コーナー。

 

おしゃれのできなかった時代に思いをはせています。

おしゃれのできなかった時代に思いをはせています。

 

昔の曲が聞けるコーナーで視聴。

昔の曲が聞けるコーナーで視聴。

 

「青い山脈」を聴いています。

「青い山脈」を聴いています。

 

と、様々な資料を目にして、触れて、体験しました。

 

今回の『昭和館』見学は、

今後高齢者福祉施設などで実習にあたる1年生にとって

第二次大戦前からの日本の歴史に触れる機会を持つことで

高齢者がどのように生きてきたか、暮らしてこられたかを知り、

今の暮らし(生活)をつかむためにどのような経験・体験を経てきたかなどを学ぶことで、

対象者理解につなげてもらうための授業として行われました。

 

約2時間半の滞在時間の中で たくさんのことを学べた昭和館見学でした。

約2時間半の滞在時間の中で
たくさんのことを学べた昭和館見学でした。

 

ソーシャル・ケア学科の独自科目『総合福祉』では、

福祉に携わる専門職としての心得や感性を学ぶために、

今回の昭和館のほか、平和記念館や国際福祉機器展の見学など、

学校外の施設や福祉機器の見学なども行っています。

 

日本福祉教育専門学校

\社会福祉士・介護福祉士のW資格を目指せる/

ソーシャル・ケア学科

http://www.nippku.ac.jp/faculty/12/

※高校卒業以上対象学科※

 

 

×閉じる

オンラインオープンキャンパス
オンラインオープンキャンパス