1. トップ
  2. 2016年トピックス一覧
  3. 【メディア】産経新聞(7/6)『世代の現場から 2016参院選 介護・福祉』に本校・介護福祉学科2年生が掲載されました。

【メディア】産経新聞(7/6)『世代の現場から 2016参院選 介護・福祉』に本校・介護福祉学科2年生が掲載されました。

2016/07/06

介護福祉学科 2年生

須田小波さんが

産経新聞に掲載されました

 

取材の様子

取材の様子

 

7月10日の参院議院選挙に向けた

産経新聞の連載企画

「世代の現場から 2016参院選」

介護・福祉特集記事に、

本校・介護福祉学科2年生の須田小波さんが掲載されました。

 

国を挙げて、介護職の待遇見直し・改善案が議論されている中迎える

今回の参院選。

 

それだけに、介護分野への注目度も高く、

介護福祉士を目指して、現在養成校で学んでいる

若い世代の学生の生の声を聞きたいとのことで

取材依頼をいただきました。

 

インタビューに答えている様子

記者からのインタビューに答えている様子

 

介護の仕事に関して持っているイメージについて、

なぜ介護の仕事を志すようになったのか、その経緯、

須田さんの今回の選挙への想いなどについてインタビューがあり、

その内容が、本日7/6発売の産経新聞朝刊、社会面に掲載されております。

 

実際に車イスを操作している様子を撮影

実際に車イスを操作している様子を撮影

 

須田さんは選挙について、

介護の仕事はとても魅力的な仕事なのに、

良くないイメージが先行している影響で、人手不足を痛感していることに触れ、

選挙では、介護の影の部分を強調する人ではなく、

介護職の良い部分をしっかり分かってくれる人に投票したい

介護の仕事に進む一人として、メッセージを回答しました。

 

介護の仕事は、利用者一人ひとりに寄り添って

その人に合った支援ができる

とても魅力的でやりがいがある仕事。
介護福祉士を養成している教育機関として、

広く世の中にこのことが伝わり、

介護の仕事を積極的に目指す方が、

一人でも多く増えていくことに繋がることを

心より願っております。

 

そして、介護の仕事を目指す方を

本校は、これからも全力で応援してまいります。

 

日本福祉教育専門学校

 

\新しい介護の学びをあなたに/

介護福祉学科

http://www.nippku.ac.jp/faculty/13/

×閉じる

オンラインオープンキャンパス
オンラインオープンキャンパス