1. トップ
  2. 2016年トピックス一覧
  3. 【授業紹介】株式会社やさしい手より特別講師をお招きし、訪問入浴や福祉用具について学びました 介護福祉学科/ソーシャル・ケア学科

【授業紹介】株式会社やさしい手より特別講師をお招きし、訪問入浴や福祉用具について学びました 介護福祉学科/ソーシャル・ケア学科

2016/08/30

介護福祉学科とソーシャル・ケア学科が、

 

株式会社やさしい手のみなさんをお招きして

 

 

訪問介護や訪問入浴、

 

福祉用具について学びました!

 

先日、介護福祉学科とソーシャル・ケア学科が

訪問介護や訪問入浴、福祉用具について学びました!

 

在宅介護事業を基本としている

株式会社やさしい手より職員の方や

介護スタッフの方を実際にお招きし、

特別授業をしていただきました!

 

間近で見るプロの仕事に興味津々!

間近で見るプロの仕事に興味津々!

 

【特別授業の内容】

~講義~

●訪問介護とは

●訪問介護の位置づけ、目的、役割

●訪問介護のサービス内容

●総合事業

●サービス提供責任者の仕事

●地域包括ケアシステムについて

●定期巡回、随時対応サービスとは

●定期巡回、随時対応型訪問介護看護サービスの特徴

 

~実演~

◎訪問入浴介護デモンストレーション

 

訪問介護や訪問入浴、訪問介護に活用する福祉用具について

現場で使用する機器を使って実践している様子を

実際に見聞きできる機会はなかなかありません。

実習とはまた違った体験・体感をする授業となりました!

 

訪問入浴介護で実際に使用している機材を使った

デモンストレーションを見学させていただくことができました。

 

学生が高齢者役になって、

訪問から入浴までの一連の流れを体験・体感します!

 

学生からは「気持ちいい!」との感想が♪

学生からは「気持ちいい!」との感想が♪

 

スタッフの方は優しく声掛けをすることから始めて、

支援する高齢者の体に負担がかからないように

浴槽まで移動させます。

 

3人体制で行う手厚いケアなので、

利用者の健康状態の変化には

すぐに気づくことができるそうです。

 

ゆっくりとお湯につかりますが、

お湯から出ている体の部分は

温かいタオルで覆い、

体が冷えないように配慮します。

 

細かな配慮が、健康維持に繋がります!

細かな配慮が、健康維持に繋がります!

 

こういった細かな配慮がないと、

利用者にとって快適な入浴とはなりません。

また、支援する高齢者にとって、

入浴は褥瘡(じょくそう)治療の

手助けをする役割もあるとのことです。

 

入浴はこういった身体的効果だけではなく、

精神的な喜びにも繋がります。

入浴を諦めてしまう高齢者の方の、手助けをする。

それが訪問入浴介護なのです。

 

 

福祉用具についても、紹介していただきました!

 

今は音声で転倒の危険性を伝えたり、

認知症の方がご家族の不在時に外出した際に

自動的に家族に伝えることができる

福祉用具があります!

 

転倒しそうになったら音でお知らせします!

転倒しそうになったら音でお知らせします!

 

見た目が可愛らしいものであったり、

あまり重たくならないよう細かな配慮がされています。

 

こんなに可愛らしい福祉用具もあるんです!

こんなに可愛らしい福祉用具もあるんです!

 

学生にとって、

プロの方の介助技術を間近で見ることや、

福祉用具の実物に触れ、その知識を得たことは、

非常に貴重な体験となりました。

 

 

ゲスト講師をお招きして行う特別授業は、学生にとって大変刺激になります!

ゲスト講師の特別授業は、学生の実践力に直結!

 

やさしい手の介護スタッフの方々の

プロの動きを見られたことは、

将来学生たちが、介護現場に出たときに、

今回の授業を思い出すことで、

より一層スムーズに動けることと思います!

 

 

日本福祉教育専門学校の介護福祉学科では、

今後も外部より特別講師をお招きして、

より実践的な授業を行ってまいります!

 

介護福祉士+α資格も取れる

\新しい介護の学びをあなたに/

介護福祉学科

http://www.nippku.ac.jp/faculty/13/

 

 

\社会福祉士・介護福祉士のW資格/

ソーシャル・ケア学科

http://www.nippku.ac.jp/faculty/12/

 

 

 

 

 

×閉じる

オンラインオープンキャンパス
オンラインオープンキャンパス