1. トップ
  2. 2016年トピックス一覧
  3. 【MeMoカフェ】3/26(土)にオープンしました♪ MeMoプロジェクト 認知症ケア活動

【MeMoカフェ】3/26(土)にオープンしました♪ MeMoプロジェクト 認知症ケア活動

2016/03/27

『MeMoカフェ』(認知症カフェ)

3/26(土)に

オープンしました!

 

【MeMoカフェの様子】

【MeMoカフェの様子】

 

この豊島区高田地域で30年以上もの間、
教育機関として福祉教育を展開している当校として、
少しでも地元地域に恩返しや貢献ができればと、
MeMo(ミーモ)プロジェクトという認知症ケア活動プロジェクトが
立ち上がり、活動いたしております。

 

【前回のMeMoカフェの様子を 写真展のようにしてみました】

【前回のMeMoカフェの写真を展示。
廊下の壁を写真典のようにしてみました】

 

先日2/27(土)に初オープンした、
「MeMoカフェ」(認知症カフェ)を
今月も開催いたしました。
 
今回も地域住民の方を中心に、
たくさんの方がご来店くださいました。
 

【MeMoカフェは高田校舎で開店します♪】

【MeMoカフェは高田校舎で開店します♪】


 
参加費は、100円だけ頂戴しますが、
コーヒー、紅茶、お茶のおかわり自由、
お菓子もたくさん召し上がっていただけます。
 
学生が注文を伺います

学生が注文を伺います

 

注文いただいたお飲物を、学生が作ります。

注文いただいたお飲物を、学生が作ります。

 

注文いただいた

注文いただいたお飲物をお出ししながら楽しくお話しもします。

 

前回大変好評だったのですが、今回も、
当校で音楽療法士を目指して現在学んでいる
音楽療法コースの学生の伴奏で
参加くださった皆さんと学生が一緒になって
「懐かしい」歌をたくさん歌いました♪♪♪

 

生演奏に乗せて楽しく唄います。

生演奏に乗せて楽しく唄います。

 

【楽しく一緒に懐かしい歌をたくさん唄いました】

学生もみなさんと一緒に歌っています。

 

【お一人お一人に歌詞を書いた歌集をお渡ししています】

お一人お一人に歌詞を書いた歌集をお渡ししています。

 

一緒に唄っている学生も楽しそうに唄っていました。

一緒に唄っている学生も楽しそうに唄っていました。


 
「前回の様子を見て参加しに来た」と
音楽療法コースの卒業生も飛び入りで参加して、
ギターを弾いてくれました♪

 

【ギターを弾く卒業生】

【ギターを弾く卒業生】


 
なんとMeMoカフェは、
歌を唄うときだけではなく、
音楽療法コースの学生が
常に電子ピアノでBGMを生演奏するんです。

 

オレンジリングをつけてピアノを演奏する学生

【笑顔でピアノを演奏する学生。オレンジリングを付けて♪】


 
参加くださった皆さんと学生が一緒になって
たくさん唄いました♪♪♪

 

唄っていないときは、楽しいお話しで盛り上がります

【唄っていないときは、楽しいお話で盛り上がりました。】


 
前回のMeMoカフェで音楽と同じく好評でした、
パズルサークルの学生が
今回もパズルをたくさん持って参加してくれました。

 

パズルの話で盛り上がっています。

【パズルの話で盛り上がっています。】

 

組み合わせるときに考えながら頭を使うので
ちょっとした脳のトレーニングにもなるので
認知症予防にも良いかもしれませんね♪

 

コースターパズルの解説をする学生

学生がコースターパズルの解説をします。

 

今回初めてコースターパズルに挑戦

今回初めてコースターパズルに挑戦


 
パズルサークルの学生が独自に作っているパズルは
遊びでもあるのですが、すこし難しいので、
出来たときは想像以上に嬉しいんですよ。

 

出来ました!

出来ました!

 

そして今回のMeMoカフェには、
ご家族に認知症の方がいらして、
相談をしたり、情報を知りたいという方が
ご来店くださいました。

 

お話しを聞いて、相談に乗る武先生

【お話しを聞いて、相談に乗る武先生】


 
先日MeMoプロジェクトとして開催した
認知症公開講座にも参加くださった方でした。
 
講座の際に、このMeMoカフェの案内を聞いて
今回初めて参加くださったそうです。
 
高齢分野専門の武先生が、
くわしくお話しを聞いて、相談に乗らせていただきました。

 

先生の後は、学生が楽しくお話ししました

【先生の相談の後は、学生が楽しくお話ししました。】


 
MeMoカフェが、少しでもお役に立てれば光栄です。
 
今回ご参加くださった方のように
ご家族や身近な方に認知症の方がいらっしゃる方、
情報収集や交流の場として活用いただける
MeMoカフェぜひお気軽にご参加ください。

 

先生の後は、学生が楽しくお話ししました。

スマホの写真を紹介したりもして、いろいろ会話が弾みました。


 
真剣な相談から、福祉を学ぶ若い学生との
楽しいコミュニケーションもできるのが
MeMoカフェのいいところですね!

 

 

さらに今回はこんな方もいらっしゃいました。
 
今度、ご自身も認知症カフェ開催を考えていて
実際に参加してみたいと参加くださいました。

 

お話しをする、社会福祉士養成科の張先生

【お話しをする、社会福祉士養成科の張先生】

 

さらにはこんな方も。

 

普段なかなか外出機会が無いため、
たくさんの方と交流できていなかったけれども
町内会の方にMeMoカフェのことを紹介され
ご子息と一緒に参加くださったそうです。

 

楽しい会話に笑顔が溢れます

【楽しい会話に笑顔が溢れます】


 
今週卒業したばかりの、
ソーシャル・ケア学科の学生と
社会福祉士養成科の張先生と
会話を楽しんでいただけたご様子でした。

 

お茶も召し上がっておくつろぎいただきました。

お茶も召し上がっておくつろぎいただけたご様子でした。

 

生演奏に乗せて、懐かしい歌みんなで一緒に歌い、
パズルを行ったり、会話を楽しんだりと、
たくさんの笑顔が溢れ、今回も大変盛況となりました。

 

笑顔で学生と一緒にお話ししている様子

【笑顔で学生と一緒にお話ししている様子】

 

ご来店くださった皆さま、
ありがとうございました!

 

「MeMoカフェ」は、
これからも継続して開催していきます。

 

認知症の方やそのご家族に少しでもお役に立てる場を作り、
また、近隣をはじめ、豊島区内の住民の方や、
地域活動グループ・町会・商店会などの団体の方をはじめ、
認知症ケア活動に参加したい、詳しく知りたい方にも、
地域の方と交流したい、若い世代の学生と話がしたいという方にも
集っていただき、気軽に楽しく交流できる
認知症カフェにしてまいりたいと思います。

 

次回のMeMoカフェは、

 

♪次回のチラシ♪

♪次回のチラシ♪

 

4月29日(祝・金)13:30~

 

にオープンいたします!

 

今回参加くださった皆さまも、参加できなかった方も、
是非、お誘いあわせのうえ、お越しください。

 

皆さまのご来店を、心よりお待ちしております。

 

こちらの記事を読んでくださっている方で、
身近に認知症について知りたいという方や、
実際に悩まれている方がいらっしゃいましたら、
ぜひMeMoカフェのことをご紹介ください。

 

 

 

今回のMeMoカフェが閉店した後、、、
 
参加した学生ボランティアと教職員で
楽しく反省会を行いました。
 

お茶とお菓子を食べながら反省会

お茶とお菓子を食べながら反省会


 
参加した学生それぞれの感想を中心に
楽しくお話ししました。
 
実習をたくさんしていたことが役に立った

笑顔で感想を話す学生たち


 
お茶とお菓子を食べながら

お茶とお菓子も進みます。

 

参加した学生は、みなさん
「実習をたくさんやってきたことがここで役に立った!」
と口を揃えて話していました。

 

福祉教育の専門学校である当校が行う
認知症カフェの醍醐味がここにあるかもしれません♪

 

最後までお読みくださいまして、
誠にありがとうございました。
 

ご来店お待ちしております♪

ご来店お待ちしております♪


 
MeMoカフェにぜひ一度ご来店ください。

 

日本福祉教育専門学校

 
 

【認知症カフェとは・・・】

認知症の方やその家族、
地域住民、専門職など、誰もが参加できて、
集まって悩み相談や情報交換をすることで、
認知症の方の地域での日常生活・ご家族支援に繋げられる場所です。
 

 

認知症カフェ開催には・・・

【認知症の方とそのご家族にとっては】
「安心して過ごせる場所」
「気軽に相談できる場所」
「自分たちの思いを伝えられる機会」
にしていただきたいという想いがあります。
 

【認知症ではない地域住民の方にとっては】
「認知症の方やその家族と出会う場所」
「認知症のことや認知症ケアについて知る場所」
「もし自分や自分の家族が認知症になった時に安心して利用できる場を知る機会」
にしていただき、地域で認知症のご家族を優しく見守り、
時にはお互いに助け合える関係作りの場所にも
していただきたいとの想いがあります。

 
 

MeMoプロジェクトとは・・・
 

認知症の方やご家族、地域の方々が
安心して住み慣れた街で過ごせるように、
「MeMoカフェ(認知症カフェ)」・「認知症サポーター養成講座」・
「認知症に関する公開講座」などを
当・日本福祉教育専門学校が提供する認知症ケア活動です。

 
 

MeMo(ミーモ)の由来・・・

認知症の方やご家族の方だけではなく、Me(自分)Mo(も)認知症の理解を深める。
そして地域の活動にMe(自分)Mo(も)参加するといった意味が込められています。
 

文字通り、MEMO(メモ)を思わず取りたくなるような情報交換の場であったり、
Memory(記憶)に残る交流の場にしたいという想いも込められました。