1. トップ
  2. 2016年トピックス一覧
  3. 【社会福祉士】行政で活躍するソーシャルワーカー

【社会福祉士】行政で活躍するソーシャルワーカー

2016/09/13

 

公的責任の変化と

行政で活躍するソーシャルワーカー

 

みなさん、こんにちは。

社会福祉士養成科 専任講師の東です。

 

今回は、

公的責任の変化と行政で活躍するソーシャルワーカー

についてご紹介します。

 

福祉の実施主体に関する論点、

すなわち公私関係は古典的な論点です。

 

わが国においては、

戦後の社会福祉制度が整備された時期に、

いわゆる措置委託制度が確立ました。

約50年間、行政が社会福祉法人に措置委託をするという方法が

社会福祉の中心でした。

 

【社会福祉における行政の役割】

介護保険制度の創設や、

社会福祉基礎構造改革によって、

社会福祉サービスの多くが措置から利用制度化され、

社会福祉における行政の役割は

福祉の実施主体から条件整備主体に替わってきています。

 

しかしながら、『地域包括ケアシステム』においても、

自助、互助、共助、公助、が想定されているように、

児童福祉分野などを中心に措置が残っていたり、

生活保護など行政が実施責任をもつものも少なくありません。

 

行政でなければ対応できない支援を担当するのが、

行政で活躍するソーシャルワーカーです。

 

【9月19日のオープンキャンパス】

ぜひご参加ください!

ぜひご参加ください!

 

9月19日(日)開催のオープンキャンパスでは、

学科説明に加えて、

 

『行政で活躍するソーシャルワーカー』

 

をテーマにした解説を行います。

 

具体的には、

「生活保護ケースワーカー」

「児童福祉司」

「福祉計画の立案」

などについての実際を説明します。

 

公務員(福祉職)をはじめ、

社会福祉士に関心をお持ちの皆さま、

社会福祉士の資格取得、転職を検討中の方々、

是非、ご参加ください。

 

ご予約・詳細は

http://www.nippku.ac.jp/event/opencampus.php?EID=1536

をご覧ください。

 

 

日本福祉教育専門学校

\創造力のあるソーシャルワーカーを育成します/

社会福祉士養成学科(昼間部)

http://www.nippku.ac.jp/faculty/01/

 

社会福祉士養成科(夜間部)

トワイライトコース

http://www.nippku.ac.jp/faculty/18/

ナイトコース

http://www.nippku.ac.jp/faculty/02/