1. トップ
  2. 2016年トピックス一覧
  3. 【特別授業】浅野史郎先生による特別講演「多様性のある社会-障害福祉の視点から」

【特別授業】浅野史郎先生による特別講演「多様性のある社会-障害福祉の視点から」

2016/10/07

浅野史郎先生による

 

「多様性のある社会-障害福祉の視点から」

 

をテーマに特別講演が行われました。

 

浅野史郎先生

講義をいただく浅野先生

 

【浅野史郎先生】

元・宮城県知事

元・慶應義塾大学教授

日本フィランソロピー協会会長

スペシャルオリンピック日本理事

厚生労働省厚生科学審議会専門委員

神奈川大学特別招聘教授

など数々の経歴を持ち多数の著書を出版。

※経歴の詳細は、ページ下部に記載しております。

 

 

この特別講演は、

社会福祉士養成科(トワイライトコース・ナイトコース)、

精神保健福祉士養成科(トワイライトコース・ナイトコース)の

授業として行われました。

 

 

該当クラスの学生だけでなく

他学科の学生や教職員も多く参加しました。

 

満席の会場

満席の教室

 

◆『多様性』とは

 

多様性のある社会とは、、、

障害者、外国人、難民、性的少数者などのマイノリティを排除せず、

暖かく包み込む社会。

 

日本には、マイノリティとされる方々もたくさんいます。

 

まさに

多様性のある社会が

求められる時代になりました。

 

しかし、そんな現代でも

障害者、特に重度の障害者は、

社会から排除はされなくとも、

 

見た目が違う

何もできない

かわいそう、、、

 

など“異質な存在”として

見られがちなのが現状です。

 

 

重度の障害者は、

本当に“不幸でかわいそうな存在”なのでしょうか?

 

いいえ、違います。

 

◆障害者は『THE CHALLENGED』

 

障害者は

“The Challenged By the God”

 

神様が

『勇気を出して障害を跳ね返してごらん!』

というメッセージ付きで障害を与えている

 

そして

障害を持って生まれたことは

神様から与えられた使命であり

選ばれた誇りある存在なのだと考えることで

その障害と“闘う勇気”を持つことができ、

勇気をもって行動する“意欲の源泉”を生み出すことができます。

 

学生に質問する浅野先生

学生に質問する浅野先生

 

◆Normalization(ノーマライゼーション)

 

障害者と健常者とは、

お互いが特別に区別されることなく、

社会生活を共にするのが正常なことであり、本来の望ましい姿です。 

 

多様性を容認できない社会は

 

“弱い社会”

 

障害者を“異質な存在”として扱うことは

私たちが“弱い社会”に生きている証となります。

 

◆街に慣れる/街が慣れる

 

重度の障害者も

 

自立したい

働きたい

友だちを持ちたい

家庭を持ちたい

普通の場所で、普通の生活をしたい

 

と思っています。

 

“人は人の中で人となる”

 

私たちは、

彼らの“声なき声”に耳を傾け、

施設の中だけでは叶えられない望みを叶えられる

社会を作る使命があるのです。

 

彼らを特別な存在として扱うのではなく、

ありのまま受け入れ、尊敬し、共生していく社会こそ

ノーマルなのです。

 

街のグループホームなどの施設で行う障害福祉の仕事は、

『あわれでかわいそうな障害者に何かいいことをやってやる』

という仕事ではないのです。

 

障害者のためのグループホームは、

コロニー(隔離施設)ではありません。

 

“地域生活を送るための受け皿”です。

 

彼らを理解し、尊重し、地域全体で支えていく社会を

私たちは協力し合って、作っていかなければなりません。

 

そして、この世に生を受けた者はみな平等で、

自分らしく生きる権利があります。

 

“人は人の中で人となる”

 

私たちがこれから生きていく上で

決して忘れてはいけないことを

改めて意識させてくださった特別講義となりました。

 

熱のこもった講義を行う浅野先生

熱のこもった講義を行う浅野先生

 

浅野先生、ありがとうございました。

 

【浅野史郎先生プロフィール】

 

ユーモア溢れる講義を行っていただきます

ユーモア溢れる講義を行っていただきます

 

1948年(昭和23年)2月8日生

宮城県仙台市出身

東京大学法学部卒業

1970年厚生省人事課入省

1972年米国イリノイ大学大学院に留学

1974年環境庁自然保護局企画調整課

1976年厚生省社会局老人福祉課課長補佐

1978年外務省在米日本大使館二等書記官

1980年外務省在米日本大使館一等書記官

1981年厚生省年金局年金課課長補佐

1983年厚生省年金局企画課課長補佐

1985年北海道庁福祉課

1987年厚生省家庭局障害福祉課長

1989年厚生年金基金連合会年金運用部長

1993年厚生省生活衛生局企画課長

1993年宮城県知事当選

2005年宮城県知事勇退

2005年~2007年宮城県社会福祉協議会会長

2005年~2007年東北大学客員教授

2006年~2013年慶應義塾大学総合政策学部教授

 

2005年~日本フィランソロピー協会会長

2006年~スペシャルオリンピック日本理事

2013年~厚生労働省厚生科学審議会専門委員

2013年~神奈川大学特別招聘教授

以上の経歴を持ち多数の著書を出版

 

 

日本福祉教育専門学校

 

社会福祉士養成学科

http://www.nippku.ac.jp/faculty/01/

社会福祉士養成科

トワイライトコース

http://www.nippku.ac.jp/faculty/18/

ナイトコース

http://www.nippku.ac.jp/faculty/02/

 

精神保健福祉士養成学科(昼間部)

http://www.nippku.ac.jp/faculty/04/

精神保健福祉士養成科(夜間部)

トワイライトコース

http://www.nippku.ac.jp/faculty/17/

ナイトコース

http://www.nippku.ac.jp/faculty/05/

×閉じる

オンラインオープンキャンパス
オンラインオープンキャンパス