1. トップ
  2. 2016年トピックス一覧
  3. 【授業紹介】ゲスト講師による「介護の仕事はクリエイティブ ~Change the care of japan~」特別授業を行いました。 介護福祉学科

【授業紹介】ゲスト講師による「介護の仕事はクリエイティブ ~Change the care of japan~」特別授業を行いました。 介護福祉学科

2016/11/14

介護福祉学科2年生の授業にて

 

ゲスト講師による

 

「介護の仕事はクリエイティブ

 

~Change the care of japan~」

 

特別授業を行いました

先日、昨年に引き続き、

2年間の総まとめとなる

25日間の第3段階実習を終えた

介護福祉学科2年生のために、

本校介護福祉学科を卒業し、

現在はウエルガーデン伊興園の施設長として

活躍中の杉本先生をゲスト講師に迎えて

特別授業を行いました。

 

fbimgp1561_2

『かっこいい 日本一 介護』と、検索すると出てくる杉本施設長

 

実習を全て終え、

卒業も近付いてきた2年生たちに

介護の仕事に向かうモチベーションを高めたい、

楽しく、活動的なのが介護の仕事だということを

改めて伝えたいという想いから、

今回の授業が行われました。

 

 

◆今回お招きしたゲスト講師◆

講師: 杉本 浩司 先生

1998年日本福祉教育専門学校 介護福祉学科卒業

介護福祉士/生活支援専門員/医療福祉学修士

●ウエルガーデン伊興園 施設長 

●日本で唯一“認定介護福祉士”の人物モデルに選定される。

●全国で自立支援、人材育成、経営管理等の講演を年間50回以上担当。

社会福祉法人、介護の事業所を運営している企業、

職能団体、行政、起業セミナー、大手企業など様々な講演を行っています。

●施設アドバイザー等としても活躍中。

学生からベテラン介護職まで、さまざまな層に介護の面白さを伝えてらっしゃいます。

【TV、Web、雑誌掲載、執筆関係】

『好きか嫌いか言う時間~現役介護士と徹底討論~』(地上波TBS系列特番)

2016年8月放送

※「介護の仕事」の魅力を紹介

『HELPMAN JAPAN』(リクルートキャリア)

2016年10月1日発刊

※「介護の仕事」の魅力を上条百里奈さんと対談形式で紹介

『LIVING SHIFT』-これが私の生きる道-(BS-TBS特番)

2015年3月21日放送

※「介護の異端児」として紹介される

『東京ガルリ』(テレビ東京)

2015年7月6日放送

※「介護業界に必要な人物」として紹介される

『another life』インタビュー

「日本一かっこいい介護福祉士ができる貢献とは」

2014年9月30日公開

※「かっこいい 日本一 介護」で検索すると

↓一番最初に出てくる記事↓

https://an-life.jp/article/279

『おはよう21』(中央法規)

<連載>

『マンガで学ぶアセスメント

「観察力」と「思考力」で介護を楽しく!』

※2014年11月号から1年間連載

『現場で折れずに成長するための

「グレさんお悩み相談室」』

※2015年11月号から1年間連載

などなど掲載しきれないほど

多数のメディアでご活躍中です!

学生時代からモデルのお仕事もされていたという

ナイスガイな施設長です。

 

杉本先生がすごいのは見た目だけではありません。

介護に関しての技術や実践力、知識はハイレベル、

マネージメントや経営もできることで、

介護の上級資格「認定介護福祉士」の人物モデルとして

福祉業界からもメディアからも注目を集めていらっしゃいます。

 

fbimgp1474_2

本校卒業生として熱いメッセージが送られました!

 

介護施設の施設長として自立支援介護を広めながら、

「日本一の介護福祉士」として介護の上級資格の策定にも携わり、

福祉現場で活き活きと実践している杉本施設長の生の声で、

在校生(後輩)への応援メッセージや

杉本施設長ご自身の介護に対する姿勢や考え方、

ウエルガーデン伊興園様の取組みから

「日本一 かっこいい 介護福祉士」と検索すると

イチバン最初に出てくる杉本さんが、

日福を卒業して日本一の介護福祉士と言われるまで

キャリアアップしていったストーリーをご紹介いただきました。

 

今回の授業内容は・・・

●介護福祉士を憧れの職業にする

●イメージの共有(成功体験)

●介護の専門性

●なんで今の考え方に至ったか

●認定介護福祉士の人物モデル

●成功体験の積み重ね=人材育成

●専門性を高めるために記録の専門的に

●なんで日本一かっこいい介護福祉士か

●2020.07.24

●介護の3K

 

●「介護福祉士になる!」なぜ止められる?

美容師や保育しになるというと

止められない。

でも介護福祉士になるというとい

止められる。

 

なぜでしょうか。

 

それは美容師や保育士、

看護士、医者、、、

それらの職業は私たちが目にする機会が多く、

触れる機会が多い職業です。

 

そういった身近な職業は憧れの「職業」になります。

介護福祉士は、まだ世間一般の皆さんは

実際に触れる機会が少なく、

「憧れ」の職業ではないかもしれません。

 

ですが、、、

 

10年後、介護福祉士は

間違いなく「憧れの職業」になります。

 

fbimgp1508_2

真剣な眼差しで講義に集中する学生

なぜなら、

団塊の世代は10年後に75歳になります。

 

彼らの中には趣味や食事にお金を

かけることが出来る人が多くいるでしょう。

要介護者でもアクティブに外に出るようになり、

施設ではなくカフェやレストラン、

デパートなどに出かけるようになります。

ですので、

サービス業全てにおいて

介護の技術が必要となります。

 

そうなるとサービス業で働く人達は

ちょっとした介護の技術を身につけなければならず、

私たち介護福祉士から研修や指導を受けます。

そして介護福祉士と触れ合う機会が増え、

「憧れの職業」となるのです。

 

介護福祉士=施設で働くというイメージは

なくなります。

 

今から介護福祉士を目指すみなさんが、

「憧れ」になっていくのです。

 

 

●“介護福祉士はすごい!”というイメージ共有

 

fbimgp1532_2

※杉本さんをはじめとした

介護福祉士のみなさんが関わった事によって

歩けない、歩けなかった利用者が

歩けるようになった事例紹介※

 

介護福祉士の一番の喜びは

ご利用者の笑顔と状態改善です。

ご利用者がこうなりたい!と願うことを

実現に向けてサポートを続けた結果、、、

 

ご利用者の笑顔や元気を取り戻した。

歩けないと思われてた利用者の方も、

介護福祉士の力で歩けるようにできるんです。

そんなご利用者の願いを叶えてあげられる

介護福祉士ってすごいですよね!

 

 

短期目標や長期目標はおかざりではありません。

立てた目標は責任をもって達成させる。

 

それが“すごい”介護福祉士です!

 

●介護の専門性ってなんだろう?

介護福祉士の役割とは、、、

『当たり前の生活』を継続することです。

要介護となると、

その人も家族もその人の人生を諦めたり、

クローズしてしまう人が多くいます。

介護福祉士が関われば、

その人の“人生”や“当たり前の生活”を

再びオープンにすることができ、

さらにそれを継続させることができます。

また、ご利用者が、今の状況だからこそ

知ったり、興味をもったことを

 

“「新しい」当たり前の生活”

 

としてオープンにすることができます。

 

fbimgp1493_2

ミライの介護の話はとても魅力的ですね!

 

出来る限り具体的に、

ビフォーアフターや動画、数値を残すことも

介護福祉士としての専門性であると言い切ることができます。

 

そしてだんだんと

介護が不要になっていく環境を作っていく

それも介護の専門性です。

 

●認定介護福祉士の人物モデルとして

なぜ自分が認定介護福祉士の人物モデルなのか、、、

それは、

人材育成・教育

根拠に基づいた理論がある

指導、実践し、ADL・QOL改善が出来、

介護福祉士Prideを持っているからです。

そして+αとして

マネジメントができます。

どんな理論を崇めても良いが、

採算度外視していては経営は成り立ちません。

 

fbimgp1514_2

経験に基づいてお話が展開されます!

 

●成功体験の積み重ね=人材育成

人の育成、

それは

成功体験の積み重ねと経験です。

改善点を発見し、直していく。

その経験の積み重ねは、

人に教えてもらうよりも実りが多く、

気持ちが良いですよね!

 

状態改善では、

期待を裏切れない、チャンスを逃さない

そうしたプレッシャーを自分にかけることで

失敗しない状況を自ら作り上げます。

 

生活で困っていること、

それは私たちが経験していることがほとんどです。

 

自分が経験していることですから、

自分の身に置き換えて考えてみれば

自ずと解消方法が分かりますよね!

失敗しても大丈夫です。

経験は成功と失敗ではありません。

『成功と学び』です。

fbimgp1536_2

経験は『成功と学び』です、と杉本施設長

 

学ばなければ、また同じことを繰り返しますよね。

それでは、経験にならないです。

そして、

大変だと感じることも

継続すればそれは習慣になります。

人は、習慣になれば

維持することができます。

継続して行うことで、

成長していくことができるので、

維持できるように習慣を作っていきましょう!

 

●2020.07.24

2020年、介護から日本が変わる年がやってきます。

それはいつでしょうか。

そうです!

東京オリンピックです!

この日、

世界最長寿国の日本の高齢者がオシャレして

新国立競技場に集結します。

世界中の人が日本のカッコいい高齢者を【経験】し、

カッコいい高齢者の隣にいるのが私たち介護福祉士です。

どんな人でも行きたいところ、やりたいことが出来るように

寄り添う、、、

これが介護福祉士の【価値】です。

日本の【誇れる世界一の介護】を、、、

2020.07.24

世界に発信しましょう!

fbimgp1497_2

どんどんと新たな取り組みをされる杉本施設長に圧倒されます!

 

●介護の3K

きつい

給料が安い

休暇が取れない、

きたない

ではなく、

介護の3Kとは、

 

神対応=その人に合わせた対応が出来る

かっこいい=満足される・結果が出る

かなりかっこいい=神対応+かっこいい

 

これが、真の3Kです。

 

前回の講演同様

介護の魅力を感じずにはいられない

講演をしていただきました。

 

fbimgp1494_2

学生に“勇気”をくれる講演をなりました!

 

仕事がつらくなったとき、

壁にぶち当たったとき、

この言葉を思い出し、

ちょっと見方を変えてみましょう!

 

そして自分の学校の卒業生(先輩)が

日本一と言われていることを誇りに思ってください!

 

学生にとってとても刺激になった特別授業となりました。

杉本先生、ありがとうございました!!

 

ウエルガーデン伊興園について詳しくは

ホームページをご覧ください

http://welgarden.or.jp/ikoen/

 

~授業を受けた学生の感想を少しご紹介します~

・とても素晴らしく、介護の未来を見たようでした。

・今までの介護福祉士としての将来像がガラリと変わるお話だったので集中して聞くことが出来、とても興味深く学ぶことができました。

・通常考えたら出来ないことが起こっていて感動しました。「失敗できない」という覚悟もすごいと思いました。

・これから先、仕事に就いて辛いことがあったら「杉本施設長」を思い出して頑張ります!

・利用者と共に過ごす時間の中で、細かな点も見ることが出来、その人を支えていかなければならない介護福祉士の仕事は、「かっこいい!」と思いました。

・それぞれが根拠に基づいたケアの取り組み方で、とても勉強になりました。今後介護の仕事をしていく上でとても大切なことを学ぶことができました。

 

 

介護福祉士として、福祉現場に出た際に

活躍できる力を在学中に身につけていただくため

福祉現場の最前線で活躍されているゲスト講師を招くなどの

取り組みを積極的に行っています。

 

fbimgp1571_2

杉本施設長と介護福祉学科学科長の八子先生

 

日本福祉教育専門学校

\新しい介護の学びをあなたに/

介護福祉学科

http://www.nippku.ac.jp/faculty/13/