1. トップ
  2. 2016年トピックス一覧
  3. 【授業紹介】『日本の介護から世界のkaigoへ』 ~パートナーシップの視点からの国際貢献のあり方~ ソーシャル・ケア学科

【授業紹介】『日本の介護から世界のkaigoへ』 ~パートナーシップの視点からの国際貢献のあり方~ ソーシャル・ケア学科

2016/12/04

『日本の介護から世界のkaigoへ』

 

~パートナーシップの視点からの

 

国際貢献のあり方~

 

特別授業を行いました。

 

ソーシャル・ケア学科

 

みなさん、こんにちは。

ソーシャル・ケア学科の松永です。

fbimgp1993_2

海外で感じたことを学生に伝えます

 

11月30日の2時限目に、

1年生から3年生を対象に合同授業を開催しました。

 

合同授業の内容は

「日本の介護から世界のkaigoへ」

でした。

 

私が研究事業に参加しインドネシアを訪問し、

現地の介護に従事している方々とのお話を

通して考えたことを学生に報告しました。

 

学生も貴重な講義に集中します

学生も貴重な講義に集中します

 

日本の介護は、世界でも進んだ「知」を持っています。

 

そして、その日本の介護をインドネシアの方々は

関心を持たれ注目しておられました。

今や、多くの国が日本の介護に注目しています。

 

その時に、「教える」とか「日本の介護を伝える」では

海外の方々には受け入れられません。

 

必要なのは、

相手の国の文化や社会状況などを尊重し、

その国にあった「介護」を共に

作っていくというパートナーシップの姿勢です。

 

fbimgp1995_2

たくさんの写真から世界の介護を学びます

 

パートナーシップとは簡単に言えば

「支え、支えられる関係」です。

 

それは、日本が得意とする「お互い様」の姿勢でもあります。

介護を通した国際貢献。

 

こんな時代が来ることを何十年前に予想できたでしょうか?

 

日本との違いも知ることが大切です

日本との違いも知ることが大切です

 

世界から注目されている日本の介護。

 

その日本の介護は、

まだ介護という考え方がない時代から

介護分野で試行錯誤しながら国際貢献として

果たせるような今の介護を作り上げてきたのは

多くの現場の先輩たちの努力があったからこそです。

 

fbimgp1981_2

本校で介護を学ぶ学生さんに期待しています!

 

その介護を今度は、

未来の介護福祉士となる学生たちが

引き継いでさらに発展させてくれることを望んでいます。

 

日本福祉教育専門学校

 

\社会福祉士・介護福祉士のW資格/

ソーシャル・ケア学科

http://www.nippku.ac.jp/faculty/12/