1. トップ
  2. 2017年トピックス一覧
  3. 【総合福祉セミナー】『セラピューティック・レクリエーションの メソッドに沿ったレクリエーション支援』特別授業を行いました 野村一路先生(日本体育大学体育学部 教授)

【総合福祉セミナー】『セラピューティック・レクリエーションの メソッドに沿ったレクリエーション支援』特別授業を行いました 野村一路先生(日本体育大学体育学部 教授)

2017/01/13

『セラピューティック・レクリエーションの

メソッドに沿ったレクリエーション支援』

特別授業を行いました

 

ゲスト講師

野村一路先生

(日本体育大学体育学部 教授)

 

福祉のミライを第一線で活躍する

さまざまな分野の実務家から学ぶ全15回のオープン科目

「総合福祉セミナー」

 

第11回目は、

野村一路先生先生(日本体育大学体育学部 教授)による

「セラピューティック・レクリエーションの

メソッドに沿ったレクリエーション支援」

をテーマに特別講義を行いました。

 

FBIMGP2256_2

 

【野村先生プロフィール】

●全国特別支援学校校長会

「みんなdeスポーツ推進委員会」顧問

●スポーツ庁「地域における障害者スポーツ普及促進に関する

有識者会議」委員

●公益財団法人日本レクリエーション協会

スポーツ・レクリエーション支援者養成委員会委員

●国際知的障害者スポーツ連盟(INAS)

アジア地区執行委員(スポーツディレクター)

●平成24・25・26年度文部科学省委託事業

「健常者と障害者のスポーツ・レクリエーション活動

連携推進事業」協力者会議座長

●NPO法人日本知的障害者スポーツ連盟会長

●(独法)福祉医療機構社会福祉振興助成事業審査・

評価委員会委員(平成21年度~平成27年度)

 

【レクリエーションとは】

レクレーション、リクレーション、、、

あなたはどう言いますか?

 

様々な認識がありますが、

正しくはレクリエーションです。

 

もともとは、

Re-Creat、つまり再創造です。

 

FBIMGP2253_2

初めて聞く内容ばかりです!

 

レクリエーションは明治維新以後に

「腹造力」という直訳をされて

日本に入ってきました。

 

戦後復興をとげ、

高度経済成長となり、

働けば生活が豊かになると

当時は信じられていました。

 

そして、

余暇(レジャー)が不善なものと

考えられていました。

 

働けない者はだめだ、とされていた時代です。

 

「レクリエーション」は、

戦後にアメリカが持ち込んだ「更生運動」として、

ゲーム、ソング、ダンスを中心として

全国へ広がりました。

 

そして

日本厚生協会も、

企業の福利厚生に力を入れるため

“日本レクリエーション協会”と改称しました。

 

【TR(セラピューティック・レクリエーション)領域においての解釈】

 

「レクリエーション」自体の概念は

プログラムの内容によるものではなく、

「感情」によるものとなります。

 

それは、

 

満足感

達成感、

充実感

などなど・・・

 

プラスの感情を導き出すということに

重きをおくということとなります。

 

FBIMGP2263_2

メモをとる学生

 

もしも生活に

レクリエーションがなかったら、、、

 

何ごとにも興味・関心をもてない・・・

何をしてもつまらない・・・

自信・夢・希望が持てない・・・

豊かと思えず、幸福感が乏しい・・・

生きていることが無駄に思えてくる・・・

 

このように

プラスの感情が引き出せず

マイナスの感情ばかりが出てきます。

 

マイナスの感情は

ストレスを引き起こし、

最悪の場合は、人を死に至らしめることも。

 

【プラスの感情を導き出すプログラム】

例えば、

『あの曲を聴けば頑張れる!』

そんな曲があった場合、

その曲を聴いたり歌ったりすること自体が

その人にとってのレクリエーションプログラムとなります。

 

人には、誰にでも

個々に合ったレクリエーションがあります。

 

FBIMGP2258_2

講義の様子

 

しかし、、、

ストレスの強い現代社会での生活自体が理由であったり、

障がいや、高齢が理由で、

やりたいように思うような活動ができない。

 

そんな人も多くいます。

 

思うように活動ができなければ、

何をして良いか分からない」

「毎日がつまらない」

「何も出来ない」

などと感じるようになり、、、

 

レクリエーション活動をできる人とできない人の間に、

レクリエーション格差

が広がってしまいます。

 

【セラピューティック・レクリエーション(TR)とは、、、】

<目的>

意図したレクリエーション・プログラムを介して

対象者が「楽しい」に代表される

主観的な体験ができるようになることを

目的にしています。

 

<対象者>

何らかの要因により日常生活において

レクリエーション・プログラムが出来ない人が

対象となります。

 

 

公認セラピューティック・レクリエーションスペシャリストが

対象者に対して、目的に合わせて

意図的なレクリエーション・プログラムの提供行います。

 

現在、TRは世界で様々なところに配置され、

人々の生活を支えています。

 

ただ、日本ではまだまだ浸透していません。

 

FBIMGP2267_2

野村先生の話に惹きこまれます!

 

【TRは薬と一緒】

必ず専門科による処方・提供が必要です。

 

なぜなら、レクリエーション活動は

「対象者の心の在り方や生活を変える可能性」

を持っているからです。

 

活動により「楽しい」と感じることは、

対象者にとってもちろんプラスになりますが、

依存性があるため、それによって

生活を良くも悪くもさせることもあります。

 

症状の軽減や快復のみを診るのではなく、

快復後の生活の在り方も考えることが

とても大切になります。

 

薬と同様に、専門家によって

期間、量(回数)、効果

きちんと検討する必要があります。

 

状況や状態にもよりますが、

悪化した場合は、レクリエーション活動をすぐに中止し、

他のものに変えることもあります。

 

【APIE(エーパイ)プロセス】

 

A=アセスメント(査定)

P=プランニング(企画・計画)

I=インプリメンテーション(実施・実行)

E=エバリュエーション(評価)

 

TRは

対象者に合わせてAPIEプロセスを行っていきます。

 

「前年これをやったから、、、」

ではなく、

「今、現在の対象者の状況には

どんなことが必要か」

それを一番に考えなければなりません。

 

他の専門職同様に

チームで対象者の状態改善に取り組みます。

 

【質問】

学生から質問がされました。

FBIMGP2265_2

質問をする学生

Q、楽しいと感じる事がギャンブルだったり、パチンコだった場合は?

A、まずそういったものを処方しないようにします。

またそれ以上の「楽しい」と感じるものを

考え、提供していきます。

 

TRは、人に寄り添って、

その人の「楽しい」を提案していることが

よく分かりました。

 

TRは現在の日本では

まだまだ少ない状況ですが、

超高齢社会の今、

レクリエーション活動は

人の人生を決める欠かせないものです。

 

介護を行う上で

知っていれば対象者への

関わり方が変わる、、、

 

そんな内容の講義となりました。

 

野村先生、ありがとうございました。

 

日本福祉教育専門学校

ソーシャル・ケア学科(社会福祉士・介護福祉士)

http://www.nippku.ac.jp/faculty/12/

介護福祉学科 (介護福祉士)

http://www.nippku.ac.jp/faculty/13/

入学を希望される方、ご興味がある方、

まずはぜひ資料をご請求ください。

<資料請求はこちらから>

http://www.nippku.ac.jp/form/request/

※入学希望学科は「ご希望の学科(コース)」を選択してください。

ページトップに戻る