1. トップ
  2. 2017年トピックス一覧
  3. 【特報・学費】最大56万円に増額!専門実践教育訓練給付制度のご案内!! 社会福祉士、精神保健福祉士を目指す社会人の方、お見逃しなく!

【特報・学費】最大56万円に増額!専門実践教育訓練給付制度のご案内!! 社会福祉士、精神保健福祉士を目指す社会人の方、お見逃しなく!

2017/12/05

 

社会福祉士・精神保健福祉士

を目指す社会人の方必見!!

 

ハローワークより学費が返ってくる

『専門実践教育訓練給付金』が

最大56万円に拡充(増額)

されました!!

 

『専門実践教育訓練給付制度』の

対象講座に下記学科が指定されました!!

【社会福祉士を目指す方】

・社会福祉士養成学科:昼間部

・社会福祉士養成科:夜間部(トワイライトコース・ナイトコース)

※初年度から指定を受けていましたが、更新となる今年度、再指定を受けました!

 

【精神保健福祉士を目指す方】

・精神保健福祉士養成学科:昼間部

・精神保健福祉士養成科:夜間部(トワイライトコース・ナイトコース)

※初年度から指定を受けていましたが、更新となる今年度、再指定を受けました!

・精神保健福祉士養成通信課程(一般/短期ともに)

※精神保健福祉士養成通信課程(一般)は初指定となりました!

 

2014年10月1日より、社会人のキャリアアップ、再就職を支援する

“教育訓練給付金”が拡充されたのが

『専門実践教育訓練給付金』

 

雇用保険に指定期間以上加入している社会人の方が、

キャリアチェンジ・キャリアアップのため、

指定施設へ入学して資格取得を目指して学ぶ際に、

学費の一部の給付を受けられる制度です。

 

その『専門実践教育訓練給付金』制度、

2018年4月入学の皆さんから

ハローワークより返ってくる学費が

最大56万円に拡充(増額)されることが

先日決定しました!!

 

 

 

——————————————————————————
◆支給対象となる入学時期と手続き期限◆
——————————————————————————

≪入学時期≫

2018.4月入学生

 

≪手続き期限≫※ご注意ください※

2018年2月中までにハローワークで手続きを完了することが必要です。

⇒利用をご希望される方は、まずはお早めに

お近くのハローワークにて詳細をご確認のうえ

手続きをお済ませください。

※入学決定前でも手続きを進めていただくことができます。

※2月はハローワークが混み合いますので早めのお手続きをおすすめいたします。

 

——————————————————————–
◆支給額(ハローワークより支給)◆
——————————————————————–

最大56万円 返済不要です!!

※下記所定の要件等を満たした場合の最大額となります。

 

【在学中】

・受講者が支払った費用(入学金+授業料)の、

50%を支給(ただし年間上限40万円)。

 

【卒業後】

・受講修了日から一年以内に資格取得等し、

被保険者として雇用された(就職)、

または雇用されている(現職継続)等の

要件を満たすとさらに、受講者が支払った費用(入学金+授業料)の

20%を追加支給(ただし年間上限16万円

 

つまり、諸々の条件を満たす方は、

在学中と卒業後の支給額が

合計で最大56万円の給付を受けられる

大きな学費サポートになります!

※訓練期間(通学期間)が1年の場合の上限)

※特待生などにより、授業料や入学金が免除になる場合などで

給付額が変わります。

 

※昼間部のみさらに「教育訓練支援給付金」の給付も受けられます※

 

———————-
◆支給条件◆
———————-

一定の要件を満たす雇用保険の一般被保険者(現在お勤め中の方)

または一般被保険者であった方(2017年4月1日以降に既に退職した方)

厚生労働大臣の指定する教育訓練(本校の場合上記学科)を

受講し修了した場合に支給の対象となります。

 

【専門実践教育訓練給付を初めて受給する方】

教育訓練給付金、一般教育訓練給付金、専門実践教育訓練給付金を受給したことがない方、

または、2014年10月1日以降は、受給していない方は、

講座の受講開始日(2018年4月1日)までに通算して

2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している

ことが必要になります。

 

【教育訓練給付金を2014年10月1日以降に給付を受けた方】

平成26年(2014年)10月1日以降に

「旧制度の教育訓練給付金」

または

「一般教育訓練給付金」「専門実践教育訓練給付金」

の支給を受けた方は

雇用保険の被保険者期間は、10年以上必要になります。

 

など、所定の要件を満たす必要がございます

 

専門実践教育訓練に関するさらに詳しいことは、

厚生労働省作成のPDFや、

ハローワークのホームページをご確認いただくか、

お近くのハローワークまでお問い合わせくださいませ。

 

 

<厚生労働省作成PDF>

〇給付金の概要がわかるリーフレット〇

https://www.hellowork.go.jp/dbps_data/_material_/localhost/doc/senmonkyouiku_kyufu.pdf

※↑こちらのPDFには、拡充前の給付額が記載されています※

 

〇給付額拡充のご案内〇

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000177962.pdf

 

<ハローワークHP>

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_education.html

※↑こちらのページには、拡充前の給付額が記載されています※

 

 

対象講座に指定されるためには、

資格試験の受験率及び合格率、就職・在職率などの指定基準を満たすものとして、

厚生労働大臣が指定した講座であることが条件となります。

 

つまり、、、

 

厚生労働省に本校の取組みや実績が認められなくては指定されないため、

本校の上記学科は、その厳しい基準をクリアしている証となります。

 

本校にて『社会福祉士』または『精神保健福祉士』

目指そうと検討いただいている社会人の皆様、

ぜひお見逃しなく!

 

 

————————————————-

★通学の方はAO入試がオススメです★

————————————————–

『社会福祉士養成学科(昼間通学)・養成科(夜間通学)』

『精神保健福祉士養成学科(昼間通学)・養成科(夜間通学)』の入試方法は、

ともに【AO入試】または【一般入試】のいずれかの方法となります。

メリットがたくさんのAO入試をオススメいたします。

 

<AO入試5つのメリット>

1. 学費が減免になる特待生入試制度があります。

学びたいあなたを応援する特待生入試制度にチャレンジして

更なる学費負担の軽減を目指せます

 

【新・AO特待生入試】最大授業料半額を免除!学びたい皆さまを応援します!

 

2. AO面談は1:1の“個別面談”です。

面接は、学科の先生と個室で1:1の個人面談です。

じっくり話せて、緊張も軽減できます。

(一般入試は、面接官複数:受験者複数となります)

 

3.ご希望の日時にAO面談を受けられます

お忙しい皆さまのご都合に合わせてAO面談を実施いたします。

(一般入試は、入試日が決まっています)

 

4. 入学したいと思ったらすぐに入学を決められます

いつでもAO面談を受けられるので、早く入学を決められます。

オープンキャンパス参加当日に面談を受けられる方も増えています。

 

5. 早めに進路が決まるため、入学前教育が受講できます

 

<AO入試についてさらに詳しくは>

↓こちらでご覧いただけます↓

http://www.nippku.ac.jp/landingao/

 

 

<AO入試が詳しく分かる説明会も開催中!>

『AO入試まるわかり説明会』

AO入試のエントリー方法や特待生試験までの流れについて、

わかりやすく説明します。

 

AO入試って何?」「分からないことがある」

「特待生試験について詳しく知りたい」

などの不安や疑問を解消します。


AO入試のエントリー方法や合格のポイント、入試の流れが確認できます!

不明な点も個別にお気軽にご質問いただける説明会です。


<開催場所>
高田校舎

 

<参加方法>
お電話、または下記ページよりご予約下さい。

https://www.nippku.ac.jp/event/

 

 

<社会福祉士養成(学)科の入試方法について詳しくは・・・>

【社会福祉士養成学科(昼間部)】
http://www.nippku.ac.jp/exam/01/

【社会福祉士養成科(夜間部)】
http://www.nippku.ac.jp/exam/02/

 

<精神保健福祉士養成(学)科の入試方法について詳しくは・・・>

【精神保健福祉士養成学科(昼間部)】
http://www.nippku.ac.jp/exam/04/

【精神保健福祉士養成学科(夜間部)】
http://www.nippku.ac.jp/exam/05/

 

日本福祉教育専門学校


社会福祉士養成学
科(昼間部)

http://www.nippku.ac.jp/faculty/01/

社会福祉士養成科(夜間部)

トワイライトコース
http://www.nippku.ac.jp/faculty/18/

ナイトコース
http://www.nippku.ac.jp/faculty/02/

 

精神保健福祉士養成学科(昼間部)

http://www.nippku.ac.jp/faculty/04/

精神保健福祉士養成科(夜間部)

トワイライトコース
http://www.nippku.ac.jp/faculty/17/

ナイトコース
http://www.nippku.ac.jp/faculty/05/

 

精神保健福祉士養成通信課程(一般)

http://www.nippku.ac.jp/faculty/06/


精神保健福祉士養成通信課程(短期)

http://www.nippku.ac.jp/faculty/07/

ページトップに戻る