1. トップ
  2. 2018年トピックス一覧
  3. 1年生:『第45回国際福祉機器展』に参加しました!介護福祉学科

1年生:『第45回国際福祉機器展』に参加しました!介護福祉学科

2018/11/01

介護福祉学科授業・1年生

 

『第45回国際福祉機器展』に参加しました!

 

 

みなさん、こんにちは。介護福祉学科専任講師の西村です。

 

 

本校介護福祉学科1年生約90人が、
東京ビッグサイトで10月10日(水)~12日(金)の3日間開催された、
『第45回国際福祉機器展』に参加してきました。

 

 

 

 

1年生の科目「生活支援技術Ⅱ」の授業の一環で参加し、
1クラス約45人は、10月10日(水)に、

 

 

介護福祉学科専任講師の細野先生と浦島先生の引率で、
2クラス約45人は、10月11日(木)に、

 

 

同専任講師の宮里先生と齊藤先生の引率で、参加してきました。

 
『国際福祉機器展』とは、

 
ハンドメイドの自助具から最先端技術を活用した福祉車両まで

 
世界の福祉機器を一堂に集めた国際展示会です!!

 
自立支援を考えた時、自信の体だけで出来ることには限界があります。

 

 

 

体力的に難しい面もあるので、介護の仕事を助けてくれる様々な機器があります。

 

 

 

 

 

本校の学生には、多種多様に開発されている最新の福祉機器を、

 

 

まずは見て、聞いて、触れて、知って、

 

 

今後の授業や、介護実習にも役立ててもらいたく、

 

 

このような貴重な国際展示会に授業の一環として、毎年参加しています。

 
本校が「ミライのカイゴ」として積極的に取り入れている、

 
介護ICTや、介護ロボットなども多く展示されていました。

 

 

 

 

1年生にとって、このような展示会に参加するのは初めての学生も多く、

 
皆、様々な体験に多く触れて、学んでいました。

 

 

 

本校では、学校内だけではなく、

 

 

校外にも積極的に学びに出て行き、このような機会を活かすことで、

 
将来の介護の仕事をする際の役立つ知識を身につけるために、

 
学生たちの知識向上のサポートを積極的に行っております。

 

 

20181010・1CW1

 

 

 

これからのミライを支えていく

\新しい介護の学びをあなたに/

介護福祉学科

http://www.nippku.ac.jp/faculty/#kaigo_02

ページトップに戻る