1. トップ
  2. 2019年トピックス一覧
  3. 株式会社リエイ様と、業務提携契約を締結しました。

株式会社リエイ様と、業務提携契約を締結しました。

2019/02/27

 

中国介護人材教育事業及び教育機関設立に関する業務提携について

このたび学校法人敬心学園(理事長:小林 光俊、以下「敬心学園」)は、株式会社リエイ(代表取締役社長兼会長:椛澤 一、以下「リエイ」)と、中国における介護人材養成事業及び教育機関設立を視野に、2月25日(月)業務提携契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。

業務提携契約調印式の様子

業務提携契約調印式の様子

【業務提携の背景】

急速な高齢化が進むアジア、中でも世界一の人口大国であり少子高齢化が加速する中国では、高齢化対策は国家の重要課題であり、企業の養老(介護)分野への参入促進が国策として進むと共に、介護人材不足に伴う早急な人材育成・教育が課題となっております。

リエイグループは、日本の介護事業者の先駆けとして2003年にタイ進出、2010年より対象を現地高齢者にシフトいたしました。2011年より中国に独資で進出、中国にて礼愛ブランド介護サービス及び養老事業コンサルティングを展開しております。敬心学園は、国内にて福祉・医療・保育分野の専門職養成を手掛ける他、中国・インドネシアでの文科省委託事業を通じてアジアでの介護教育の開発・研究に取り組むなど、両グループ共に内閣官房が掲げるアジア健康構想に沿って取り組んでおります。

 

【目的】

リエイと敬心学園は、中国、タイをはじめとするアジア諸国での介護・リハビリなどの福祉関連人材の育成と供給、加えて日本の特定技能制度等に則った育成人材の送りこみを目指します。

 

【業務提携の内容】

1. 介護人材教育・研修、リハビリテーション教育・研修に関わる業務

2. 介護人材の供給・受け入れ

3. 外国人向け介護・リハビリテーション教材の共同開発

4. その他、国内外において双方の資源を活かした展開

 

【今後の展開】

今回の協業に伴う第1号案件として、リエイが中国展開の中で関わる、中国・湖北省武漢市の現地企業が経営する既存大学に介護学科及びリハビリテーション学科の設立を予定し、2019年9月の開校を目指しております。その後、段階を経て現地にて専門学校の設立を検討しております。福祉教育の専門家である敬心学園と既に中国、タイにて介護事業を展開するリエイが提携し、先に高齢社会となった日本で培ってきた介護知見+現地化ノウハウを以て、日本及びアジアの国々の介護人材育成の循環に向け取り組んでまいります。

キャプチャ

以上

 

ページトップに戻る