1. トップ
  2. 2019年トピックス一覧
  3. 認知症カフェ『MeMoカフェ』が開かれました

認知症カフェ『MeMoカフェ』が開かれました

2019/05/30

5/25(土)認知症カフェ『MeMoカフェ』が開かれました

 

認知症カフェとは、認知症の方が、住み慣れた地域で自立した生活ができるよう、仲間づくりや生きがい支援、介護する家族の負担軽減、地域住民への普及啓発のため開設されたもので、各地方自治体によって運営されています。

当校の認知症カフェ『MeMoカフェ』は、豊島区の認可を受けて、地域交流委員会を中心に活動を行っています。

IMG_6191

豊島区の認可を受けた証のステッカーです。

IMG_9936

町内にもチラシを貼らせて頂いております。

 

活動内容は、認知症の方やその家族にご参加頂き、お茶やお菓子を食べながらコミュニケーションをとったり、歌やストレッチなどのレクリエーションを行います。

今回は、2年生の特別授業プログラムと合わせ、コーチングバリュー協会東根明人博士、大羽瑠美子先生をお招きしてコーディネーション運動を行いました。

DSC_0722

 

コーディネーション運動とは、運動と脳トレを組み合わせ、子どもから高齢者まで誰でもカンタンにできて、みんなが笑顔になる運動プログラムです。

誰でも楽しみながら体を動かして能力を高められるため、介護予防にも、障がい児の発達支援にもなると言われています。

また今回は、来校頂いた方同士のつながりを意識したりと、様々な角度からアプローチも行いました。

 

福祉の学校ならではの「地域とのつながり」も大切にしております。

 

次回のMeMoカフェは6/22(土)13:30~です。
興味がある方は、ぜひお気軽にご参加くださいませ。