日本福祉教育専門学校

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-166-255(通学部) 0120-166-263(通信教育部)

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ
TEL

TEL

メール

メール

  1. トップ
  2. 2019年トピックス一覧
  3. 【コラム】高まるスクールソーシャルワーカーの価値(前編)|社会福祉士

【コラム】高まるスクールソーシャルワーカーの価値(前編)|社会福祉士

2019/07/05

こんにちは。

日本福祉教育専門学校 入試・広報課です。

 

社会福祉士精神保健福祉士の資格取得を目指す方たちの中で

近年人気のあるスクールソーシャルワーカー”

 

社会構造や経済の変化に伴い、

子どもや家庭、地域社会も変容し、

子どもが抱える問題が複雑化・多様化しています。

 

そうした問題に対して、学校や教師だけでは十分に対応することができないため、

近年、スクールソーシャルワーカーのニーズが高まっております。

 

今回は、「教育」と「福祉」の間で活躍する

スクールソーシャルワーカーの役割について

ご案内したいと思います。

 

11017019166

 

1.) スクールソーシャルワーカーとは

スクールソーシャルワーカーは、

子どもが抱える問題に対し、

福祉の専門性を活かして、

子どもの置かれた環境」の調整を行い、

問題の解決を目指す専門職です。

 

現在、子どもの抱える問題は、

いじめ不登校貧困、被虐待、

発達障害、非行、暴力、自傷など、

実に多様化・複雑化しております。

 

スクールソーシャルワーカーは

こうした子どもが抱えている問題を

代わりに解決してあげる人ではなく、

その子の置かれている生活環境や周りの状況との

相互作用によって問題が生じていることに着目し、

その子と環境との関係性を改善していくことを図ります。

 

例えば、不登校になってしまった子どもについては、

不登校になった背景を重層的に考えます。

なぜこの子が今こういう状況にあるのかということを、

家族の状況、友達やクラスの状況、学校の状況、

先生たちの関係性などを含めて考え、

いろいろなことが影響して子どもの行動に現れてきていることを包括的に見ていきます。

 

イメージ:子供一人

 

2.) 「社会資源」と繋ぐ

スクールソーシャルワーカーは「環境」の調整を行い

その子と環境との関係性の改善を図るが

具体的にはどういったアプローチをするのか

 

スクールソーシャルワーカーは、

「社会資源」と繋ぐことで、

その子と環境との関係性を改善しながら、

生活上の困難を抱えている子ども自身や家族が

問題解決していける状況をつくっていきます

 

「社会資源」というのは、困りごとを解決できる

保険・医療・福祉サービスや制度、場所のことです。

 

例えば、

貧困家庭であれば生活保護を受けることを勧めたり

奨学金制度や就学援助制度、児童扶養手当制度など、

進学を支えるお金に関する制度をわかりやすく紹介したりする、ということです。

 

また、経済的に困っているときに、食べ物のことや

勉強を教えてもらえる場所のことで相談できる

ボランティア団体を紹介することもできます。

 

ただ、紹介しただけで、実際に利用したり訪れてくれる保護者の方ばかりではありません。

また、紹介されたとしてもどうしていいのかわからないという方もいます。

そういう場合は、一緒に手続きに行くこともあります。

 

また、いろいろな専門機関が関わっている時に、

それぞれの支援に隙間が空いてしまったり、

方針が少しずれてしまったりして、

子どもも家族も混乱してしまうこともあります。

 

そのような場合には、支援者同士を調整して

家族全体をみんなで支えられるよう

会議などで相談することもあります。

 

例えば、

虐待やネグレクトという問題を抱えていた子どもを

子ども家庭支援センター(家庭児童相談室)に繋ぐことがあります。

しかし、ただ繋いだだけで、

学校と福祉機関との連携が取れず、

学校でのサポート内容や子ども家庭支援センターでの動きが

それぞれに共有されないケースがあります。

こうならないように、互いのやりとりの仲介をするのも

スクールソーシャルワーカーの役割になります。

 

イメージ:ビジネス・チーム

 

このように、スクールソーシャルワーカーは

どのような「社会資源」がその子の抱える問題を解決できのかをプランニングし、

子どもを取り巻く家庭、学校、地域などの「環境」に働きかけるだけでなく、

子どもや保護者、教師に寄り添い、地域や関係機関との連携・協力体制も創っていくのです。

 

<<高まるスクールソーシャルワーカーの価値(後編)に続く>>

 

【社会福祉士】についてもっと知ってみませんか≫

オープンキャンパスへのご参加おまちしています

>>>ご予約はこちらから

aw789051select

 

>>>【無料】資料請求をご希望の方はこちら

siryou2