1. トップ
  2. 2019年トピックス一覧
  3. 【授業レポート】相談援助実習|社会福祉士養成学科

【授業レポート】相談援助実習|社会福祉士養成学科

2019/10/12

こんにちは。

日本福祉教育専門学校入試広報課です。

 

本日は、社会福祉士養成学科(昼間部)相談援助実習の授業の様子をレポートします。

DSC_0868

 

この授業では社会福祉士に求められるソーシャルワーク実践にかかる知識と技術について実践的に取得するとともに、専門的援助技術として概念化し理論化し体形立てていくことができる能力を身につけることを目的としています。

 

授業の進めかたとしては演習形式なのでロールプレイなどを中心として相談援助場面を想定した実技で進んで行きます。

 

この日の授業では、12年間ご家族の介護をされていたかたをゲストとしてお呼びし、実施の介護の状況や経験について、さらには家族の立場より社会福祉士として援助職へ期待することを講演いただきました。

 

▼12年7ヶ月ご主人の介護を経験された石井さま

DSC_0863

突然、ご主人が会社でくも膜下出血で倒れ、

そのまま介護状態に・・・

 

介護生活における介護する側の気持ち、心情の変化などを細かくお話いただきました。

DSC_0867

 

▼講演後は学生からのQ&Aへ

事前にグループワークで学習しており、質問内容を検討していました。

20191010_142800_129

1つのグループより

「社会福祉士(援助者)とのエピソードがあればおしえてください」

という問いに

 

石井さんより

「家族は24時間、相手に寄り添っている。しかし医療関係者のスタッフは断片的な症状しか見ていない。

そのため、家族とスタッフとのあいだいで認識のズレが生じることがありました。このズレに気づいてほしいです。。」

 

「また家族は突然の出来事で頭が混乱しているのが第一。そのなかで色んな提案をしていただいてもまったく判断できない。

そういう状況であることを援助者も理解していただきたい」

20191010_142437_119

とても印象に残ったことばは

「介護って辛いでしょ?とよく聞かれましたが、私は介護が辛いを思ったことはありません。

いままで主人にたくさんの愛情を与えられてもらったから、今後は私のすべてをかけてお返しする番だとおもったので辛いとおもったとこは一度もありません。」

 

すべてがとても感慨深いお話でした。

石井さまご講演ありがとうございました。

 

・・・‥‥……………………………‥‥・・・

1年で国家資格を取得する!

社会福祉士養成学科・養成科オープンキャンパス

■ 10/14(月・祝) 13:00~14:30

卒業生がリアルトーク!公務員へのキャリアチェンジストーリー

公務員希望のかたはぜひご参加おまちしています。

・・・‥‥……………………………‥‥・・・

>>>学校案内の請求はこちらから

siryou2