TOP

  1. トップ
  2. 2012年トピックス一覧
  3. 精神保健福祉士養成学科の「特別講義」をご紹介します

精神保健福祉士養成学科の「特別講義」をご紹介します

2012/07/11



日本福祉教育専門学校の精神保健福祉士養成学科(昼間部)・精神保健福祉士養成科(夜間部)
では、「特別講義」を実施しています。
特別講義では、単に教科書の学習だけに留まらず、
現場で活躍されている専門家や精神障害者を抱えた当事者の方をお招きして、
年に12回(月1回)の講義を開講しています。

これは、PSW(精神保健福祉士)として卒業生2500名以上を輩出している
本校ならではのネットワークで実現できる特別な授業です。
知識だけでなく、より実践的な臨床教育・実習を導入することにより、
卒業後に精神保健福祉士として就職することを視野に入れた授業となっています。

今回ご紹介するのは、『精神保健福祉援助実習Ⅱ/実習基礎指導』の授業です!
特別講師は、保健同人社勤務の大矢先生(本校卒業生)です。
テーマは「産業メンタルヘルス現場における相談業務」として、
現場での精神保健福祉士の仕事内容についてご教授いただきました。



ひとえに精神保健福祉士と言っても、さまざまな分野で活躍できる専門職です。
ちなみに次回は、「病院におけるPSW(精神保健福祉士)の仕事」というテーマで、
現在、精神科病院で活躍されている精神保健福祉士の方にお話しいただきます。

すでに前期の授業では、「当事者の生活のしづらさ」(障害をお持ちのご本人)、
「アディクション(依存症)」(飯田橋榎本クリニックPSW)、
「日福で学んでよかったこと」(卒業生PSW)、「クラブハウスの機能と役割」
(クラブハウスはばたき施設長&メンバーのみなさま)など
さまざまなゲスト講師をお招きしてお話しいただきました。

精神保健福祉士養成学科(昼間部)・精神保健福祉士養成科(夜間部)では、
学生が現場に直結した教育が受けられるように、
このような「特別授業」をカリキュラムに取り入れており、
在校生からも人気の授業となっています!