TOP

  1. トップ
  2. 2012年トピックス一覧
  3. 精神保健福祉士養成学科で「国家試験ガイダンス」をおこないました。

精神保健福祉士養成学科で「国家試験ガイダンス」をおこないました。

2012/08/02

前期定期試験も終了しました!

精神保健福祉士養成学科のみなさんは、前期に受講した20科目の筆記試験を受けます。

国家試験受験に必要な共通科目・専門科目を、
国家試験対策も絡めた出題での定期試験となります。

 

定期試験前に演習の授業を利用して「国家試験ガイダンス」を実施しました。

クラス(402クラス)単位で、精神保健福祉士国家試験の実施概要・
学内の国家試験対策スケジュール・学習方法
などについて
担当の先生よりくわしくガイダンスがされました!

具体的には、第15回(平成24年度)精神保健福祉士国家試験の概要として、

試験日・試験地・試験科目・受験者状況といった基本的な情報や、

公表されている第15回精神保健福祉士国家試験合格基準などについて説明がありました。

また、おすすめの過去問題集、予想問題集、ワークブック、辞典などの参考資料等や

全国統一模擬試験やその他の受験対策講座の情報なども配布されました。

 

そして学習方法については、先生より勉強の材料としての
4
つのポイント」をお話しされたあと、卒業生の振り返りが紹介されました。

①入学から国家試験までの受験勉強スケジュール

②勉強方法

③国家試験受験生の心得


これから受験する在校生がいちばん気になる内容が
先輩の体験談としてとても具体的に
書かれており、心強い情報です。

 

ちょっとご紹介します!

①入学から国家試験までの受験勉強スケジュールでは・・・

「前期は受験勉強より講義を理解するので手一杯」

「夏休みは過去問を一度やり終える。MY受験対策ノートの作成開始」

「年末年始は友人と疑問解決や愚痴のため電話・メールで電話代がかさむが、必要経費」

「1月ともなると過去問に飽きる。試験当日の直線に目を通す資料を作成したりしてみる」

「国試の1週間前はマニアックな問題は今さら焦るだけ。基本事項の確認を徹底的に」

 

②勉強方法では・・・

「過去問は覚えるくらい繰り返し解く」

「過去問は数社から出版されており、自分に合ったものを選ぶべき」

「講義や問題で知らないこと疑問に思ったことは放置せずに調べるべし」

「自分に合う勉強方法は、遅くとも夏休み中に見つける」

「要領のいい勉強方法、効率のいい勉強方法などに惑わされず、
自分に合う勉強方法が一番である」

 

③国家試験受験生心得では・・・

仲間を作り支え合いながらモチベーションを保つべし
(国家試験が定員のある試験ではない。仲間を大切に。)」

「勉強は苦しいだけでは続かない。楽しむ方法や続けられる方法を見つけるべし」

「最後まで絶対にあきらめない」

「合格基準は例年6割だが、目標が高く持つべし」

「国家試験3日前から今まであまり手をつけていなかったものは開かない」

「試験がすべて終了するまで自己採点はしない」


など、どれも先輩の経験に基づく言葉ばかりでした!


日福では2500名の卒業生を輩出している
精神保健福祉士の高い実績校
として、

 今年も国家試験に向けてキックオフです。


これから、定期試験のあとは臨床実習と忙しい日々は続きますが、

 国家試験全員合格を目指して、教職員一同でバックアップしていきます!