【通信教育部】よくあるQ&A〈一般養成施設に入るには?編〉

【通信教育部】よくあるQ&A〈一般養成施設に入るには?編〉

みなさん、こんにちは。
今回は一般養成施設に入るには?ということで、資格取得のルート図を見ながら確認していきましょう!



一般養成施設に入るには、第3号・第6号・第10号・第11号のルートがあります。
そのルートを入学資格として文章に直したのが下記となります。

一般養成施設に入るための用件は、当校の入学資格と同じです。

■入学資格
(1)4年制大学等を卒業、または卒業見込みの方(専攻は問いません。)〈ルート図第3号

(2)3年制短期大学を卒業した方(夜間・通信課程を卒業した方を除く)であって、指定施設において
1年以上相談援助
業務に従事した方。〈ルート図第6号

(3)2年制短期大学等を卒業した方で、指定施設において2年以上相談援助業務に従事した方〈ルート図第10号

(4)指定施設において、4年以上相談援助業務に従事した方。〈ルート図第11号

※上記の学校は、日本国内のものに限ります。


相談援助実務 とは、厚生労働省令で定める指定施設における相談援助の業務に1年以上のことをさし、各ルートによって必要年数が違ってきます。
相談援助の実務経験の詳細は、こちら をクリックしてご確認ください。


当校の通信教育入学選考は、小論文と書類選考を実施しています。
詳細は入学案内をご確認ください。
資料請求は こちら


<通信教育部個別相談会>
先着予約制の個別相談会です。通信教育部の教員が皆様の
疑問や不安にお応えします。ご予約は通信教育部(0120-166-263)まで!

・12月20日(火) 10:00~17:00
通信教育部個別相談会
対象:社会福祉士養成通信課程、精神保健福祉士養成通信課程(一般/短期)
※各種イベント状況について、詳しくはコチラ通信教育に関するお問い合わせは

下記までお願いいたします。

<日本福祉教育専門学校通信教育部>
電話:0120-166-263(平日9:00~18:30)


                                                

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | コメントをどうぞ