トピックス

【コラム】自粛中のGWをどう過ごす?心と体のリフレッシュ方法10選

2020/05/05

こんにちは!日本福祉教育専門学校です。
今年のゴールデンウィークは日本全国外出自粛中。まさにステイホームですね。

3332410_s
せっかくお家で過ごすなら、心と体がリフレッシュできる方法をご紹介します!
自分に合ったおすすめの気晴らし方法、気分転換を選んでぜひトライしてみてはいかがでしょうか。
1、運動する
体を動かすのは、気分転換にもってこいです。心も体もリフレッシュできます。
本格的なトレーニングやスポーツをしなくても、お家でできるストレッチや筋トレ、密を避けた散歩をするだけでも良いリフレッシュになるのでおすすめです。
2、会話をする
会話をするもの良い気分転換になります。
会話の相手が愚痴を吐き出せちゃうような仲であれば、愚痴を吐き出しちゃうのも良いですね。スッキリして良い気分転換になります。
3、お酒を飲む
あなたが20歳以上であるなら、お酒を飲むのも良い気分転換になります。
でも蜜を避けて、自宅でゆっくりくつろぎながら飲むのがこのGWは良さそうですね。
最近話題の「オンライン飲み」をしてみるのもいいでしょう。でも、自宅だからといって、飲み過ぎには注意しましょう。

4、お風呂に入る
お風呂で汗を流すと、気分がスッキリします。
自宅のお風呂でお気に入りの音楽や本を持ち込んでのリラックスタイムは最高ですね。
5、掃除をする
自粛中に人気なのが断捨離。
自分の今いる空間が綺麗になると、心にまで変化が出るので面白いものです。掃除は気分転換にぴったりですね。

392514_s
6、映画を観る
ゆっくりお家で過ごせる時間をフル活用して、自宅でのんびり映画鑑賞もおすすめです。

映画を観て笑ったり、感動したり、怖い思いをしたり、これらも良い気分転換になります。
7、動物と遊ぶ
動物と遊ぶと心は満たされます。普段はなかなか忙しくて遊んであげられていなかったペットと自宅でたくさん遊んであげるのは最高のリフレッシュ方法ですね。福祉の業界でもアニマルセラピーは効果ありとされています。
8、普段食べない物を食べてみる
普段食べない食事を用意してみるとか、テイクアウトやデリバリーを上手に利用してみるとか、食事を変えるだけで簡単に気分転換が楽しめます。

普段食べない国の料理を食べて海外旅行気分を味わったり、自分へのご褒美にも良いのではないでしょうか。
9、漫画や小説を読む
漫画や小説を読むと、一時的に他人になることができます。つまり、自分と違う視点が味わえるわけです。GWの期間を利用して長編をじっくり読むのもいいでしょう。
究極の気晴らしになるかもしれません。
10、未来を想像してワクワクする
これからの自分の未来を計画してみるのもいいでしょう。じっくり勉強、じっくりキャリアアップを考えてみる、いろんな活動への心構えをする準備時間にするのもおすすめです。ポイントは「ワクワクする」です。新しい自分にチャレンジするなんて素敵な時間の過ごし方ですね。
いかがでしょうか?
あなたにぴったりのリフレッシュ方法は見つかりましたか?
GWは自宅でゆっくり過ごしながら、心も体もリフレッシュできる時間を作ってみてはいかがでしょうか。
進活をお考えのあなたへ 
医療・福祉の国家資格が取得できる日本福祉教育専門学校です。

一生働ける国家資格取得を検討しているかた

>>>資料請求はコチラ

3361097_s

ページの先頭へ

×閉じる

オンラインオープンキャンパスオンラインオープンキャンパス