1. トップ
  2. 学校紹介
  3. 日本福祉教育専門学校について

日本福祉教育専門学校について

建学の精神

我国では、本格的な国際化・超高齢化を迎え、現在もっとも求められていることは、
人間尊重の立場から国際社会に対応しつつ、市民社会を健全に発展させていくことである。

本学は、このような現状から学校法人敬心学園の理念にそって、人間性回復を第一に考え医療との一体教育をめざし、「修学実践・応能接心」をモットーに、
医療と福祉・心理の基礎知識を学び、深い人間愛に基づく奉仕精神をもった保健・医療・福祉サービスのスペシャリストを育成することにより、共生社会の福祉と文化の向上に貢献することを目的とする。

修学実践
学理を究めることだけを追求するのではなく、実践力の育成により重点をおき、その中で理論的力を養うものでなければならないということ。
応能接心
適正に応じ、真心をもって事にあたるということであり、人間形成に励むということを意味する。

理念

人材育成像

本校は保健・医療・福祉の専門職の基礎及び専門知識を学び、深い人間愛に基づく奉仕精神をもった保健・医療・福祉分野の専門職として社会に必要とされるスペシャリストを育成する。

称号授与方針(ディプロマポリシー)

本学は、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、言語聴覚士という保健医療福祉分野の専門職業人として必要な、幅広い教養と専門的な「知識」「技術」「態度」を身につけ、科学的な理論と職業倫理観に基づき専門的知識・技術を活用し、多職種と協働・連携し、対象者や共生社会のニーズに応えることのできる実践力をもつ人材を育成する。

本学は、このような人材を育成するため、職業実践専門課程の「教育課程編成委員会」及び「学校関係者評価委員会」の適切な活用を通じ、各委員の意見を踏まえて適宜、教育課程の編成・開発・見直しを行う。

建学の精神をもとに、本学の教育課程を履修し、以下の資質・能力・態度を有するに至った者には、卒業・修了判定会議の承認を経た上で、校長が卒業を認定し、次に定める資格を与える。

  1. (1)社会福祉学科
    社会福祉主事任用資格
  2. (2)ソーシャル・ケア学科
    介護福祉士国家試験受験資格
    社会福祉士国家試験受験資格
  3. (3)介護福祉学科
    介護福祉士国家試験受験資格
  4. (4)言語聴覚療法学科
    言語聴覚士国家試験受験資格
  5. (5)精神保健福祉士養成学科
    精神保健福祉士国家試験受験資格
  6. (6)社会福祉士養成学科
    社会福祉士国家試験受験資格
  7. (7)精神保健福祉士養成科
    精神保健福祉士国家試験受験資格
  8. (8)社会福祉士養成科
    社会福祉士国家試験受験資格

また、次の各課程・各学科の卒業生には、次の称号を与える。

  1. (1)社会福祉学科
    専門士
  2. (2)ソーシャル・ケア学科
    高度専門士
  3. (3)介護福祉学科
    専門士
  4. (4)言語聴覚療法学科
    専門士
1.専門知識・技術の活用力

保健・医療・福祉の専門職の養成に係る各教育課程の「基礎分野の科目群」「職業専門科目群」の学習により職業専門職に必要な教養と専門的知識、技術、態度を身につけ、対象者や状況に応じて適切に活用することができる。

2.コミュニケーションスキル、多職種連携・協働力

保健・医療・福祉の専門職として、対象者との適切なコミュニケーションを図ることにより基本的信頼関係を構築し対象者の立場を尊重した援助ができる。また、協調性を身につけ、チームワーク力を活かし、職場や地域における多職種との協働・連携を行うことができる。

3.問題発見・問題解決力

保健・医療・福祉の専門職として、対象者や地域が抱える諸問題を的確に発見・把握し、科学的理論に基づき分析し、職業専門的知識・技術を活用・応用し根拠に基づいた問題解決方法を選択し、安全で適切な問題解決を行うことができる。

4.主体的・自立的に意欲を持って行動・実行する態度

保健・医療・福祉の専門職として、常に主体的・自律的に意欲を持って、最新の専門的知識・技術を修得し、生涯にわたり探究心をもって自己研鑽の為に行動し実行することができる。

5.人間性と職業的倫理観に裏打ちされた対応力

保健・医療・福祉の専門職として、対象者と誠実に向き会い、常に対象者の尊厳を第一として相手の立場を尊重し、保健・医療・福祉分野の専門職としての職業倫理観に基づいて適切に対応することができる。

各専門課程の称号授与方針はこちら

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

本学の建学の精神・理念・ディプロマポリシーを受け、保健・医療・福祉の専門職の人材育成のため、それぞれの教育課程で体系的に編成された科目群に基づき、講義、演習、実習(臨床実習を含む)を適切に組み合わせて授業を展開する。その基礎となるのが、以下の資質・能力を有する人材育成を行うための教育課程の編成及び実施方針(カリキュラムポリシー)である。

  1. 専門知識・技術の活用力
  2. コミュニケーションスキル、多職種連携・協働力
  3. 問題発見・問題解決力
  4. 主体的・自立的に意欲を持って行動・実行する態度
  5. 人間性と職業的倫理観に裏打ちされた対応力
    (2)保健・医療・福祉の専門職のカリキュラムポリシー(資質・能力と科目群との関係)

本学のカリキュラムポリシーの各資質・能力を有する人材育成のため、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、言語聴覚士の各教育課程をそれぞれ別紙の通り編成する。

各資質・能力と、各専門職養成の「教育課程」の科目群「各科目」との関係は、以下の通りとする。

各専門課程の教育課程編成・実施の方針はこちら

入学者受入れの基本方針(アドミッションポリシー)

本学では、他人を敬う心と、何事も真摯に受け止め自らを律し、高い志を持って、保健・医療・福祉等のサービスのスペシャリストとして、共生社会の福祉と文化に積極的に貢献しようとする人を求める。

1.求める学生像
  • 保健・医療・福祉の分野で社会に貢献したいと考えている人
  • 深い人間愛と奉仕の精神を持ち、他者を大切にできる人
  • 他者とのコミュニケーションや関わりを大切にできる人
  • 高い倫理観を持ち、真摯に受け止め、何事にも誠実に取り組める人
  • 必要な知識や技能の習得に励む意欲を持っている人

さらに、学科ごとに学びの特色に応じて求める学生像を定めている。

各専門課程の入学者受け入れの基本方針はこちら

2.選考方針

上記のような資質を備えている、または、今は不十分であっても、資質・能力・態度を修得するための努力を惜しまずに日々の学習に取り組む強い意志を持っているか否かも判定基準に加味して選考を行う。

学校紹介

日福には、アナタの夢を叶えるための学びがあります。

Contents

資料請求

イベント

お問合せフリーダイヤル(平日9:00~18:00)

通学部0120-166-255

通学部0120-166-263

お問い合わせメール