1. トップ
  2. 学科紹介
  3. 精神保健福祉士養成通信課程一般(1年7ヶ月)
社会福祉士養成通信課程
[ 定員 ]300名 対象:大学※卒業以上または実務経験者対象学科 ※国内の大学に限ります。 短期養成学科はこちら 通学部(昼間部・夜間部)の情報が見たい方はこちら
短期養成学科はこちら
通学部(昼間部・夜間部)の情報が見たい方はこちら
講師陣による細やかなサポートで、働きながら安心して学べる通信教育システムです。
社会福祉士国家試験合格率84.9% (2016年3月卒業生実績) 在校生の93%が熱意を感じる授業だと実感しています。 社会人必見!専門実践教育訓練給付金 最大48万円支給

学費サポート:

  • 専門実践教育訓練給付金対象講座
  • 各種教育ローン
  • 分納可能
  • 取得を目指す資格
    国家資格 精神保健福祉士   (修了時国家試験受験資格取得)
  • 活躍の場所
    精神科病院/精神科クリニック/障害福祉サービス事業所/相談援助事業所/
    精神保健福祉センター/市町村保健センター など

資料請求

オープンキャンパス

入試・学費

本校の実績について

高い受講生修了率

本校の通信課程は、修了率が94.5%。
学習におけるきめ細やかなサポート体制が、高い修了率につながっています。

通信課程全体の修了率【2016年3月実績】93.5% 精神保健福祉士【一般・短期】養成通信課程修了生数 2016年3月実績 4,500名

国家試験合格者数全国第一位
合格率は毎年全国トップクラス

本校独自の国家試験対策を行うことで、
毎年高い国家試験合格率を維持しています。
2017年の国家試験では合格者数が一般養成施設ルート(通信)で全国第一位となりました。

精神保健福祉士 国家試験合格【2016年3月実績】一般:73.0% 短期:92.8% 全国平均61.6%

実務の基本が学べる実習

実習施設は首都圏だけではなく全国各地にあります。
(地域によって実習施設が少ない場合があります)

精神保健福祉士 535ヵ所

※2017年3月末現在登録数。
毎年全ての施設で必ず受入があるとは限りません。

日福ならではの通信課程

きめ細やかなレポート添削

レポートは、講師がきめ細やかな添削指導を行い、解題による解説と模範解答を添付して返送します。この一連の学習を通じて、学習内容の理解を深めることができます。

きめ細やかなレポート添削

e-ラーニングでレポート提出

レポート提出にはインターネットをご利用できます。お忙しい方は、パソコンがあれば空いた時間に学習でき、過去問にも挑戦することができます。紙ベースの郵送もできます。

パソコンやスマホで履修状況確認「e-ラーニング」

双方向コミュニケーション

疑問点や質問への対応はもちろん、スクーリングや実習巡回の際、直接講師と話せる「双方向コミュニケーション」を目指しています。
また、受講生にお送りする本校発行の「Pメール」には、国家試験の傾向と対策講座等のご案内、修了生の合格体験記、レポートの書き方や学習の留意点などを記載し、徹底したフォローを展開しています。

・質問には随時対応・講師と直接話せる・機関誌による情報提供

現場経験豊富な講師陣による
スクーリング(面接授業)

スクーリングは、社会福祉研究・福祉実践現場の第一線で活躍している講師陣が担当します。福祉理論の知識や社会福祉サービスを実践するための援助技術を高めることができます。

現場経験豊富な講師陣によるスクーリング(面接授業)

受講しやすいスクーリング日程

働いている方々が受講しやすいように、スクーリング(面接授業)の日程は夏期(土日含む)に設定しています。

スクーリングは土日・夏休み

国家試験対策について

国家試験受験をサポート

夏期【共通科目特別講座】受講料無料

国家試験において毎年課題となる、精神保健福祉士"共通科目"を攻略するための特別講座を無料で受講できます。会場は日本福祉教育専門学校です。

平日夜間【国家試験受験対策コース】受講料割引

国家試験受験対策コースを割引受講できます。受講料は1クールにつき36,000円、2クール分一括申込みの場合は50,000円(2017年度の場合)。万が一、再受験となった場合は、無料で受講できます。会場は日本福祉教育専門学校です。

土日集中【模擬試験・特別講義】受講料割引

国家試験に即した「模擬試験」と、全科目の要点を集中的に振り返る「特別講義」割引受講できます。 受講料は3,000〜19,000円(2016年度)(受講科目によります。一般の方の約4割引です)。会場は日本福祉教育専門学校です。

図書室・自習室・就職センター利用可能

日本福祉教育専門学校の図書室・自習室が利用可能です。レポート学習やスクーリング、国家試験の勉強の際にご利用ください。就職センターの求人情報も自由に閲覧することができます。

※図書は閲覧のみとなります。

修学期間

2018年4月1日~2019年10月31日(1年7ヶ月)
第1学期(2018年4月1日~12月31日)/ 第2学期(2019年1月1日~10月31日)

【入学から国家試験受験までのスケジュール】

レポート学習

全7回 合計33レポート(必修)※実習免除者は30レポート

  • 国家試験に即した課題と、相談援助の専門職として必要な知識が身に付く課題内容で資格取得と相談援助のスキルアップをサポートします。

<自宅学習の流れ>
通信課程における学習の第一の柱です。指定科目のテキスト等に基づいて自宅で学習し、科目ごとにレポートを提出します。

スクーリング (面接授業)

開講期間:9日間(1学期5日間+2学期4日間)

  • スクーリングは受講生全員が一堂に会し、担当教員から直接授業を受けるものです。自宅学習を補い、教員や受講生同士のコミュニケーションを深める機会でもあります。
  • スクーリングは全日程に出席することが必修です。
1学期日程(予定) 会場
2018年8/18(土)~8/22(水)5日間連続 日本福祉教育専門学校(東京・高田馬場)予定

※2学期も同時期の土日を含む4日間のスクーリングがあります。(予定)

実習 (該当者のみ)

配属実習該当者 …
入学までに厚生労働省で定める相談援助(対象が精神障害者であること)の実務経験のない方
配属実習期間:
2018年10月~2019年6月の間の約27日間(210時間以上)
  • ・実働日数27日間の内訳は、医療機関で12日間・他機関で15日間という形が主になります。
  • ・社会福祉士の「相談援助実習」を履修した方は、60時間が免除となり、150時間以上の実習となります。(医療機関で12日間他機関で8日間)
配属実習指導期間:
事前指導 2018年8月のスクーリングと連続した1日(予定)
事後指導 2019年8月のスクーリング内で実施
  • 実習施設で施設の活動や相談援助業務(対象が精神障害者であること)に触れ、精神保健福祉や援助技術について、より具体的に学習を進めます。
  • 併せて「配属実習指導(事前・事後)」への出席(会場:日本福祉教育専門学校)、および「実習ノート」「実習レポート」の作成・提出が義務づけられています。
  • 土日のみ、夜間のみ、数日間に分けての実習はできません。
  • 実習の時期や場所は実習調査に基づき配置しますが、実習施設の事情や受入時期が合致しないなどで、実習場所や実習時期がご希望通りにならない場合もあります。その場合、宿泊費をご負担いただき、遠方での実習になることもあります。

指定科目と使用テキスト

各分野を専門に研究・教育指導している講師陣が、レポート課題を添削します。

人体の構造と機能及び疾病 権利擁護と成年後見制度
心理学理論と心理的支援 精神疾患とその治療
社会理論と社会システム 精神保健の課題と支援
現代社会と福祉 精神保健福祉相談援助の基盤[基礎][専門]
地域福祉の理論と方法 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
福祉行財政と福祉計画 精神保健福祉に関する制度とサービス
社会保障 精神障害者の生活支援システム
障害者に対する支援と障害者自立支援制度 精神保健福祉援助演習[基礎][専門]
低所得者に対する支援と生活保護制度 精神保健福祉援助実習
保健医療サービス

講師紹介

精神保健福祉研究・教育指導の実績を誇る講師陣です。

馬場 敦 北松戸ぽぷらクリニック 院長
寺澤 美彦 日本福祉教育専門学校 専任講師
石川 秀志 日本福祉教育専門学校 専任講師
松浦 信二 つくば国際大学 教授
川村 匡由 武蔵野大学 名誉教授・社会保障学者
一戸 真子 埼玉学園大学 大学院 教授
東  康祐 日本福祉教育専門学校 専任講師
岩崎 香 早稲田大学 准教授
山根 茂雄 横浜相原病院 医員
齊藤 陽子 精神科医
塚本 寿美雄 陽和病院 相談室 高齢者担当課長
城田 晴夫 帝京平成大学 准教授
大高 正光 愛光病院 メンタルヘルス事業部長
長坂 和則 静岡福祉大学 教授
吉澤  豊 日本福祉教育専門学校 専任講師
助川 征雄 聖学院大学 大学院 客員教授

2017年度実績

学科別スペシャルイベント

現在、学科別スペシャルイベントは開催しておりません。
次回開催日決定しましたら、ご案内させて頂きます。

イベント一覧はこちら

資料請求

オープンキャンパス

入試・学費

ページトップに戻る