1. トップ
  2. 学科紹介
  3. 介護福祉士を目指す学科
  4. 介護福祉士とは・資格

介護福祉士とは・資格介護福祉士とは・資格

介護福祉士とは・資格

介護福祉士は、介護業界唯一の国家資格です。身体が不自由な高齢者、および身体や精神に障害があるため日常生活を送るのが困難な人の、身辺の介護から毎日の健康管理まであらゆる生活の支援をする仕事です。利用者様のご家族に対し、介護に関する相談や指導も行います。

また、近年では高齢者や障害者等の生き方全体に関わる仕事という認知が広がっており、介護福祉士には介護目標や計画の立案能力も求められます。

超高齢化社会を迎える日本において、最も需要が高く注目されている仕事と言えるでしょう。

  • メリット1

    介護業界唯一の国家資格
  • メリット2

    現場のリーダーとして活躍
介護福祉士とは

介護福祉士の仕事はこのような内容です

介護福祉士は、おもに利用者の自宅に訪問、特別養護老人ホーム、身体障害者施設等の社会福祉施設の介護職員として、身体介護や生活支援を行っています。また、要介護者の家族から相談を受け、介護方法などのアドバイスも行います。また、高度な専門知識と技術を有していることから、現場でもリーダーとしての役割を求められています。

身体介護の仕事;
食事や排泄、入浴などの日常生活に関わってくる様々な動作が、自分ひとりで行うことが困難な方に対して、それぞれの身体症状の度合いや環境に応じた介護を行います。

生活支援の仕事;
高齢者や障害者の生活援助(炊事や洗濯、買い物などの家事)を行います。1人ひとりの生活が違うように、味付けや洗濯のたたみ方・経済状況も違うため、専門的な観点から1人ひとりの状況に合わせた生活支援を行っています。

相談・助言の仕事;
より良い形で自立した日常生活が過ごせるように、介護を受ける人や介護をしている家族などに対しての助言や、介護に関する相談などを受け付けます。

社会活動支援の仕事;
介護を必要とする状態になった場合、自由に動けない等の理由により、身近な人間関係が孤立してしまう事があります。人々の間をお互いの話を通じて取り持ち、社会の一員として穏やかで安定した生活が送れるように支援します。

チームマネジメント(チームケア)の仕事;
社会福祉職として経験を積んでいくと、施設内でのマネジメントを行う立場になることもあります。ユニットレーダーや介護主任等になると、スタッフ教育や業務管理やサービスの質の向上を図るといった責任ある職務を任されます。

関連記事:介護福祉士の仕事内容

関連記事:デイサービスの介護福祉士にはどんな仕事がある?

介護福祉士の就職先

入所型の介護施設;
特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)、介護老人保健施設、介護付有料老人ホーム、介護サービス付きの高齢者向け居住施設など

居宅型の介護サービス事業所;
訪問介護やデイサービス(通所介護)など

障害者向けの施設;
障害者向けの支援施設

関連記事:介護福祉士の就職先

介護福祉士の1日スケジュールって?

勤務先やサービスの形態(介護施設、デイサービス、訪問介護など)により違いはあります。
例えば、介護施設の一つである有料老人ホームでは入居者一人ひとりに合わせたきめ細かいサービスを提供しており、24時間いつでも対応できるよう、日中と夜間で勤務シフトが組まれています。
出勤からお昼にかけては、入浴介助、洗濯、外出介助や昼食準備、食事介助を行い、午後は散歩などの支援、入浴介助などを行うのが一般的な流れです。

関連記事:介護福祉士の1日スケジュールって?

介護福祉士の給与・年収

平成27年度の厚生労働省の発表によると、月給制・常勤の場合、無資格の介護職員の平均給与額が約25万円であるのに対し、国家資格である介護福祉士の資格を持っている場合は約29万円です。
また当然ですが、施設や事業内容によって、給与額は変わります。入所型施設の場合、介護福祉士の平均給与額は高くなる傾向にあります。月給制・常勤で働く介護福祉士の場合、介護老人福祉施設では約32万円、介護老人保健施設では約30万円となっています。

関連記事:介護福祉士の給与・年収

勤続10年で賃上げされる?「特定処遇改善加算」について

特定処遇改善加算とは、主に勤続10年以上の介護福祉士に対して、各事業所で少なくとも1人、月額8万円相当の賃上げをおこなうか、年収を440万円以上にするように各事業所に求める処遇改善になります。長く働くことで賃金が上がる仕組みをつくることで、介護現場の人材定着に繋げるといった目的があります。しかし、「事業所が給料を決める」ということは現状と変わらないため、もし事業所の経営が思わしくない状況であれば賃上げは僅かになってしまう可能性もあり、必ず上がるというものではありません。とはいってもこの取り組みによって給料がアップする介護福祉士が増えることは間違いないでしょう。もちろん、それによって離職率を下げる効果もあるはずです。

関連記事:介護福祉士の給与!勤続10年で賃上げされる?

男性の介護福祉士って少ない?

「介護の仕事はやっぱり女性が多いイメージがある」という方も多いかと思います。実際に2019年に厚生労働省の発表した「第31回介護福祉士国家試験の結果」によると、合格者数の観点から考えた場合、介護福祉士になった約7割が女性という結果でした。
介護福祉士に限らず、資格を持たない介護職員などの介護にかかわる仕事に携わる割合も、7割以上が女性というケースが多いです。
現在の日本において介護の現場は女性が多く活躍する場となっていますが、体を起こしたり、ベッドに寝かしつけたりなど、力を必要とする業務もあり、男性ならではのメリットや今後の需要増加が見込まれます。

関連記事:男性の介護福祉士って少ない?

介護福祉士とケアマネージャー、訪問介護員の違い

介護関連の資格や名称はいつくもあり、違いが分からないかもしれません。
例えば、介護福祉士とケアマネージャーの違いですが、介護福祉士の上位資格にあたるのがケアマネージャーです。ケアマネージャーになるには介護福祉士等の国家資格を取得している、介護や相談援助に関する実務経験が5年以上あることが受験の条件となっており、さらに各都道府県で実施される「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格するなどが必要となります。もちろん、待遇面でも介護福祉士よりもケアマネージャーの方がよいという結果があります。

また、訪問介護員も聞いたことがあるかもしれません。訪問介護員とは、介護保険法にもとづく訪問介護を行う、いわゆる「ホームヘルパー」のことを言います。国家資格ではなく、各自治体が実施する「介護職員初任者研修過程」を受講し、修了証明書の交付を受けなければなりません。

関連記事:介護福祉士とケアマネージャーの違い

関連記事:介護福祉士と訪問介護員の違いって何?

介護福祉士について、もっと詳しく!

日本福祉教育専門学校で学ぶ

  • 通学昼間2年制通学昼間2年制

×閉じる

オンラインオープンキャンパス
オンラインオープンキャンパス