1. トップ
  2. 学科紹介
  3. 社会福祉士養成学科(昼間部)
  4. 社会福祉士

社会福祉士について 社会福祉士について

社会福祉士とは

主に、障害や病気、低所得や対人関係などが原因で生活面に問題を抱えている人たちの相談にのり、また援助しながらともに問題を解決していくのが仕事です。

障害や病気、低所得、環境面などの理由によって、日常的な生活面の困難を抱えていたり、対人関係などの問題を抱えている人達が問題を解決していく支援をおこなう専門職です。

専門的な知識や技術を用いながら相談にのって助言や指導をおこなうほか、福祉サービス関係者・医師を始めとする保健医療サービス関係者との連絡・調整などの援助をおこなっていきます。

  • メリット1

    行政機関から民間企業まで、
    幅広い活躍の場
  • メリット2

    福祉のエキスパートとしての信頼
社会福祉士とは

社会福祉士の仕事はこのような内容です

社会福祉士のこと
  • Q.社会福祉士に向いているのはどんな人?
    A.困っている人の力になりたい!と思う優しさと正義感を持っている人。そのための努力を惜しまない人。
  • Q.やりがいや魅力はどんなもの?
    A.力になってあげたときに向けられる利用者の「笑顔」や触れ合いの中で生まれる、たがいの「信頼感」が魅力です。また多様な問題を抱えた人々を援助するなかで、刺激を受け、自分も成長できます。
  • Q.代表的な職場は?
    A.福祉事務所、児童相談所・地域包括支援センター(高齢者)、児童家庭支援センター(児童)障害者相談支援センター(障害者)、高齢者福祉施設相談員、障害者福祉施設相談員、児童福祉施設相談員、病院医療相談室など
利用者のこと
  • Q.利用者はどんな人?
    A.生活をしていく中で、経済問題や病気のこと、また対人関係などに問題を抱えていて、困っている人々です。
  • Q.社会福祉士に求められているものとは?
    A.悩みや抱えこんでいる気持ちをちゃんと受けとめて相談にのってほしい。問題に共に向き合い、それに対する的確なアドバイスをしてほしい。
  • Q.応えることに必要なものとは?
    A.利用者がなかなか言い出せない気持ちや悩み、問題を的確に理解し、しっかりと受け取められるような感性が求められます。

社会福祉士の活躍の場

地方公務員(福祉職)/社会福祉協議会/病院・診療所相談室(医療ソーシャルワーカー)/地域包括支援センター/児童家庭支援センター/児童福祉施設/教育機関(スクールソーシャルワーカー)/障害者福祉施設/高齢者福祉施設(相談員)/その他福祉関連企業 など

資格取得を目指せる学科

  • ソーシャル・ケア学科(社会福祉士・介護福祉士)
  • 社会福祉士養成学科(昼間・通学1年)
  • 社会福祉士養成科[トワイライトコース]
  • 社会福祉士養成科[ナイトコース]
  • 社会福祉士養成通信課程
ページトップに戻る