1. トップ
  2. 学校紹介
  3. 職業実践専門課程

NIPPKU2019

文部科学省の認定校

職業実践専門課程

職業実践専門課程認定とは?

平成26年度より文部科学省によって制度化されました。職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成するために、企業などと連携した実習や実技の授業を重視した専門課程です。よって現場で行われている最新の技術や知識を修得することができます。

\仕事で活きるスキルを学べる!/

全国専門学校の認定率

33.8%

専門学校数2,822校
※2018年2月

私立専門学校評価等評価研究機構の第三者評価を受けています

平成24年度、本校の教育について私立専門学校等評価研究機構による第三者評価を受け、多くの項目で高い評価をいただきました。

※第三者評価とは、学校の運営がどのようにされているのか等、調査し評価をすることで、学校の透明性を示す基準になっています。

第三者評価修了

職業実践専門課程の取り組み

1

企業と密接に連携した授業

実践的な知識を習得するため福祉施設・医療機関と連携した授業を展開しています。

2

カリキュラム編成に企業等の意見を反映

福祉施設・医療機関と連携してカリキュラムを改善・工夫しています。

企業と連携した取り組みを詳しく見る

3

教員研究の充実

教員に必要な知識や指導力の修得・向上を目的として教員研修を多く取り入れています。

4

学校関係者評価や自己点検の実施

外部からの評価・意見を学校運営の改善に取り組み公表しています。

5

学校情報の公開

教育活動や学校運営に関する情報を学校関係者へ提供しています。

公開情報を詳しく見る

一歩先行くユニークな学び

日福が実践する企業連携

進化するテクノロジーや、多様化する社会に対応していく視点と力を身につけるために、
日福は、企業と連携した「新しいフクシ」の学びを始めています!

日福が始める新しい福祉の学び

1989年の創設以来、福祉業界の最前線で活躍できる人材を育成してきました。技術や知識を修得することはもちろん、福祉現場で即戦力になれるよう、常に時代の流れを読み取りながらさまざまな取り組みを行ってきました。

そんなわたしたちが、10年後、20年後の社会の変化を見据えて始めたのが「新しいフクシ」を学べる特別な授業です。

日福で、福祉業界をリードできる人材を目指してみませんか。

「カイゴのミライ」5つのプログラム

開校以来、積み重ねてきた介護の基礎教育をベースにして、
未来の介護現場でニーズが高まる専門分野について学ぶ

未来を見据えて、先進的な介護サービスを実施している企業や団体と連携して行う「『カイゴのミライ』5つのプログラム」

5つのプログラムについて詳しく見る

※対象:介護福祉学科、ソーシャル・ケア学科

カイゴのミライ

総合福祉セミナー

福祉のミライを第一線で活躍する
様々な分野の実務家から学べるセミナー

「介護・福祉+α(プラスアルファ)」をテーマに掲げ、従来の介護職・福祉職の枠を超えて、新たな仕事の魅力や可能性について学べるプログラムです。

多種多様な分野の第一線で活躍する企業や団体の実践者を講師として招いて、現状やこれからのニーズについて講義を実施します。自らの興味や、卒業後のステージの幅を広げることを目指します。全学科の学生が参加可能です。

※対象:全学科共通

トラベル・ロボット・リハビリ・脳トレ・セラピー・ICT・スポーツ

総合福祉セミナー開講実績
 \クリックでレポートが見れる!/
※2016年実績

ページトップに戻る