トピックス

【コラム】医療ソーシャルワーカー(MSW)になるには

2020/05/11

こんにちは!日本福祉教育専門学校です。

 

新型コロナで医療従事者の方々が多くの国民に感謝されています。

医療機関では医師や看護師の方々以外でもたくさんの職種のスタッフが活躍しています。

今回はその中から、「医療ソーシャルワーカー」について説明します。

3060949_s

 

1、医療ソーシャルワーカー(MSW)とは

 

社会福祉士資格や精神保健福祉士資格という国家資格取得者を総称して、「ソーシャルワーカー」という呼称があります。その中でも病院などの医療機関で働く人たちのことを「医療ソーシャルワーカー」や「メディカルソーシャルワーカー(略:MSW)」と呼びます。

 

2、医療ソーシャルワーカー(MSW)の仕事内容

 

医療ソーシャルワーカーのおもな仕事は、保険医療機関において患者様やそのご家族が抱える悩みや問題に対して、問題解決を図るために医療機関などに調整や連携をおこないます。

病院では医療連携室や医療相談室などに勤務していることが多いです。例えば、他の病院への転院などの相談にのってくれるスタッフの方がその方たちです。とても親切に、そして親身に、患者様やそのご家族の話に耳を傾けて課題解決の相談に乗ってもらった経験などをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

ここで、医療ソーシャルワーカーの仕事を具体的にご紹介します。

 

【医療ソーシャルワーカーの仕事内容】

  • 療養中の患者や家族の心理的・社会的問題の解決やその調整への援助
  • 患者の退院援助と退院後の生活支援
  • 患者およびその家族の受診、受療に関する援助
  • 患者と家族が抱える医療費や生活費などの経済的問題の解決、調整援助
  • 地域ケア会議などへの参加による地域活動

 

3、医療ソーシャルワーカー(MSW)とほかの職種との違いとは

 

相談援助をおこなう仕事はほかにもいくつかありますので、その違いを説明します。

①「ケアマネジャー」…介護分野における相談援助

②「保健師」…保険指導や健康診断

③「民生委員」…地域住民の相談

④「生活相談員」…特別養護老人ホームなどで相談援助

 

医療ソーシャルワーカーは、ケガをしたり、病気になったり、高齢者が要介護状態になった場合に、その後のことについて誰に相談したらよいかお困りの方に、必要な情報提供を行ったり援助を行う仕事です。

超高齢社会に日本では療養や障害によって支援を必要とする人が急増していますので、医療ソーシャルワーカーの社会的ニーズは今後さらに高くなるでしょう。

 

4、医療ソーシャルワーカー(MSW)になるには

 

医療ソーシャルワーカーになるには、国家資格が必要

社会福祉士の資格取得者、または精神科病院で働きたい場合は精神保健福祉士の国家資格を取得することです。

社会福祉士や精神保健福祉士の国家資格と取得して、『ありがとう』と言われる仕事、「医療ソーシャルワーカー(MSW)」を目指してみるのもやりがいがあったとても素敵な職業です。

・・・‥‥…………………………………‥‥・・・

社会福祉士や精神保健福祉士になりたい  まずは資料請求こちら

社会福祉士や精神保健福祉士になりたい  オンライン説明会こちら

*学科をお選びください

・・・‥‥………………………………………………………‥‥・・・

2706762_s

ページの先頭へ

×閉じる

オンラインオープンキャンパスオンラインオープンキャンパス