1. トップ
  2. 学科
  3. 言語聴覚療法学科
  4. 言語聴覚士
  5. 言語聴覚士と看護師の連携について

言語聴覚士と看護師の連携について

言語聴覚士の仕事は、ことば、聴こえ、飲みこみ、の障害に関するスペシャリストであり、ことばによるコミュニケーションや、摂食・嚥下に障害をもつ患者さんに対し、医師・看護師らと連携して医学的な治療を進め、さらに社会復帰を目指したリハビリテーションを行うことです。患者さんを支援する上では、チーム医療が大切です。医師とはもちろんのこと、看護師との連携が大切になってきます。総合的に患者さんのサポートをする看護師と連携を取ることで、患者さんの異変や症状を把握でき、患者さんへのリハビリの質を上げることが期待できます。ここでは、言語聴覚士と看護師の連携で大切なことやポイントを説明していきます。

言語聴覚士について、もっと詳しく!

日本福祉教育専門学校で学ぶ

  • 通学昼間2年制通学昼間2年制