介護福祉士ができる医療行為には何がある?

介護福祉士は、医療従事者ではありません。つまり、基本的に医療行為をおこなうことは許されていないのです。しかし、実際のところ、介護の現場において医療行為に準じる働きをしなければならないケースが多くあるため、平成24年から介護福祉職による医療行為が一部解禁になりました。それでは、介護福祉職はどのような医療行為がおこなえるのでしょうか。

介護福祉士について、もっと詳しく!

日本福祉教育専門学校で学ぶ

ページの先頭へ

×閉じる

来校またはzoomで参加 平日の学校説明会 時間帯も午前中・夕方・夜から選べます来校またはzoomで参加 平日の学校説明会 時間帯も午前中・夕方・夜から選べます